Entries

【速報】第11回埼玉県第4種リーグ戦地区予選、前期最終節。トップを走る強豪チームに爪痕は残せたものの負けは負け。後期に向けてまた練習です!

2年ほど前のNHKの番組、「勝てない相手はいない~錦織圭 成長の軌跡~」。
そこで錦織圭選手のコーチであるマイケル・チャンが言っていた言葉がすごく印象的で、ずっと覚えています。

「人生もテニスも成長するほど新しい壁が立ちふさがる。
それに対して人間だから、いつも正解を出せる必要は無いし、いつも勝利ばかりではない。
勝ったときには謙虚さを、負けたときには潔さを学べば良い。」
そうやって学んでいって、課題を認識してさらに練習をして、肉体だけではなく精神の闘いでも負けないようにしていけば、“勝てない相手”はいなくなる。。。

少年ジャンプのかつての大人気漫画、「ドラゴンボール」や「リングにかけろ」のように、スポーツは頑張って練習して鍛えていけばいくほど、上のレベルに行けばいくほど、さらに“敵いそうもない新たな相手”が出てきて、そこで悔しさや挫折、喜びや嬉しさ、楽しさを感じながら自らを成長させていける最高の活動です。

今回の4種リーグの埼玉県東部北地区Dブロックは、スロースタートではあったものの東鷲宮FCトップチームにとっては、そのスポーツ活動の醍醐味を存分に味わうには持ってこいのブロックでした。

そして迎えた5月7日前期最終節。
このひと月でメキメキと力をつけてきた東鷲宮FCトップチーム。
前期最終節では、昨年12月の新人戦で東部北地区制して第11回埼玉県第4種新人戦中央大会へと進んだ強豪クラブチームのあけぼのFCと対戦することになっていました。

傍から見れば、今回の4種Dブロックリーグ戦で“すべての試合に圧勝”で、トップを無失点でひた走っていたあけぼのFC。

「負ける気は全くないからね!!」
試合前のミーティングで、我々指導者たちと、選手たちは、互いに顔を見合わせながら意志を共有しました。

前節の久喜東FCとの対戦で、自分たちに着実に力が付き始めていることを実感している選手たちは、負けるつもりはこれっぽっちも持たない闘志に満ち溢れた顔で、ピッチへと向かっていきました。

「絶対1点取ってやる!」
「違うよ!点取るだけじゃないよ!!!勝つんだよ!!」

20170507IMG_4195.jpg 20170507IMG_4202.jpg

とはいえ、久喜市あけぼの幼稚園のサッカースクールからの、一貫したサッカースタイルでの長きに亘るチーム作りをして、さらにこの地域では卓越した個人技を持つ選手の多いあけぼのFCに対しては、やはり守勢に回ることが多かったのも事実でした。

ゲーム序盤はかなりのビッグチャンスも生まれ、高い位置からの守備で相手ゴールを幾度か脅かした東鷲宮FCでしたが、徐々にショートパスとドリブルのブレンドで中央から攻め込んでくるあけぼのFCに、低めの位置で食らい付いていくのが精いっぱいになってきました。

20170507IMG_4171.jpg 20170507IMG_4169.jpg

ベンチにも応援している保護者の皆さんにも伝わる、熱く堅い守備は出来ていたと思います。
ただし守備から攻撃への切り替えが課題の東鷲宮FCは、奪った瞬間にエアポケットのような間ができてしまうことは否めませんでした。

ペナルティエリア付近の混戦から押し込まれ、前半終了時は0-2でした。

20170507IMG_4157.jpg 20170507IMG_4156.jpg

後半も、同じような力の入った試合が続きました。
前半以上に東鷲宮FCは熱い守備と走るサッカーを押し通し、相手ゴールを脅かす機会も増えていきました。

ベンチ入りした6年生、5年生14名が全員出場した後半19分、アグレッシブな守備が相手のファールを誘い、センターサークル付近でのフリーキックの機会を得ました。



キャプテンの長い距離の無回転フリーキック。
狙ったか、狙ってなかったか…は置いとくとしても、無回転でキーパーの前で落ちる、最高のフリーキックでした。

「1点とったぞ!!」
選手たちは口々に叫んでいました。
「本当に何が起こるかわからない!!」
選手のお母さんの声がベンチまで聞こえました。
試合時間はあと20秒程度となっていました。

そのあとのラストチャンスは惜しくもキーパーに阻まれ、東鷲宮FCはあけぼのFCに爪痕は残したものの、1-2で負けてしまいました。

充実感と自信に満ち溢れた、試合後の選手たちに、あえて言いました。
「いい試合だったし、どのチームよりもあけぼのFCを苦しめたかもしれないけど、でも負けは負けだよ。次の前期最終試合、上高野SCとの試合に勝たないと、後期どんなに頑張っても上位大会進出がすごく厳しくなってくるよ。あと1試合、切り替えて練習の成果を出して頑張ろう」

20170507IMG_4286.jpg 20170507IMG_4277.jpg

上高野SC戦は、非常に見ていて面白い、自由な戦いができたと思います。
前半1点先制されたものの、すぐに素晴らしいロングパスからFWの飛び出しでのゴールで追いつき、そして後半にいい形から2点とって逆転です。
上の写真は後半の2ゴールのシーン。
美しくはありませんが、絶対に点を取る!という力強いキモチからの、非常にいいゴールでした。

20170507IMG_4213.jpg 20170507IMG_4275.jpg

ボールを絶対に奪取する!という強度の高い守備から攻撃への切り替え。
後期が楽しみになる、そんな一戦を闘い、3-1で勝利しました。

20170512前期終了時点

というわけで、第11回埼玉県第4種リーグ戦地区予選、前期は終了し、6月からの後期に向けての猛練習期間が始まります。
久喜東FC,あけぼのFC、上高野SCという前期終盤の3試合は、本当にいい試合ができたと思います。
後期は全勝を目指し、全日本サッカー大会埼玉県東部地区予選へのキップをつかむために、精いっぱい頑張りたいと思います。

選手は公式戦などの真剣勝負を経験することで成長していくもの。
平等な練習を行い、全選手に公平で緊張感を持った試合の中で、どれだけ練習の成果を発揮できるか。
その繰り返しが、子供たちをサッカー選手として、そして一人の人間として成長させていくと思っています。

そろそろ暑い夏がやってきます。
サポートよろしくお願いしますです!!

今回も長文にお付き合いありがとうございました!!
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://higashiwashinomiya.blog120.fc2.com/tb.php/134-040a5f83

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

washinomiya

Author:washinomiya
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

占い

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる