Entries

【結果速報!】第46回埼玉県サッカー少年団大会 東部北地区代表決定戦【見ていて面白い、とてもいい試合でした】

悲しみも、
喜びも、
感動、
落胆も、
つねに素直に味わうことが大事だ。
ー本田宗一郎(ホンダ創業者)


近隣地域で一番強いと噂される、幸手さくらSSS戦を引き当ててしまった第46回埼玉県サッカー少年団大会 東部北地区代表決定戦。
それでも、選手たちは誰もくじを引いたコーチに、不満の一つも言いませんでした。

「そう!僕らは逞しくなった!!」

夏の厳しい練習が終わり、「よく走る」「よく声の出る」「全員でサッカーのできるいいチーム」と様々なところから、“お褒めのお言葉”を頂戴することも、少しだけ増えてきた気がする東鷲宮FCトップチーム。
それでも相手は4種リーグ東部北地区Cブロックで1位の成績を収め、すでに4種リーグ戦では埼玉県大会に、全日本少年サッカー大会では埼玉県東部予選に駒を進めている幸手さくらSSS。

残暑の残る9月のいい天気。
幸手総合運動公園陸上競技場天然芝ピッチでのキックオフは10時。
超俊足の二人の前線を擁する、幸手さくらさん対策練習を行うため、東鷲宮FCトップチームの面々は朝6時半に小学校グラウンドに集まりました。

IMG_5928.jpg IMG_5936.jpg

気合は入っていましたが、選手たちの緊張感も相当なものがありました。
会場に着いてからも、そして試合前にピッチでボールを回しているときも、かなりの選手たちの顔が強張っていました。

「大丈夫!僕らは声が出る!キツイ時にこそ、声が出せる!今日もたくさん走ろう!!」

試合は均衡、両チームとも本当に頑張り、これぞ少年サッカー、これぞ代表決定戦という試合を魅せてくれたと思います。



たくさんの惜しいシュートを打ちました。
脚の速い相手からのボールの奪取の仕方も、
そして深い守りから速い攻めへの切り替えによるシュートまでの持っていき方、その際の多くの人数のかけ方も…
非常に見ていて気持ちのいいサッカーが体現できたと思います。

贔屓目に見れば、押し気味に進めることのできた試合。

…それでも、前半開始早々の、東鷲宮FCディフェンダーの伸ばした脚の下を通った頃グラウンダーの緩めのシュート…。
まさにここしかない角度で、キーパーの手のギリギリの部分を抜けて…サイドネットとポストの切れ目の部分に吸い込まれていった1点を追いつくことができませんでした。

0-1

試合終了の笛が鳴った時、何人もの選手がユニフォームで顔を拭いました。
ユニフォームを濡らしたものは、明らかに…力の限り走って出た汗だけではありませんでした。

IMG_5935.jpg IMG_5934.jpg

「いつまでも泣いていないで…まだまだ、ひと月後には全日本少年サッカー大会埼玉県東部予選プレーオフがあるよ!いつまでも下を向かずに上を向いて、次の目標に向かって頑張ろう!!」
…と言おうとした言葉を、試合直後、ぐっと飲みこみました。

彼らの顔を見て、ハッとしました。

「本当に悔しい。」
出ている涙がつたう顔が、夏前の彼らの顔よりも、明らかに少しだけ“男の、大人のそれ”だったからです。
「切り替えなきゃならないことは、言われなくてもわかっているよ。」
そういう目をしている気がしました。

「よーし!せめて試合後の時間ぐらいは、悔しさや悲しさをしっかりと味おう!」
夏は子供を少し大人にする…なんていう言葉を思い出しながら、しばらく眺めていました。

失敗からは本当には学べない。成功から学ぶことによってこそ、人は正答へ近づいていく…という人もいます。
失敗経験だけだと、なぜ失敗したのかがわからない。自分なりの仮説とかはあるけども、本当にはわからない。
成功してみて「これをすべて押さえると初めて成功するんだ!」とわかった上で、自分の失敗経験と照らして初めて「これがいけなかったんだ」ということがわかる…ということらしいです。

その意見には僕は賛成です。
だけど様々な失敗を、成功に近づけることはできると思います。
失敗したものだけが得られる“自分なりの仮説”は、“たくさん失敗して、そこからたくさんチャレンジして”、いくつかの成功と失敗を繰り返してみることによって、自信もって出す仮説となっていくのだと思います。

とことんまで悔しさや悲しさをしっかりと味わい、真剣に「どこをどうしたら次は勝てるようになるか」「どうしたら自分はもっと強くなっていくか」を考えたら、その敗戦は成功!とまでは言わないまでも、「成功へと繋がっていくもの」になります。

特にスポーツは、成功して上の大会に行けばまた強敵が現れる…というドラゴンボールの世界。
小学生時代にこの世界に関わったことは、成功の、成長の大きなチャンスを得た!ってことなんです。

涙はなにもしなくても乾いてすっきりする。
すっきりしたら、次に向かって行動を起こそう!!

最後の公式戦、全日本のプレーオフまであとひと月もあります。
もっともっと、逞しくなる選手たちを、しっかりサポートしていきたいと思います。

東鷲宮FC2017年度トップチームの第46回埼玉県サッカー少年団大会は、こうして幕を閉じました。
ご協力ありがとうございました!!



なお、9月は18日に久喜市長杯。23日は幸手近隣大会があります。
そして全日本プレーオフは10月9日です!!!
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://higashiwashinomiya.blog120.fc2.com/tb.php/140-72ed44d4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

washinomiya

Author:washinomiya
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

占い

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる