Entries

秋が深まっていきます。久喜市ジュニア大会U10、U9とも終了しました。準優勝だったり嬉しかったり悔しかったりです!

秋深き隣は何をする人ぞ…
なんていう“芭蕉が起きて創作した最後の作品”がついつい口について出てしまうぐらい(笑)、夏の記憶と入れ替わりに寂しい感じで秋が深まっていきます。
練習の朝や試合後の夕方などは、かなり冷えるようになりましたね。調べてみると、暦の上ではもう立冬も過ぎていました。。。
芭蕉が上記の句を詠んだのが没した51歳だそうですが、なんだかそんな年齢がかなり遠くではなくなってきたコーチ陣にとっては、少しだけ堪える時期になってきました(笑)。なんちゃって。
風邪のシーズンでもあります。
4年生3年生チームのみなさん、体調管理はしっかりと!お願いします。

今の4年生はまさにゴールデンエイジ・・・。9歳までの、スポーツを遊びのようにとにかく楽しく行って来た時期からさらに一歩成長し、10歳から12歳までの運動能力が急速に発達する期間…まさに育成のスイートスポットです。
保護者の皆様も、カップ戦などで急激に上手くなっていた他のチームなどを見て、気づくことがあるかもしれません。
特にまだプレゴールデンエイジである3年生の保護者の皆さんは、今までは一緒に活動してさほど違いを感じなかったはずなのに、突然頼もしくなった4年生にハッとすることがあるのではないでしょうか?

心身の発達が調和し、集中力が高まり、運動学習能力が向上する、誰にも平等に訪れる成長のチャンスのこの年代の子供たちが、指導をする我々にとっても一番ワクワクする時期です。

私はこのサッカーの動画が大好きなんですが、

これを見るとつくづく、サッカーとは技術力+闘争心+集中力+状況判断力なんだなーと思います。
この短い動画の中に、6つぐらいの局面がありますが、それぞれの局面においてボール争いをする二人の選手の上記4つの力が存分に発揮されています。

ゴールデンエイジに差し掛かった4年生、そしてその後ろを走ってついていく3年生・・・
努力したら、しただけ4つの力が伸びていく・・・そんな期間だと思っています。

朝晩の寒さは若干辛いですが、子供たちの努力が成長へと結びつく“頼もしい姿”を糧に、平日不摂生な身体(笑)に鞭打って頑張りたいと思います。
ご協力よろしくお願いいたします。

さてさて、10月中旬から11月中旬までは、東鷲宮FC4年生、3年生チームにとっては試合ラッシュ。
さらに、第9回埼玉県第4種新人戦の東部地区予選を12月に控えた5年生の練習試合やカップ戦に帯同する4年生がいたり、合唱コンクールや文化祭などの小学校行事もあり、大忙しのひと月となりました。
全てが記録できてはいないのですが、そんな試合ラッシュの中から、10月25日の練習試合、11月3日の久喜市内U9大会(3年生)、そして11月9日の久喜市内U10大会(4年生+3年生)をレポートいたします。



さて、10月25日は、花崎多目的公園であけぼのFCさん、尾山台イレブンさんと3年生の練習時代でした。
IMGP4296.jpg IMGP4306.jpg
あけぼのFCさんはこの辺りでは、東部大会や県大会常連の強豪として名を馳せているクラブチームです。
2年前、私が東鷲宮FC6年生の指導をさせていただいていた頃にも4種リーグなどで幾度か対戦しましたが、個人技とミスなく繋ぐパスで歯が立たなかった記憶があります。
まだまだ3年生ではパスよりも個人技と1対1での勝負に重きを置いているようでしたが、それでも非常にいい選手たちが多く見受けられました。
IMGP4316.jpg IMGP4321.jpg
3年生のこの時期に、先月のゼウシスFCさん、そしてあけぼのFCさんと“いい育成をしている”チームと練習試合を組めたことは、我々指導者にとっても子供たちにとっても非常にいい勉強となりました。
写真を見ていただいてもわかるように、最近は3年生のみの試合でも、かなりスピードに乗ったプレイ、自主的な動きの中からのプレイが随所に表れるようになりました。

もちろん、強いチームと比べると、個人の戦術も技術も、そして集中力もまだまだですが、プレゴールデンエイジへの指導らしく、様々な刺激を与えながら、サッカーの楽しさを感じていってほしいと思います。
意外に、「ボールがたくさん触れるから、相手も味方も3年生だけの試合の方が楽しいんだ!」って言っている子供は多かったりするのです。
ボールをたくさん触ることが楽しい!なら、サッカーの上達のベースは完成です。
どんどん成長していきますよ。。。乞うご期待!!です。



さて、そんな3年生チーム8名の久しぶりの公式戦は、前年度優勝の久喜市内杯U9秋季大会8人制でした。
IMGP4371.jpg IMGP4374.jpg
前年度は現4年生との合同チームで無敵のまま様々な大会を総なめしていた3年生でしたが、3年生のみではなかなか今までのようにいかないことは自明の理。
それでも5月の久喜市内杯U9春季大会では運も味方をしてくれての準優勝を勝ち取ったこともあり、「開会式で返還した前年度優勝のカップを再度奪い返すぞぉ!!」「春の決勝戦で負けた久喜東FCさんに勝って優勝だぞぉぉ!!」と気合が入っての参加でした。
IMGP4380.jpg IMGP4386.jpg
随所にいいプレイは出ましたし、闘争心も(時たま)見えたんですが・・・
なぜかミニコートでの試合へとルール改正された今回の久喜市内杯U9秋季大会。
打てど打てどシュートは、当てる方がかなり難しそうなミニゴールの細いクロスバーやポストに嫌われたり枠を外したり…。
そのうち3年生の子供たち同志で試合中にプレイの良し悪しで言い合いしてたり・・・。

これでは勝てるわけもなく、予選ブロックでは栗橋南SCさんと久喜本町クラブさんに痛い連敗。
さらに順位決定戦でも久喜キッカーズさんには残り1分で逆転負け。
最終戦のFC清久にはたくさんゴールを取って勝ち、最下位にはならなかったものの、「決勝で久喜東FCさんにリベンジ!!」なんてことは口に出すのも赤面(笑)のような結果となってしまいました。

閉会式前に行われた決勝戦を、「久喜東FCもFC砂原も強いねー」なんて他人事のように観戦しながらふざけあっている東鷲宮FC3年生たちを見て、まあ今はこれでいいの・・・かな・・・?
なんて思いながらも、「来春の久喜市内杯は絶対トロフィーをもらおうね!!」と声をかけてみました。
(あまり元気な返事はその時はありませんでしたが・・・(笑))
しゃがんでこそ、高くジャンプできるんです。
とにかく今は止める、蹴る、運ぶ(そして崩す)を流れの中で8人全員ができるようになることが最優先です。
勝ち負け以上に、とにかくゴールデンエイジへの土台を、今は楽しく作っていきたいと思います!!!!



今にも泣き出しそうな空の11月9日は、4年生7名と3年生A班4名の計11名で参加した、久喜市内杯U10秋季大会8人制でした。
昨年度は敵なしで市内大会などを連破していたこの年代の東鷲宮FCU9合同チームでしたが、今年度の久喜市内杯U10春季大会は予選の久喜東FC戦の勝利で力尽きてしまい、残念ながら準決勝で敗退。
今回こそ優勝してカップを持って帰るぞ!!とみんな気合が入っていました。

「あ!久喜東FCとは決勝まで当たらないよ!よーし頑張るぞ!!」
朝の集合時に試合予定表を見た4年生の子供たちの顔がほころびました。
数年前に総合型スポーツクラブとしてNPO法人となり、大規模なサッカークラブとなった久喜東FCさんは、この市内の少年団では敵なしのチームとなっています。
先週行われたU11、U9の久喜市カップでも優勝を飾り、この年代以外はすべてのジュニア年代の様々な市内大会で優勝をもぎ取っています。
そんな中、実は実は…この年代の東鷲宮FCだけは、いまだに久喜東FCさんに負けたことがありませんでした。
とはいえ、突然のように成長するゴールデンエイジの年代。
まずは一試合づつ勝ち進んでいくことが大切だよね!!とはやる気持ちを諭しながら、会場の久喜総合グラウンドへと向かったのでした。
IMGP4394.jpg IMGP4396.jpg
参加は市内12チーム。昨年度U10大会の覇者、久喜東FCさんの返還した優勝カップが本部関で光ります。

東鷲宮FCの予選リーグ、久喜キッカーズさんには2-0、栗橋ジュニアFCさんにも2-0で無事に勝利。
・・・とはいえ、かなり接戦の試合となりました。
やはり4年生の秋ともなると、かつての個人の打開力による差は、すこしづつ無くなっていきます。
あれ?両チームともかなり強くなっているなあ!!というのが、偽らざる我々指導者の感想でした。
IMGP4422.jpg IMGP4427.jpg
そして予選を一位抜けしての準決勝はFC清久さんとの一戦。
とても良く体の使い方を指導されたチームでかなり苦戦しましたが、1-1の引き分けの末のPK戦で辛くも勝利!
試合が荒かったために、脚や顔にあざや傷を作った選手も数名いましたが、雨が降り出しそうな空を鑑みて、15分の休憩後に決勝戦の久喜東FC戦がキックオフされました!!
IMGP4428.jpg IMGP4435.jpg

うーん。。。完敗でしたね。
前半に完全に崩されて取られた4点を縮めることもできず、4-0で負けて準優勝になってしまいました。
春季大会でこの年代の選手たちは初めて市内での敗戦を経験しましたが、この秋季大会では初めて久喜東さんに敗退・・・となってしまいました。

準優勝の記念写真は、すこし悔しさが入り混じったような・・・そんな感じでしたでしょうか。
やっぱり負けて終わる2位は悔しいですね。

この大会で4試合で3ゴール2アシストと大活躍してくれた選手に、「初めて久喜東FCに実力負けしちゃったなあー」と声をかけたら、「今まで勝ってたのが、奇跡だったんだよー」と即答が帰ってきました。
彼にとっては今回の試合で、そのぐらいのチームとしての差を感じたのでしょうか?

「何言ってるんだよー。サッカーの試合で何回も奇跡なんてあるわけないじゃないか。前までは僕たちが強くて、今回はあっちが強くなってただけの話だよ。次は来年になっちゃうけど、今度はもっと練習して勝とうよ。そしたら今日のあっちの勝利が奇跡になるかもしれないじゃないか。」
彼は、おでこにできたたんこぶとスパイクの紐の跡を擦りながら、印象的に少しだけニコッとしました。



さて、早いものでもう11月も中旬。。。今年も残すところあと7週間です。
今年の東鷲宮FCは、12月20日の親子サッカー大会で終了となります。
(4年生と3年生A班は21日の北彩連盟ジュニアリーグ戦が最後ですね)

まだまだ4年生(現在7名)、3年生(現在8名)は選手を募集中です。
ドシドシ!体験に来てください。
東鷲宮小学校のグラウンドで、土日の9時からお待ちしています!!

それでは、今回も長文におつきあいいただき、ありがとうございました!!
また、来月に更新します!!

関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://higashiwashinomiya.blog120.fc2.com/tb.php/96-f821a71e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

washinomiya

Author:washinomiya
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

占い

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる