Entries

残暑ですが、空気には秋の気配も漂いつつあります。遅ればせながら合宿報告です。

早いものでもう9月も中旬。東鷲宮小学校の運動会も明日に迫ってきました。

年が明けて2011年になり、あの東日本大震災があり、東京電力福島第1原子力発電所の事故による放射能の影響について少し心配になり調べてみたりしたこともあり、それでも元気に子どもたちは1学年づつあがり、東鷲宮スポーツクラブから東鷲宮FCと名称が変わり、6年生は全日本の県予選で東部代表トーナメントまで勝ち進み、猛暑の中の節電の夏が来て、夏休みも終わり子どもたちは二学期が始まり・・・
と、様々なことがすべてつい最近の事のようですが、これでシルバーウィークが過ぎれば、季節はとっぷりと秋になります。
驚くことにクリスマスまではあと3ヶ月です。

すっかりこのブログも更新が止まってしまていまして申し訳ございません。

大変遅ればせながら…まずは今夏の合宿(8月5日(金)-6日(土) 4-6年生 in 古河リバーフィールド)でも振り返ってみたいと思います。

前日8月4日の夜は古河あたりをゲリラ豪雨が襲い、早朝のリバーフィールドの状態は水がたまって池のような状態。
あやうく合宿の中止も検討されましたが、5日午前中から天気が回復しそうだったこともあり、集合を11時半にして、みんなが楽しみにしていた合宿は無事開催の運びとなりました。
IMG_5261.jpg
午前中の練習がなくなったため、まずは宿舎で昼ごはんからスタートです。
食事の時間の静かにさせての挨拶は、いつもは自分の学年だけを統率しているトップチームキャプテン、副キャプテンのキャプテンシーの見せ所です(笑)

各学年に分かれての練習の前に、全員でアップや柔軟体操、ボールコントロールなどを6年生のキャプテンのもと、行いました。
IMG_5270.jpg   IMG_5271.jpg
4-6の3学年だけとはいえ、人数は40名強います。
柔軟体操のときの子どもたちの円も、ビックリするぐらい大きくなりました。
集団が大きくなるということは、それだけ全員で大きな声を出していかないと、物事は前に進まなくなります。
コミュニケーションを取りたい人との物理的な距離が、自ずと遠くなるからです。

そのため、かえって集団には活気が生まれ、コミュニケーションは強化され、テキパキと様々なことがこなされていた気がします。
ある程度…という注釈はもちろんつくのでしょうが、東鷲宮FCとなり大きなクラブとなってきた効能が、そこに見えてきた気がしました。

とはいえ…やっぱり夜は大騒ぎで…「もう寝ろ!!」と言ってもなかなか寝ずに深夜まで…。
(こういうのは6年生、5年生が多いですね)
しかも朝は朝で5時前から起きだして廊下を走っている子どもも多数…。
(こっちは4年生、5年生が多いです)
睡眠時間が短いと、翌日の練習でつらいのは自分たち…というのはすでに合宿を経験済みの5-6年生はわかっててもいいはずなのですが、これがなかなか。。。しかも5年生は深夜と早朝どちらにも参加です。。。
ハッキリ言って深夜と早朝に起こされる大人が一番つらいのですが(笑)。。。


6日土曜日は暑い一日となりました。
IMG_5275.jpg   IMG_5277.jpg
水を飲んでも飲んでも、汗として放出されていく感じです。
熱中症防止には最大の配慮を行いながら、1学期の間学んできたインサイドキック、周り(3方向)を見るということ、味方とコミュニケーションを取る為の声とそれに繋がる個人戦術(動き)、パスコースを作る動き、そして最後には8対4のボール回しを少々身体を苛め抜く感じで行い、ヘトヘトになりながらそれでも楽しい合宿は、夏のゲリラ豪雨雲の発生とともに、夕方幕を閉じました。

まだ自立のスタートラインに立ったばかりの5年生は、この後本人の「心」「態度」「やる気」によって、大きく伸びが変わっていくでしょう。
来年は最高学年での合宿となります。
あと2-3ヶ月もすれば、5年生の中から時期キャプテン、副キャプテンを決めていかなければなりません。
そしてその選ばれたキャプテンを中心として、来年の合宿は運営されていきます。
あと1年、来年の古河リバーフィールドで、どのような合宿ができるか…私は今から楽しみでしょうがありません。




夏休みが終わると、6年生のトップチームは埼玉県スポーツ少年団大会に参加します。おそらくこれが6年生にとっては最後の公式戦となります。

そして5年生は、今まで6年生が参加していたカップ戦や、埼玉県サッカー協会4種リーグ戦など6年生の大会に参加していきながら、チーム作りを勧めていくことになります。
IMG_5505.jpg   IMG_5506.jpg
8月の終わりには6年生の代わりに久喜東カップに出場してきました。
9月の下旬には4種リーグに出場です。

一部の才能豊かな子どもや誕生月の早い(特に4月ー6月生まれ)子どもを除けば、5年生と6年生は、身体つき、サッカーに対する瞬時の判断、体力、スピード、当たりの強さ、動きながらの技術に大きな差があります。
また、6年生の大会は11人制で20分ハーフが多く、今まで5年生が2年生の頃からずっとやっていた8人制15分ハーフとはいろんな意味で違いがあります。

そんなことも理由のひとつになり、6年生の大会に参加しても5年生はなかなか結果が出せないかもしれません。

まあそれでもいいでしょう。

勝つ理由はあったりなかったりしますが、負ける理由は必ずあるものです。
その理由を曖昧にせずに、負けた理由をハッキリと言葉にして、子どもたちとともに考えていきたいと思います。
問題意識を持ち、それを正確にきちんと伝わるように語り合い、たまには図や絵なども使いながらそれを豊かに言葉や映像として解釈していく・・・

そうすることによって、5年生チームは、さらに強いトップチームへとバトンタッチできる準備ができることでしょう。

このブログをサボっている間に、あっという間に時は過ぎ去って行きます。
次に更新するのがいつ…という約束は残念ながらできませんが(笑)、次はさらに成長した子どもたちの姿をお届けできると思います。

またしばらくお待ち下さい。
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://higashiwashinomiya.blog120.fc2.com/tb.php/63-bb71e035

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

washinomiya

Author:washinomiya
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

占い

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる