Entries

埼玉県サッカー協会主催、第10回埼玉県第4種東部新人戦、東部北地区の組み合わせがついに決まりました!!

11月21日(土)、今の5年生、4年生合同チームにとって初の公式戦である「第10回埼玉県第4種東部新人戦」の東部北地区抽選会が行われました。
IMG_2202.jpg

一発勝負のノックアウト制トーナメント。
35チームの代表者がくじを引いた、抽選結果はご覧の通りでした。
東鷲宮5年生+4年生の合計20名(登録は16名)は、騎西グラウンドAで行われるDブロックです。

一回戦は青葉グラウンドなどで練習するクラブチームの原点FCと対戦。
このブログでも幾度か登場している原点FCですが、実は東鷲宮FCの5年生4年生の10名程度が平日の練習でお世話になっているチームなのです。。。
一回戦はスポーツ少年団同士で闘えれば…と念を込めてくじを引いた我々指導者ですが、よりにもよって普段から選手同士が深い交流のあるFCという“まさかまさか”の抽選結果に。。。

罪深いトーナメント表を眺めて気づくことは…もしも東鷲宮FCが決勝戦に勝ち上がっていくためには、原点FCをはじめとしてゼウシスFC、あけぼのFCや久喜東FCといった東部北地区での強豪クラブ(もしくはそれら強豪クラブチームに勝った強豪少年団)を一つづつ倒していかないといけないってことです。

まるで映画「死亡遊戯」のように、武道の達人が各階に待つ塔を、一人づつ倒していきながら塔の最上階を目指し登っていくブルースリーのよう!!
800px-Bruce_Lee_Stencil-e1284269179161.jpg
でも、そのブルースリーも言っていますよ。
「敵と戦うとき、勝敗は意識のなかから消し去るべきである。 状況に応じて動けばいい。」

…まあサッカーの場合は“敵”ではなく、“試合相手”ですけどね。
とにかく、平日は練習ができないスポーツ少年団として、やれることはやってきました。
11月の土曜日の午前と午後の2部練習では、試合形式のフォーメーション練習もかなり厳しく声を出してやり切りました。

結局少年サッカーだろうがプロサッカーだろうが、サッカーとは相手にゴールさせないで自分たちがゴールを奪うこと、ボールを持ったらドリブルかパスか…仕掛けるかいったん落ち着かせるかを瞬時に判断すること、そのためにはなるべく多くのモーメントで周りを見て、ボールを持っている人も持っていない人も「何が味方にとってチャンスを生むことに繋がるのか」を考えぬきながら動くこと…が大切なんだと思います。
幸いにも、東鷲宮FCには、個人としてのテクニックはある程度のレベルに達している選手が多いと感じています。
あとは、選手たちの「この試合に勝ちたい!」というモチベーション、「目の前のボールを相手より先に触りたい!相手のボールを奪って自分のものにしたい!」「絶対このシュートは打たせない!!絶対このボールはゴールに入れてやる!!」というキモチを最大限出せるようにサポートしながら、あと二週間、12月5日の騎西グラウンドに臨みたいと思います。

…今回は大人もいいですよー。「勝ちたい!!」と強く思っても(笑)。もちろん指導者の我々もです(笑)。
かつて…7年前にこのブログに書いたこと http://higashiwashinomiya.blog120.fc2.com/blog-entry-32.html
とは少し違うかもしれませんが、子供が「勝ちたい!!」と思うことと同時に大人がこっそり“そう思う”ことはいいんです!(爆笑)。

というわけでみなさん、インフルエンザには気を付けて。昨日の練習後にも言いましたが、手洗い・うがい・消毒はきちんとやりましょう!!


ところで、閑話休題。
上記でキモチ、モチベーションと書きましたが、我々指導者は自分たちの指導の責任を、選手たちの試合現場でのキモチに転嫁してはならないと常々思っています。
ただ、選手個人のモチベーションやキモチ…相手があるスポーツでのいわゆるそのマイクロモ―メンツでの意欲(抜きたい!とか奪りたい!とか打ちたい!とか負けたくない!とか…すごく単純な瞬間の意志のことです)があると、イメージが増幅され、それが動きへと繋がるんじゃないかなーと考えています。

なんでも…驚くことにレアルマドリッドが今から目を付けているという9歳のサッカー選手の動画ですが、決して難しいテクニックをバラエティ豊かに使って、自分勝手にボールを保持しているわけではないようです。
ただ、「絶対にこの場面では自分の得意なフェイントで仕掛ければ相手を抜けてチャンスになる・・・」というイメージがあり、そこに自信と“もっともっと高いレベルでサッカーを楽しみたい”というキモチからくる動作がシンクロしているんだと個人的には思うのです。

キモチの面。。。と言えば、サッカー選手で早生まれは不利か?というのはよく言われる議論です。
11.jpg
上のグラフは、Jリーグと日本プロ野球の選手の生まれ月を示したグラフです。

育成年代ならわかるのですが、まだまだ日本ではプロになってもこの差は埋まらずにあるようです(育成年代では、この生れ月による選抜選手数の差はさらに大きくなるようです)。
スポーツ育成の論文などでは、これは幼少から育成年代での遅生まれの児童に対する劣等感、自信を持てなかったキモチが影響を与えている…なんてことが書かれていたりします。

実はヨーロッパサッカーや日本の格闘技、16歳以降で始めることの多いスポーツではこの早生まれ、遅生まれの差はあまりないような記述もあったりします

もし小中学生で生まれたある種の劣等感が、大人になってのスポーツへの取り組みに影響を与えたら、少し寂しい気がしますね。
きっと日本のスポーツでの育成環境も、改善されてきているんだと思いますし、我々もそういった指導を心がけています。
全員が、結果として成功するかミスするかは別にしても、上の動画の9歳の男児のように、自信満々で成功のイメージを持ってチャレンジしてほしいと思います。

とにかく、こういった環境を踏まえての緊張感の高い公式戦。
しかも我々東鷲宮FCは5年生、4年生合同でその公式戦に挑みます。
スタメン、ベンチ、登録外…すべての子どもたちが自信を持って、「勝ちたい!!仕掛けたい!!奪いたい!!喜びたい!!次は出たい!!俺がもっと練習すればもっとチームは強くなれる!!」と思える雰囲気をいつも作ってあげたいなーと思っています。

楽しみですね。。。新人戦。


さてさて、FCの近況報告です。

まずは東鷲宮FC主催のイーグルスカップ(今年から東鷲宮FCフレンドリーマッチと名称を変えたみたいです)が11月14日に無事に開催されました。

IMGP8182.jpg IMGP8183.jpg

6年生はこの東鷲宮FCトップチームユニフォームを着るのも最後になりますかね。。。
今までお疲れ様でした(とはいえ、これから6年生は卒団までカップ戦が目白押しだと思いますが)。


その6年生から引き継いだすこしブカブカのトップチームユニフォームを初めて着用して、東鷲宮FC5年生+4年生合同チームは11月22日の久喜ライオンズクラブ主催、ライオンズ旗争奪サッカー大会に参加してきました!!

IMGP8187.jpg IMGP8190.jpg
IMGP8198.jpg IMGP8203.jpg

「旗を獲っちゃったらどこで一年間保管する??」
なんて冗談を言いあいうほど歴史の重みのありそうな大きなライオンズ旗。
新人戦間近ということもあり、どこのチームも非常に強く、そして仕掛けるところは仕掛け、さらにパスをきちんと回すようになってきました。
江面FC少年団を4-0、森下ドリームスを2-0で破り、決勝トーナメント一回戦はFC清久との試合となりました。

IMGP8213.jpg IMGP8229.jpg
IMGP8247.jpg IMGP8272.jpg
FC清久には2-0で勝利し、久喜東FCとの決勝戦となりました。
新人戦を見越して、仮想原点FCといった趣での試合です。
とにかく本気で奪って相手を自由にさせるな!!と試合前のミーティングでは選手に檄が飛びました。

この日の4試合では、疲れていたはずのこの4試合目…特に後半が、一番本気度の高いいい試合ができたと思います。
残念ながら0-1での敗戦。
泣いている選手もたくさんいましたし、泣きはしなくても相当悔しがっている選手が何人もいました。
「いい試合だったけど、今日が新人戦ならこれでお終いだよ。。。」
翌日の練習に繋がる、あえてきつい言葉を監督から投げられて、表彰式へと向かった頃にはようやく全員が笑顔になっていました。
また一つ、頑張らなきゃならないところを各自で発見できたんじゃないかなー…と、その頬っぺたに涙の線が付いた笑顔をみて、個人的にはそう思いました。


最後になりますが、4年生には仲間が増え、これで11人体制となりました。
そんな中で、10月25日には北彩連盟リーグU10、11月1日には久喜市長杯U10に参加してきました。

IMGP8072.jpg IMGP8076.jpg

だいぶ基礎的なテクニックは上達してきた4年生チーム。
それでもまだまだボールを後ろで回せる強いチームには、なかなか勝つことができませんね。
ボールをいったん下げることによって、ハーフの選手が開く時間ができる。ギャップを作ってそれを生かすことができる。
スペースに顔を出してダイレクトで捌くことによって、逆のサイドのスペースで速攻することができる・・・。
そんなことに、強いチームとの試合での敗戦や、5年生との合同の練習や試合で、どんどん気が付いていってほしいと思います。


あっという間に冬が来ました。
どういう結果であれ新人戦が終了すれば、あとは大宮アルディージャの久喜サッカースクール参加や北彩連盟のクリスマスカップ、年末親子サッカーや東鷲宮FCクリスマスボーリング大会などであっという間に2016年がやってきます。

このブログも今年はあと一回更新できるかなー。
ちゃんと新人戦はご報告いたしますよー。

とにかく、寒くなってきましたので風邪と怪我には気を付けてください。
手洗い・うがい・イソジン・エタノール・クールダウン・マッサージ&ストレッチですよー。

冬があっという間に過ぎると、今度は5年生+4年生チームは6年生+5年生チームとなり、埼玉県東部4種リーグ戦や全日本小学生大会予選、スポーツ少年団埼玉県大会などへの参戦が待っています。
子どもたちはこの4年から5年、そして5年から6年で驚くほど心も体も成長していきます。
いろんなことを楽しみに、寒い冬を心と財布だけは暖かく(笑)、元気に過ごしていきましょう。

それでは今回も、長文お付き合いありがとうございました!!
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://higashiwashinomiya.blog120.fc2.com/tb.php/109-1752d177

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

washinomiya

Author:washinomiya
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

占い

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる