Entries

イーグルスカップも終わり、6年生は11月末でトップチームのユニフォームともお別れとなりますね。

11月17日土曜日。
当日朝の天気予報では10時から大雨で、そんな予報通り周りの隣県では大変な豪雨が降っていたようでしたが・・・

準備に奔走していただいた保護者の皆様、そして朝早くからグラウン作りに勤しんだコーチ達、さらには8チーム100人弱の子供たちの祈りが届いたか、奇跡的に雨に見舞われずに、無事に今年度の東鷲宮FC主催のイーグルスカップは終了することができました。

IMG_8715.jpg IMG_8722.jpg

開催にご協力いただきました当団関係者の方々、そして参加いただいた少年団関係者のみなさま、そして今にも泣き出しそうな空の下で精一杯のプレーを見せてくれた選手のみんな、本当にありがとうございました。

今年のイーグルスカップは久喜キッカーズの優勝で幕を閉じました。
・・・残念ながら、歴代東鷲宮FCはこの主催大会で未だに優勝をしたことがありません。
IMG_8745.jpg

今回も四位敢闘賞に甘んじてしまいましたが、それでも久しぶりの賞状と盾を得ることができました。
卒団まで一つでも多くの、盾や賞状を獲得するよう頑張っていきましょう!!

さて、上部にも記しましたが、2012年度東鷲宮FCトップチーム14名の六年生の小学校卒業、そして少年団卒団も残すところあと四ヶ月となりました。
そして、昨年の12月の新人戦で現在中学一年生の先輩達から譲り受けた東鷲宮FCトップチームの
「フィールドの青ユニフォーム、白ユニフォーム、キーパーの赤ユニフォーム、黄色ユニフォーム」
も、今月末をもって、サッカー協会のU-11新人戦を目前に控えた現五年生チームに引き継ぐこととなりました。


11月23日にポツポツ雨の中で行われた、ジュベニール白岡カップがトップチームユニフォーム着用での最後の試合となりました。
白岡カップは見事準優勝で終わり、そのあとはユニフォームに名残を惜しむように、選手全員でたくさんの記念撮影をしました♪

IMG_8781.jpg

眩いばかりの未来を手の中にしている子供たちは、まったく気にも止めないことかもしれないのですが(笑)、
練習や試合が終わって、このチームのこのメンバーを送り出すのもあと4ヶ月、あと数試合と思うと、
“泣き虫でマイペースで聞かん坊な一年生”だった彼らがこんなに大きくなるまでの経緯を見ながら、この六年間ほとんど毎週一緒にサッカーをさせていただいた我々指導部は少々センチメンタルになったりもします。

とはいっても、あと4ヶ月で卒業する学び舎やグラウンドに向かうお子様たちを見送る保護者のみなさまのお気持ちにはかなう由もないでしょうが(笑)

こんな名文があります。

『きのうと きょうは よく にているけれど、
おなじでは ない。
そして あすは いつでも あたらしい。』

「にほんご」 安野光雄・大岡信・谷川俊太郎・松居直 著・編
       福音館書店発行 より


我われ“オトナ”にとっては、あとたった四ヶ月ですが、
子供たちにとっては新しい四ヶ月、120日があったりします。
まだまだ心身ともに成長し、サッカーもどんどんうまくなっていくことでしょう。

そんなこれから四ヶ月の変化を十分楽しみにしながら、
先日行われたイーグルスカップ、そして白岡カップを軽くふりかえってみましょう。


東鷲宮スポーツクラブ時代からの主催カップ戦であるイーグルスカップ。

今年はグラウンドの関係で日程が幸手市で行われた幸手近隣カップと重なってしまい、例年よりも少ない8少年団が参加してくれました。
その8チームがが2つのブロックに別れ、総当たりで予選リーグを戦い、同順位で順位決定戦を行いました。
■■■
東鷲宮FCの予選リーグ一試合目は対杉戸泉FC。
「東鷲宮FC創立以来初めてのイーグルスカップ優勝をしよう!」
を合言葉に、普段攻め上がる三人をスリーバックに据えたカウンターサッカーで、まずは落とせない一試合目を3-0でものにしました。

第二試合はライバル久喜キッカーズ。
お互いカウンターの応酬となるものの決定力に欠け、スコアレスドローとなってしまいました。

さて、第三試合目は対越谷桜南。
得失点差を考えると2点差ぐらいつけて勝っておきたい試合。
前二試合でスリーバックで頑張った子供達を前めのポジションに上げ、「シュートをたくさん撃って、点を取るよ!」という意識を全員で持って挑みました。
一進一退の攻防の中、微妙な判定でしたが“ついうっかり”のペナルティエリア前でのディフェンスの流れからのゴールキーパーへのバックパスを取られ、そこからのフリーキックを「ずどん!」と決められ0-1で敗戦してしまいました。

というわけで、気持ちを切り替えての3位決定戦は、八千代サッカークラブとの試合となりました。

3位決定戦は残念ながら1-4で敗戦でした。
動き出しと判断力の早い八千代に動かされ、見た目はいい試合を行っていましたが、やはりチームとしての実力の差が出てしまったかな?と思います。
まだ東鷲宮FCの6年生チームは、判断力・・・自分から動き出す力、ボールを止めずに動かす力、ダイヤモンドのポジションを作りながらボールを運んでいく力が足りないのかな?と感じた一戦でした。

意外に強いチームとやったほうが、うちのチームはいい試合をする・・・という声も聞こえたりします。
でもそれは、動き出しに難のあるチームが相手に動かされているだけかも知れません。
所謂足元の技術にはそれほど差がないのです。
あとは、フリースタイルサッカーではなく、心の籠もった“意思のあるピッチの上でのサッカー”に如何に変えていけるか・・・ということが、まだまだ課題なんだろうと思いました。

さて、八千代サッカークラブに敗れた東鷲宮FCは、4位敢闘賞を受賞しました。
IMG_8727.jpg

着々とカップが増えていき、着々と試合予定が減っていきます。
それでは続いて次の週に行われた白岡カップを振り返ってみましょう。
■■■
3年生の頃のわんぱくリーグからお世話になっているジュベニール白岡さんが主催する白岡カップ。
IMG_8732.jpg
東鷲宮FCで誰が雨男なのかはわかりませんが・・・相変わらず試合となるとポツポツ雨。。。
それでもお昼休みにはジュビロ磐田などで監督をされていたご経験のあるS級ライセンス保持者の桑原隆さんがお見えになりサッカークリニックを開いてくれたり・・・
と、「寒かったけど楽しかった!!」という一日を過ごすことが出来ました。

試合結果は以下の通りです。

■予選リーグ
第一試合
対岩槻SSS スコアレスドロー
IMG_8760.jpg
第二試合
対越谷桜井4-1勝利
IMG_8770.jpg

そして優勝決定戦は対杉戸サッカー少年団。
残念ながら0-1で惜敗しましたが、見事準優勝のトロフィーをもらうことが出来ました。

雨の中、選手たちはよくがんばりました。
そして、応援ありがとうございました!!


さて、2012年もまもなく終わりです。
先週またまた雨の中行われた、上高野友好杯で今年の試合も終了しました。

おそらくこのブログも、今年は最後となると思います。
今年一年も本当にお世話になりました。

ちょうど今の時期は、ジュニアユースクラブに行く子どもたちはセレクションなどで大変な時期だと思いますし、
中学校の部活に行く予定の子どもたちも、サッカーを続けるかどうか考えながら、将来について思いを馳せる時期だと思います。

いろんなものが、音を立てながらメキメキ!!っと成長していく・・・まさにそんな時期なんだと思います。

残り少なくはなりましたが、我々も一生懸命、一緒に楽しんで行きたいと思います。
本当に2012年、ありがとうございました。
それでは良いお年を♪
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://higashiwashinomiya.blog120.fc2.com/tb.php/71-db97d66b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

washinomiya

Author:washinomiya
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

占い

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる