Entries

2013年度の3年生2年生合同チームの一年間にわたる「こいのぼりリーグ」参戦が終了しました。

2月2日、北川辺グラウンド。
毎月毎月…10回強も…夏の暑い日も冬の寒い日もみんなで通った、北彩サッカー連盟主催のこいのぼりリーグU-9(東鷲宮FCにとっては3年生2年生連合チーム)の2013年度の試合も今日で終わりとなります。
みさん本当にお疲れ様でした!
(正確には数えていませんが、一年で約35試合ぐらいあり、おおよそ6~7割ぐらいの勝率だったでしょうか?)

この日は早朝からドンヨリ曇り空で本当に寒く…しかも昼前から雨…なんて予報もあったのですが、どうにか雨も一瞬ポツリとしたぐらいで済みました。
さらにお昼過ぎからは太陽も出現して、2月にしてはポカポカした陽気の中、リーグ戦の締めくくりに相応しい環境で試合をすることができました。

IMGP2553.jpg IMGP2556.jpg

この日、我々のブロックBは5チームでのリーグ戦。
12分ハーフで行いました。
相手チームは、古河SCさん、三和SSSさん、FCアルドーレさん、行田泉SSSさんと、強豪揃いです。
東鷲宮FCも全員参加のベストメンバーでしたので、今年1年の成長が感じ取れるような一日に…という気持ちで試合に臨みました!

結果としては1勝1敗2引き分け。勝ち点5でBブロック5チームの中では4位の成績です。

この日の順位は四位…ですが、今まではベンチからの指示があってもなくても、どうしてもパスが受けれる角度に動くことのできなかった2年生の選手が裏を取ることができたり、サイドに開いて相手ディフェンスのギャップを作ることに成功したり、それでシュートまで持って行けちゃったり、どうしてもボールを保持する大きな相手に対して全力疾走で向かっていけなかった選手がヘトヘトになるまで向かって行ったり、さらには2年生が3点も取っちゃったり…
と、底上げという意味でも3年2年の合同チーム(13名)で一年間やってきた成果が出た一日になったと思います。

IMGP2583.jpg IMGP2590.jpg

もちろん3年生の選手たちも、4月から比べたら本当に上手く逞しくなり、首を振ってよく周りを見るようになり、もちろん個人差はあるものの明らかにボールテクニックも上達し、2年生を引っ張っていきながらも自らの成長、自らの良いところを本当に良く試合で発露してくれるようになりました。

サッカーのグラウンドは左右両サイドがあり、子供たちにとってはそれは“ベンチのコーチやお母さんお父さんから遠い方のサイド”と”近い方のサイド”だったりもします。

学年が上になるにつれ、その部分でのサイド違いは意識下では希薄になっていくようですが、まだまだ低学年のうちは大いに影響があるような気がします。
コーチからの声がないとまだボールを追いかけたり足を出したりサイドに開けなかったりする子、お母さんの「走れ―!」という声がした時が一番脚が速くなる子、うまいプレーをすると「どうです?」という顔でお父さんの方を見る子、逆にベンチやお父さんお母さんから遠い場所の方が‟伸び伸びとプレー”しているように思える子。。。

本来であれば周りの声など関係なく、自分で考えて、ゴールとボールと相手と味方を絶えずキョロキョロみながら最善のプレーをするのが理想でしょうが、そこにたどり着くまでにも、各個人で様々な成長の過程というものがあるんだと思います。

指示があったにしろなかったにしろ、声援(たまに…怒声(笑))があったにしろなかったにしろ、それを実際にピッチ上で体現したのは子供たち自身で、それに対して褒められたとき、仲間から激励を受けたとき、そしてなんらかの結果が自らのプレーによってもたらされたときに、良いイメージをもって成功体験を積み重ねていくのは子供たち自身です。

そんな体験を最大限にできるのが試合…というのが私の考えです。

今年度のこいのぼりリーグ最終戦では、喜ばしいことに勝利で終わることができました。
冬の太陽に照らされた子供たちの笑顔は、とても眩しいものでした。

今現在の東鷲宮FCは、6年生、5年生、4年生、1年生はとても人数が多いのですが、3年生、2年生は人数が少なく合同チームを作らないと試合ができない状態です。

そんなわけでまだ東鷲宮FCとしての来年度の試合や練習の枠組みは完全に決まってはいませんが、そういった組織の事情はどうであれ、子供たちには自信と成功体験の積み重ねをどんどんしていってもらい、
「心身ともにスキルフルなサッカープレイヤー」
になっていってほしいと思います。

まだまだ子供たちのサッカーは続きますが、とりあえず、今年一年のこいのぼりリーグにお付き合いいただき、サポートいただいた保護者の皆さん、ご協力どうもありがとうございました。

そして来年度も同様の各年代のリーグ戦には参戦することになるはずです。
その際はまた、よろしくお願い申し上げます。

関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://higashiwashinomiya.blog120.fc2.com/tb.php/86-7738f8a2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

washinomiya

Author:washinomiya
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

占い

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる