Entries

少年サッカーにおけるミニゲームの効用を語るビデオを見つけました。

(今回のエントリーにはyoutubeからの動画のリンクを貼ってあります。動画をごらんになりたい方はパソコンからご覧下さい。検索エンジンでブログのタイトルで検索すると一番上に出てくるはずです)


なかなか公式戦での勝利に恵まれない、東鷲宮SC低学年チームですが、
その最も大きな要因は試合慣れだと思います。
練習では割とのびのびやっている子供達も、知らない選手たちとの試合ではどうも萎縮してしまい、ボールを譲り合ってしまうようなところがあるように見受けられます。
そんな気持ちが相手への寄せを少なくしたり、足だけでディフェンスに行ったり、せっかくゴールが見えてるのに自分でシュートせずにパスをしてしまう・・・なんていう消極的な試合に繋がってしまうのでしょう。

「そうは言っても2年生は総勢7名・・・なかなか試合形式の練習はできないんだよなあ・・・」

なんて思っていたのですが、最近読んだ“じゅんちゃんの少年サッカー研究”というブログで紹介されていたこのビデオ。
英語なんですが、一生懸命聞いてみるとそれなりに大切なことが伝わってきます。
1対1?3対3までのミニゲームの効用が述べられているのですが、「なるほどー!!」と。
目的に応じてそれを理解させながら行えば、少人数でもミニゲームは非常に有意義な練習になるのですね。
(ちなみにこの動画リンクは携帯からだと見れません。ぜひパソコンからごらん下さい。)




1対1はドリブルでの攻撃スキルアップとそれに対する守備意識の向上のために。
2対2はボールに向かうのかそれをカバーするのか、ドリブルをするのかパスをするのか・・・という選択肢を意識しながらのプレーの質の向上のために。
そして3対3は自分と相手、そしてもう1名の味方という関係性を意識しながらコミュニケーションの重要性を理解したプレイの研鑽。

なるほど・・・です。1vs1でもミニゲーム形式で練習をしたほうがいい・・・なんて思いもつきませんでした。

早いもので2年生も下期に入りました。
練習の目的をそろそろ意識させながら、様々なことにチャレンジしてもいい時期なのかもしれないですね。

まだまだ試合の勝ち負けにこだわる時期ではないですが、サッカーを考える力、そして個人技の習得にも、ミニゲームは大いに価値のある練習なんですね。

それにしてもYutube。結構いいサッカーのコーチングのビデオがたくさん投稿されていますね。

↓これなんかはたぶん小学低学年の子ども(7歳だそうです)のボールコントロールですが、大人でも結構唸ります。
こういった素晴らしいプレイなどを見せてあげるのも、モチベーションの向上には、いい事かもしれないですね。
(動画のリンクは携帯からだと見れません。ぜひパソコンからごらん下さい。)





それにしても本当に7歳??ってぐらい上手いですよね。。。






関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://higashiwashinomiya.blog120.fc2.com/tb.php/29-34f62779

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

washinomiya

Author:washinomiya
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

占い

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる