Entries

久喜市サッカー少年団平成22年度4年新人戦に参加してきました。

東鷲宮スポーツクラブは、今までは鷲宮町スポーツ少年団という組織に所属していました。
ところが昨年の市町村合併によって鷲宮町がなくなったため、2月11日をもって鷲宮町スポーツ少年団は解散し、新たに東鷲宮スポーツクラブは久喜市スポーツ少年団に所属することになりました。

さらに、隣の小学校を母体とするFC桜田さんと4月からの合併も決まっています。

人数も急激に増え(新6年生〜新2年生で60名程度となります)、さらに所属する組織の枠組みも大きくなり、ますます活動が充実する東鷲宮スポーツクラブをこれからもどうぞよろしくお願いいたします。

さて、そんな東鷲宮スポーツクラブの4年生チームですが、先日の日曜日は早速、久喜市スポーツ少年団サッカー部会の枠組みで催される、
“平成22年度 4年新人戦”
に13名の選手で参加してきました。
IMG_4711.jpg
※ちなみに新人戦っていうのはいったい何が新人なんだろう…って思っていたんですが、どうやらサッカー協会U-11カテゴリー新人ということらしいですね。
IMG_4732.jpg
実は東鷲宮SCの4年生チームにとって、招待試合などは別にして、久喜市の枠組みでこういった公式戦にでるのは初めてのことです。
いきなり開会式で他のチームはチーム名の入ったプラカードを持っていて、
『あれ?うちはそんなもの用意してませんが???』『えー!久喜の大会ではほとんどのチームがプラカード持って来るんですかー!?』
なんていう、初めての参加に付き物の事務的な不手際なんかもありながら(笑)、新人戦はスタートしたのです。
(ちなみに大会で選手宣誓がある・・・なんてのも初めての体験でした)

今回の大会は15分ハーフの8人制。14チームで争われました。
まずは予選リーグのAブロックで戦い、そこで1位になると決勝トーナメント。
つまり1位2位3位・・・とカップとトロフィーを頂くためには、子どもたちは4試合も戦わないといけません。
ちなみに本大会は、久喜のトレーニングセンターの新5年生U-11セレクションの一次審査も兼ねているそうです。
試合前にプレッシャーを与えないように…と、そのことを伝えるかどうかは悩んでいたのですが、団長とも相談し、子どもたちにはそのことを試合前に伝えました。
まあそれで張り切ってくれても、ちょっと緊張して空回りしたとしても、それも一つの大切な経験…てことです。
本来のセレクションはすごいプレッシャーの中、半日がかりで行われますしね。

参加チームの登録表を見ても、今まで加須や騎西、北川辺の大会に出ていた我々にとっては、初めて名前を聞くクラブが多数あります。
IMG_4713.jpg
『どんなチームだろうね?強いかな?弱いかな?大きいかな?小さいかな?』
意外と相手の事を気にする子と、まったく気にしない子と・・・といろいろ個性があって、それもまた指導する我々にとっては試合前の楽しみだったりするのです。
練習をしながらも若干、他のチームの事が気になっている子がチラホラいます。
2年ぐらい前は試合前でも校庭の土で遊んでばかりだったことを思い出せば、これはこれでうれしい成長ですね。

【第一試合・第二試合 予選リーグ】

東鷲宮SCが入るAブロックには江面少年団と菖蒲森下ドリームズがいます。
我々の1試合目は森下を下した江面との1戦。これに勝てば決勝トーナメントをかなり手繰り寄せれます。

必ず全員が全試合に平等に出場することをコンセプトにしている我らが東鷲宮SCは、選手交代で選手間のバランスが崩れたところであげなくてもいい失点を繰り返しますが、右サイドを基点とした攻撃がはまり、
4−3
で辛くも勝利することが出来ました。

続く菖蒲森下との戦いは、三角形を作って“ボールをなるべくまわす”ことを約束事として、試合に臨みました。
約束に拘ってしまったか、それとも中盤が動きで悩んでしまいなかなかボールが落ち着かなかったからか、よーいどん!サッカー以外なかなか攻める形がつくれなかった東鷲宮の間隙をぬって、森下が先取点。
前半1-1で折り返した後、ハーフタイムに監督から気合を入れられたサブメンバー5人が交代した東鷲宮は従来の落ち着きを取り戻し、3-1でなんとか勝利し、Aブロックを1位で通過することができました。

【3試合目・4試合目 決勝トーナメント】

3試合目はBブロックから勝ち上がってきた昨年の覇者、久喜キッカーズとの対戦です。
IMG_4718.jpg
うーん・・・まだまだ久喜キッカーズとは、選手一人ひとりのテクニックもサッカーの理解も、そして貪欲さも若干分が悪いようです。
さらにお昼ご飯の直後で、気合が抜けかけてしまった東鷲宮SCでは、勝てるはずもありませんでした。
前半に早々と3点・・・しかも得意なパターンであっさりと取られてしまいました。
スピードとテクニックを併せ持ったドリブルで中央から右コーナーまで切り裂かれ、ディフェンスがつられたところを中央からズドンです。
攻めても攻めても相手の背の高いディフェンスにはじき返されます。
ドリブルを仕掛けてもサイドラインのほうに寄せられ、肩をねじ込まれ、挟み込まれて奪われてしまいます。

試合は0-3で完敗でした。
子どもたちも得点差以上に完敗を感じたのか、若干うなだれています。
「悔しいけど、こういったクラブとたくさん練習試合をしていたら、君たちはもっともっと強くなるよ」
何人かの子どもたちは、強く頷いていました。

さて、3位決定戦はCブロックを征してきた久喜ペアーズと戦うことになりました。
さすがに4試合目、両クラブとも疲労の色は濃くなっています。
なかなか両チームとも、ボールを丁寧に扱うサッカーはしにくい状況になっていました。

閑話休題となりますが、やはり小学生のサッカーでは、1日の試合は1試合〜2試合が限度のような気がします。
それ以上はやはり集中力=精神的な持久力が続きませんし、子どもたちは無意識のうちにペース配分をしてしまい、いくら大人が促しても全力プレーができなくなってきます。
それは「精神力がない」や「体力がない」とは全くの別問題なのだそうです。
特に勝利至上主義で、出ずっぱりの子どもがいるクラブほどそうなる傾向が高い・・・とは言われますが、東鷲宮SCのように全員出場の形を取っていても、その傾向は試合数が多くなる限り無くなることはないでしょう。
これから季節は春から夏になり、さらに持久力にとっては厳しい条件が待ち構えています。
子どもたちが如何に夢中になって全力でプレーできる様になるか・・・そこは練習のときからいつも考えていきたいと思っています。

試合のほうはなんとか後半に奪った1点を守りきり、1-0で勝利しました。
IMG_4726.jpg
開会式の時に、あんなにたくさんだったクラブは、閉会式では5チームだけになっていました。
4試合もこなした後では、ついつい大人が気にしてしまう、
『そういえば、トレセンのセレクションはどうなったんだろう?』
なんていう子どもは一人もいませんでした。
IMG_4727.jpg
みんな誇らしげに、「腹減った〜!!」と口々に言いながら笑っていました。
写真をよく見ると、トロフィーは何人かで微笑ましく持っているようです。
ちなみに今回は東鷲宮SC10名+FC桜田3名の合同チームで出場したため、賞状は2枚頂きました。


--------------------------------------------------------------------------------


さて、今年度もあと3週間程度となりました。年度末、4月の予定は以下の通りとなってます。
【3月】
12日(土曜日)・・・JAみずほカップにFC桜田さんのヘルプで参加
13日(日曜日)・・・通常練習
19日(土曜日)・・・午前中:6年生送別試合 午後:卒団式
20日(日曜日)・・・午後:強豪!久喜あけぼのさんと練習試合になります。胸を借りる感じです。
21日からは春休みになります。
【4月】
 9日(土曜日)・・・久喜市トレセンセレクション
10日(日曜日)・・・選挙のためグランド使用不可で練習中止
16日(土曜日)・・・通常練習

今現在の予定では、新6年生16名、新5年生15名、新4年生8名、新3年生12名、新2年生5名の選手数で4月からの東鷲宮スポーツクラブサッカー少年団は活動していく予定です。

まだまだ団員も募集中です。
これからもよろしくお願い致します。
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://higashiwashinomiya.blog120.fc2.com/tb.php/59-c291528e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

washinomiya

Author:washinomiya
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

占い

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる