Entries

久喜市内春季大会で優勝しました!今月末からは第36回全日本サッカー大会東部北地区予選が始まります!!

春になり、2000年4月生まれ~2001年3月生まれの選手たちも、早いもので小学校6年生となりました。
ずいぶんご無沙汰…4ヶ月弱ぶりの更新となってしまいました。みなさんご無沙汰しておりました!!

春の紫外線は思ったより強く、すでに子どもたちに負けじと、コーチたちの顔もまるで夏のように日焼けしつつあります。
早く入団した子どもは一年生の時から見ていますので、早いもので6年目に突入です。
みんな春が来るたびに逞しく、幼児から少年へ、そして少しづつ男の顔になりつつあります。
4月22日現在、6年生は14名、6年生担当指導者は、4月から監督を含めて6名となりました。
今年度1年間を、彼らと、明るく楽しく、時には厳しく“共にがんばる一年”にしていきますので、暖かく見守って頂けますと幸いです。



さて、去る4月8日、15日は久喜市民グラウンド&多目的グラウンドで行われた、16チーム参加の平成24年度久喜市春季大会(8人制)に出場してきました。

IMG_7576.jpg

1日目の予選リーグでは
対菖蒲ウィングス:6-0で勝利!
対FC清久:4-0で勝利!
対栗橋ジュニアサッカークラブ:3-0で勝利!!
と、1位で決勝リーグ進出。

IMG_7578.jpg

2日目の決勝リーグでは
対久喜本町クラブ:1-1の引き分け
対久喜少年サッカークラブ:2-1で勝利!
そして順位が決定する最終戦。
対砂原サッカークラブでは、全日本予選を視野に入れた新しいフォーメーションとポジションで挑み、見事にそれがハマリ、3-0で勝利!!
…と、見事優勝の栄冠を勝ち取りました!!!

子どもたちは4月から6年生のトップチームとなり、キャプテン1名、副キャプテン2名も固定で決定し、3月の卒団式では受け継がれてきたキャプテンマークも卒団チームから譲り受けました。

そのキャプテン、副キャプテンの最初の大仕事が優勝カップや表彰状、優勝トロフィーを受ける大仕事になるとは、少ししか予想してませんでしたね(笑)。

IMG_7585.jpg

記念撮影では、みんなのこぼれるような笑顔が見れました。

勝ちにはなるべくこだわらず、女の子も含めた全員が全試合で出場することを前提に挑んだ今回の大会。
しかも最終戦では、全日本予選の前哨戦のつもりで闘おう!と今までに経験のない、発表のときは子供たち全員がビックリしたフォーメーションにチャレンジしての優勝は、いろいろと戸惑いもあったとは思いますが、最後は全日本へのモチベーションを高め、大団円で終わることが出来ました。

IMG_7590.jpg

さて4月29日からは、ついに第36回全日本少年サッカー埼玉県予選東部北部地区大会が始まります。
全国で1万弱のチームが参加するというこの大会。
私の世代では、キャプテン翼の南葛対明和の決勝でお馴染みの大会ですが、子どもたちもなんとなく…この大会の価値は理解できているようです・・・たぶん。

昨年度からJFAの指南で8人制となっているこの大会は、個人の足元の技術や個人戦術理解がかなりの差として現れてしまうのは否めません。
5年生の冬から、東鷲宮FCでも動き方や受け方、ボールの繋ぎ方・・・という練習を、ボールコントロールの練習や周りを見る癖をつける練習に加えて行いつつあります。
『スタートのときの技術や理解度、誕生月などによる成長差や顕在化している運動能力』が異なる子どもたち全員が一様に、急激に土日の練習だけでレベルアップするとは考えていませんが、それでもドリブルやシュートだけではない『サッカーの楽しさの別の一面』を、子どもたちは悩み戸惑いながらも感じつつある…と信じています。

もちろん、本来はテクニックと個人戦術の間には、“一生懸命がむしゃらにプレーする”という、サッカーの本質のようなものが横たわっています。
失敗を怖がるのではなく、勇気を持って一歩踏み出してみるからこそ、失敗もするのですが、その失敗を幾度かすることによって修正力という巧みな力が育っていきます。
そんな“がむしゃら”な気持ちを、子どもたちが自ら身に付けて行けるよう、様々な試合はこなしながら手助けしていきたいと思います。

29日の全日本の予選は、
・幸手さくらサッカースポーツ少年団
・騎西サッカースポーツ少年団
・久喜少年サッカークラブ
と東鷲宮FCで予選リーグを戦い、上位2チームが北部代表トーナメントに進出。
トーナメントを2回勝つと東部大会に進出します。
さらに東部大会で2回勝つと県大会です。

子どもたちは「7回勝って、県大会に行くぞ!!」
と燃えています。

また、熱い季節が始まります。
がんばって、5月5日の6年生バーベキュー大会は、笑っての祝勝会にしましょう!!
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://higashiwashinomiya.blog120.fc2.com/tb.php/66-8657ddee

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

washinomiya

Author:washinomiya
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

占い

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる