Entries

4年生+3年生チームが久喜市内のスポ少U11新人戦で優勝しました!

ついに3月となりました。
2014年度もあとひと月。早いもので今月22日には東鷲宮FCの卒団式が予定されています。

私ごととなりますが、長男が小学校3年生だったときに3-1年の枠組みで1年間だけ今の6年生を指導させていただいておりました。
6年生ともなると、公式戦(4種リーグ、全少、埼玉県スポ少大会)と招待カップ戦、その他練習試合が目白押しで、なかなか小学校の練習グラウンドでお目にかかることも少なくなってくるのですが、それでもたまに見かけると、その背の大きさにびっくりします。

焦らなくとも、子供たちはどんどん成長して、どんどん親の身長に肉薄(もしくは簡単に追い抜いたり)していきます。
今のプレイや今の心の状態は、今しか見れないもの。
ぜひ保護者の皆様には、数年後…いや、数か月後を楽しみに、今を見守っていただければと思います。
まだまだ4-3年生は募集中ですよ。ドシドシ体験に来てください。楽しいですよー。。。スポーツ少年団。

さて、そろそろ・・・今年に入って、4-3年生はインステップキックの練習に入っています。
蹴る、止める、運ぶ・・・はこの年代だけではなく、すべてのサッカープレイヤーにおいて最も必要な技術。
止める・・・は結構上手くなってきた選手も多いのですが、“蹴る”はまだまだな子が多いのも事実です。

どうしても子供のうちは…特に学校などでの遊びのサッカーでは子供たちはとにかく「イケー!!ドリ!ドリ!ドリ!」とドリブルが大好きです。
それもある程度は悪くはないのですが、一方で「ある程度練習をした子供以上で行うサッカーの試合では、ボールが移動する速さが、人間が走る速さよりも絶対に速い」というのは至極当然な事実。
しかも、「ドリブルする人は疲れていくけれど、ボールは疲れない」のです。

実際、キック練習が不足しているためかお互いミスの応酬という試合はかなり多いですよね。

そんなわけで、サッカーの戦術は“とにかくボールを早く動かして、いろいろ知恵を絞りながらゴールまで近づいていく”という一点に収斂していくわけですが、そんなサッカーを実践するためにはとにもかくにも「遠かったり、近かったり、速かったりゆっくりだったり…いろんな場所にいろんなパスやシュートを“正確に”蹴る」ことが大切だったりします。

さて、今まで東鷲宮FCの4-3年生では、徹底してボールの真ん中を足の踝の下あたりでまっすぐ押し出して蹴るインサイドキックの習得を行ってきました。
まあまあの出来ではありますが(笑)、10回中5回ぐらいは狙ったところに蹴りだせるようになったんじゃないかなーと思います。
というわけで、とうとうインステップキックのお出ましです。



この動画は、甘いマスクで1990年代中ごろの大人気選手だったJリーグの左サイドバック、元日本代表10番岩本輝雄選手の往年の伝説の40メートルフリーキックです。
あまりのすごいライナー性のインステップキックに、キーパーはゴールされた後しばらく立ち上がることができませんでした。
実は彼は、私の生まれ育った横浜郊外の、自宅近所の中学校出身のスポ少出身プレイヤー(年も4歳違い…かな?)。
まあそんなことはどうでもいいのですが(笑)、彼はとにかく蹴ることが好きで、インステップキックの練習を、小学校二年生から卒業するまで毎日欠かさずやったそうです。

東鷲宮FCの4-3年の指導では、とにかく周りをきちんと見て状況把握をすること…を大切な課題においています。
この“周りを見る”という技術のためには、プレイ中に顔が上がらないことにはどうしようもありません。
それも結構遠くまで(年代によってこの距離は変わってきますが)を見る必要があるのですが、インサイドキックだけしかできず、近くだけのプレイをしていると、なかなか遠くまで視野が拡がっていきません。

「どうせ俺が蹴っても届かないしなあ・・・」と思いながらのプレーを続けていくと、なんだか視野が狭くなってきてしまうのだそうです。
逆にボールが良く蹴れる選手は自分が蹴れる(パスが届く)範囲まで顔を上げて目が届くようになる傾向があります。

そんなわけで、インステップキックの練習はまだまだ続きます。
遠くまで、しかも正確に蹴れるようになってくれば、ますます顔が上がり、プレーの選択肢も増えていきます。
もちろんロングボールだらけのサッカーは面白くないのですが、スペースを使う意図を持ったロングボールが蹴れるよう、一生懸命指導していくつもりです。
ますます東鷲宮FCのサッカーが面白くなるように、子供たちの岩本選手のような自主練にも期待しています(笑)!!



さてさて、2月22日には、平成26年度久喜市スポーツ少年団部会主催のU11新人戦(2015年4月から5年生となるチームが対象となります)が開催され、東鷲宮FCも4年生7人と3年生の名前順上から4人で参加してきました!!

IMGP5145.jpg IMGP5151.jpg
IMGP5165.jpg IMGP5179.jpg

まずは予選リーグ。
砂原FCさんと久喜東Bさんとの試合です。
危ないところがなかったわけではありませんが、よく頑張りました。
朝から雨が降り出しそうな空で試合開始を早めたため、アップもあまりできずに挑んだ一回戦の動きは“ボチボチ”でしたが、2試合目からは少しづつ、練習や紅白戦のような動きを出せていたように思えます。
そんなわけで、無事に一位通過で決勝トーナメントに進出です!!

IMGP5183.jpg IMGP5187.jpg
IMGP5193.jpg IMGP5204.jpg

準決勝は森下ドリームスさん、そして決勝は久喜東Aさんとの戦いを制して勝ち上がってきた久喜本町FCさんとの闘いでした。
2試合ともいい試合で勝つことができたと思います。
大きくピッチを使い、攻守の切り替えも結構できていたような気がします。

それでもまだまだ他人任せのプレーも散見されたかな。。。
ボールを奪われてすぐにボールを奪い返すのと、奪われて眺めてしまうのとでは、大きな差が生まれます。
ボールは奪われた本人がまずは取りに行くことによって、味方の守備の動きへと繋がっていきます。
攻撃も、ボールを持っていない選手たちの動きによって、より早くゴールまでボールを動かすことができます。
決勝では4年生のある選手が、素晴らしいループシュートを含むハットトリックを決めていましたが、もしかするとほかの子だってそのチャンスはあったかもしれませんよ。
もっともっと練習して、個として&集団として、楽しく強いサッカーをする5年生ー4年生チームになりましょう!!

とにかく・・・優勝おめでとう!
何度も何度も、こんな笑顔を魅せてください!!!




さてさて2月1日、3年生は花崎の多目的グラウンドにてこいのぼりリーグに挑みました。

立っているのもやっとの、久喜、加須名物の北風がゴーゴー吹き荒ぶ中の試合。

IMGP5081.jpg IMGP5082.jpg

あまりの風の強さに帰るチームもいくつかありましたが、「まあせっかく朝早く来たんだし、こんな経験もそうそうないから、やれるとこまでやってみようよ」という感じで最後まで参加しました。

ゴールキックがあわやオウンゴールになりそうになったり、ドリブルやトラップも少し誤ると風で相手にとられてしまったり…と、いつもとは勝手が違ったとは思いますが、それでもなんだかんだ言って楽しみながらサッカーができたと思います。

3年生はまだ8人。
普段は4年生と一緒にサッカーをすることが多いだけに、こうやって伸び伸びと自分たちのリーダーシップでサッカーをやる経験も必要ですよね。

もちろん、今の4年生のように強く、レベルアップを期待してますよ!!




さて、今後の通常練習以外の予定となりますが、

3月08日(日曜日) 3年生こいのぼりリーグ最終戦(花崎多目的グラウンド)終日
3月15日(日曜日)柏レイソルサッカースクール(幸手陸上競技場)
3月21日(土曜日)練習試合VS原点FC(杉戸カルスタ)
3月22日(日曜日)親子サッカー&卒団式
以降春休み

となります。
今年度もあと少し!春が来るのもあと少し。楽しんでいきましょう!!!
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://higashiwashinomiya.blog120.fc2.com/tb.php/100-d5474a05

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

washinomiya

Author:washinomiya
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

占い

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる