Entries

久喜市サッカー少年団春季ジュニア大会で優勝しました!

少々風は強かったものの、4月28日(日曜日)は暖かく、春らしいサッカー日和の一日でした。

そんな素敵な日に、2013年度4月13日に始動した東鷲宮FC低学年チームの2-3年生10名は、久喜市内12のサッカー少年団が介した、春季ジュニア大会U-9に参加してきました!
(1年生は、この日はお留守番練習となりました)

IMGP9818.jpg

実は現2-3年生は、昨年度1-2年生だった時には久喜市ジュニア大会U-8で春秋連覇しています。
というわけで今回は3連覇を目指しての参加です!
外野の期待(笑)を一身に受けて、子供たちは胸を張って8時からの開会式、そして決勝戦までの8人制15分ハーフの4試合!に挑んでいきました。

基本的に、試合に行った子どもたちは全員出場!が私たちの指導・運営方針です!!

まずは予選Cリーグ!
菖蒲ウィングスさんと、そしてこれから数年間のライバルとなっていくであろう久喜キッカーズさんとの試合です!

3年生にしては体格に恵まれた子どもが多い東鷲宮FCは、先取点などで一度勢いに乗るとまさに爆発しますね。
1試合目、菖蒲ウィングスさんとの試合は5-1で危なげなく勝利することができました。
いいパス、いいトラップ、そしていいドリブルやディフェンスを随所にみることができました!

そして2試合目の久喜キッカーズ戦。
前半ポンポンポーン…と立て続けに3点とったまでは良かったのですが、後半少々疲れが来たところにどんどんパスを通され、今度は続けざまに3点取られて引き分けとなってしまいました。

うーん。。。少々疲れて集中力が切れちゃったかな?

IMGP9823.jpg

とはいえ得失点差でCリーグ1位をしっかりキープした東鷲宮FC。
午後からの決勝トーナメント1回戦はワイルドカードで勝ち上がってきた、Cリーグ2位の久喜キッカーズとの再戦です!!
お昼のお弁当をしっかり食べて、「今度こそしっかり勝つぞ!!」と、子どもたちは燃えていました。

お弁当とともに気合が入ったのか、さっきの試合とは見違えるような動き。
顔が上がり、ボールを諦めずに追いかけ、声もたくさん出ていました。
試合中は下を向かずに、ボールから目を切らずに、笑顔がたくさん見れました。

結果は6-0で勝利!
さあ!残るは決勝、久喜東さんとの一戦です。
そういえば昨年度、2-1年生の時の秋の大会の決勝戦も、久喜東さんとの試合だったと記憶しています。
リベンジなるか!返り討ちなるか!!・・・まあそんな過去のことを覚えているのは大人ばかりなんですが(笑)。

3試合目と4試合目は、90分ほどの間隔が開きました。
「みんな疲れてるんだから、体を休めておくんだよー!!」
なんて一応言ってはみたのですが、もちろんそんなコーチの声を聞いてくれる子どもはどこにもおらず・・・。

IMGP9853.jpg

なんと休み時間は全員が“鬼ごっこ”を全力疾走でやっていました。。。
イヤハヤ・・・信じられないのですが、それを止めさせて休ませる…なんて野暮はせずに、休み時間を満喫する子どもたちを、ゆっくりと眺めていた我々ではありました。

そして、とうとう15時40分。
決勝戦のキックオフです。

IMGP9866.jpg

押し気味に試合を進めた東鷲宮FCでしたが、さすがに疲れもあるのか…打つシュートは枠を捉えきれず、そうこうしているうちに先制点を許します。
『とにかくだれかがシュートをしたら、諦めずに相手キーパーへ詰めよう!!』
の言葉をみんなで実践し、ディフェンスやキーパーが慌てているところで遠目からのシュートがGoooooal!!です。

その後もう一度得点されますが、またまた追いつき、試合はPK戦にもつれ込みました。

IMGP9875.jpg

キーパーもその日その試合でやりたい子!がやるのが東鷲宮FC低学年チーム基本なのですが、この決勝戦の守護神はPK練習では無類の強さを発揮するYくん!

もちろん、止めて止めて止めまくる!!です。

そんなわけで、またまた久喜市内大会優勝です。
よくよく考えてみると、この年代は久喜市の大会ではまだ一回も負けていないんですね。
…なんて記録めいたことも覚えているのは大人だけな様で、優勝した子どもたちは今回のカップやトロフィーを持って、大喜び&大騒ぎで、ゴロゴロ転がりながら写真に収まっていました(笑)。

IMGP9892.jpg

“忘れること”ができるのが、この年代のとてもいいところです。
来週、羽生大沼グラウンドで行われる北彩連盟U-9こいのぼりリーグ(埼玉県東部、北部、茨城県などからサッカーチームが参加して、一年を通して行われるリーグ戦です)は、5月5日祝日ゆえに若干3年生、2年生に欠席者が多いものの、参加できる子どもたちも今日の優勝のことなんかすっかり忘れて、またゼロから一生懸命がんばってくれるでしょう。
それに今度のこいのぼりリーグは、参加できる一年生にとっては初試合になりますしね!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

優勝は確かに喜ばしいことです。
もうそれに関しては、全身を使って大喜び!!です。
ただし前のエントリーにも書かせていただいたように、小学生低学年時のサッカーには勝ち負け以外の様々な“大切な”要素があります。
極論かもしれませんが、地域リーグぐらいのレベルでは、勝つための低学年チーム作りはそれほど難しくないこと…なんて言われたりもします。

ある程度生まれが早く、身体が大きく手足を連動させて動くことのできる発育を順調にしている子どもは、そのまま同年代に負けない優越感や勝つための方法を知らず知らずのうちに修得し、ボールに群がる子供達の中で一人ボールをキープし、団子から抜け出して強烈なシュートを放つというエース級の活躍をする訳です。

ところが、今の時点ではなかなか動けない子供だって、あっという間に年齢がいくつも増えていた…なんていう白髪頭の私と違い(笑)、小学生の一年間はぐいぐいと心技体が成長し、粘り強く育成することで突然メキメキ!っと音を立ててサッカーが上手になっていったりするのです。

だから、あまり焦らず行きましょう。
まずは勝ち負けよりも、楽しむことです。
試合の時に子供たちが、ベンチやお父さんお母さんの方をチラチラ見ることなく、ボールだけを追いかけて、心からサッカーを楽しめるようになることです。
仲間同士、声を掛け合うようになることです。

勝利はその結果でもなんでもなく、そんなスポーツへの真摯な取り組みに対する通過点としての経過でしかないわけです。

子どもたちが自ら、「勝ちたい!勝ったら楽しい!負けたらちょっと悔しい!!」
と思うようになるまでは、
「よくやできた!!上手かった!!」
ではなく
「よくがんばったね!」
と声をかけ続けたいと思います。

そんなわけで、これからも試合と練習は続きます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします!!

関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://higashiwashinomiya.blog120.fc2.com/tb.php/78-e5e96960

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

washinomiya

Author:washinomiya
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

占い

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる