Latest Entries

4種リーグ戦も残すはあと一試合。夏の終盤にある試合を楽しみに、今はたくさん練習しよう!オラ、ワクワクしてきたぞ!!

先月も焦って記事を書いたような気がしますが、あっという間にひと月が経ちました。
梅雨明け宣言はまだのようですが、連日35度を超える猛暑が続いています。
写真は追々追加更新いたしますが、ひと月更新しないと広告がたくさん出てしまうので(笑)、まずは現在のチームの様子をテキストのみでお伝えしようと思います。

とにかく、悟空ではないですが、
「オラ、ワクワクしてきたぞ!!」
という状況ですよーーーー!!

熱射病や体調に気を付けながら、東鷲宮FCの6年生を中心としたトップチームは、8月27日に行われる第46回埼玉県サッカー少年団大会東部北地区予選、そして9月の第一日曜日に行われる第11回埼玉県第4種サッカーリーグ選手権東部北地区リーグ後期最終戦での勝利を目標に、頑張っています。

4種リーグ戦も東部北地区Dブロックは、すべてのチームが残すところあと1試合となりました。

20170720_1.jpg 20170720_2.jpg


7月の上旬での4種リーグ後期第三節の2試合に勝利した東鷲宮FCトップチームは、勝ち点22。
トップを走るあけぼのFCは勝ち点39、2位の久喜東FCは34です。この2チームはブロックの1位2位が各々確定しています。

4種リーグ戦で埼玉県サッカー協会からの表彰のある3位、東部地区予選プレーオフへの参加権が得られる4位を争っているのが、FC栗橋南ウィングス、加須礼羽SSS、そして我らが東鷲宮FCの3チームです。

20170720_3.jpg 20170720_4.jpg


現在までの勝ち点はそれぞれ、FC栗橋南ウィングス21点、加須礼羽SSS19点、そして我らが東鷲宮FCが22点です。
あくまでも今までの戦績からの想像ですが、最終戦でFC栗橋南ウィングスと加須礼羽SSSは勝利して勝ち点3を積み上げる想定を東鷲宮FCはしておいた方がいいかもしれません。

東鷲宮FCの最終戦の相手は、無敗でトップを走るあけぼのFC。
最終戦の2チームの結果が上記のような想定だとすると、東鷲宮FCは、あけぼのFCに勝利して単独3位、引き分けで単独4位、負ければ加須礼羽SSSと同率4位で順位決定戦へと回ることになります。

20170720_5.jpg 20170720_6.jpg


これはまさに、ドラゴンボール・悟空の「オラ、ワクワクしてきたぞ!!」じゃないですか!!

この地区でのジュニアの最強豪チームの一つと、自力での表彰、自力でのプレーオフ参加権獲得目指した真剣な試合ができる!!
そして勝利にどのぐらい近づけるかは、この夏の練習にかかっているわけです。

「夏は少年を、ひとまわりオトナにする」ですよー!!!

20170720_7.jpg 20170720_8.jpg


大きな、そしてとてもいい目標ができました。
あけぼのFCとの前期での試合は、得点こそ1-2でしたが、試合の局面ー局面では随所に実力差、個人差を感じる結果であったことは否めません。

もちろんどのチームにも夏休みの練習があり、どのチームもさらにグイッグイッと伸びることは間違いないでしょう。

だからこそ、「やりきった!!」と言えるぐらい練習しよう。
自分は上手くなった、チームは強くなった!!勝てる!!!と胸を張って、8月27日に行われる第46回埼玉県サッカー少年団大会東部北地区予選、そして9月3日に行われる第11回埼玉県第4種サッカーリーグ選手権東部北地区リーグ後期最終戦のピッチに立とう。

20170720_9.jpg 20170720_10.jpg


大きな目標には、獲られるはずの“何か”が絶対必要。
その“何か”が明確になった東鷲宮FCの選手たちは、きっと“持っている”と思う。

ますます夏は暑くなっていきます。

7月最終週には茨城県八千代町での大きな大会に参加、そして8月5日6日には合宿もあります。

毎回の練習を、試合…公式戦と同様の強度で、やりきっていこう。
努力に対しての未来の結果は決してイコールではないかもしれないけど、かならず一回りも二回りも大きくなれる夏にするように、頑張っていきましょう!

楽しみな夏休みがやってきます。

そして、もっともっと楽しみに埼玉県少年団大会、4種リーグ最終戦を迎えましょう!!!

小学生年代の差なんてのは、キモチと努力で凌駕できると思い込もう。だから、自らスイッチを入れよう!!と、挑んだ6月後半のカップ戦でした。

更新途中のラフな書き殴りです。
校正すらしていません(笑)。
FC2ブログはひと月更新をさぼると、広告がたくさん出ちゃうので焦って更新!です。

埼玉県東部北地区4種リーグ選手権県大会予選の後期も残すところあと3戦。
Dブロックにて、東鷲宮FCはとても苦戦しています。

リーグ戦でブロック1位を勝ち取ることによる埼玉県4種選手権出場はほとんど可能性がなくなり、さらに全国少年サッカー大会埼玉県東部地区予選へのプレーオフ出場を賭けたブロック4位以内も、土俵際の段階です。

選手たちはよくやっています。
結果だけ見れば、強豪相手に最少得点差のいい試合もしています。

確かに点差以上の実力差があるのかもしれません。
でも4種リーグも後半が近づいてきて、選手たちには、次第にキモチのスイッチが入ってきました。
明らかに個人スキルで勝る相手に先制された後、それでも踏み堪えて相手の精神的優位性のモメンタムがつかないようにすることは、少年の時の得点を競う競技スポーツではとても大切なスキルとも思います。

4種リーグは一旦休止期間となり、
6月後半には、鴻巣と久喜で行われた、大きな大会に出場してきました。

そこのテーマはやっぱり“キモチ”。
「苦し紛れのパスを出すなら、味方を助ける大きな声を出そう!」

絶対勝ちたい!から絶対今日勝つ。この瞬間勝つ。この一対一で勝つ。。。というキモチが前面に出せるようになること、大きな声が自発的に出せること…をテーマに、挑みました。

セレクションされてきたわけでも、平日にバリバリ練習できる環境にあるわけでもない町の少年団。
残念ながら、私の10年程度の経験でも、卒団して中学生になってサッカーを続ける子は7-8割程度。
高校生になると半分ぐらいの割合となります。

もちろんスポーツはサッカーだけではなく、団体競技だけでもなく、中学、高校からでも始められる素晴らしいスポーツは他にもたくさんあるから、それはそれでもいいんです。
じゃなきゃ、アメフトとか総合格闘技なんて日本でやる人はいなくなっちゃう。
いやいや、スポーツじゃなくて、俺は勉強に賭けてみる…なんて子が出てきても、それは大歓迎なんです。

でもね、小学生の時のサッカー小僧は、ほとんどみんな、小学6年生の時の夢はサッカー選手。
それは少年団だろうが、クラブチームだろうが、サッカースクールにしか通っていない子どもの大半だってそうでしょう。
もう一つ大切な事実は、子供たちは育成されているなんて気持ちはさらさらなく、今日のこの試合に自分が出て、チームとして勝ちたい・・・それがその日の最大の楽しみ。

だったらまずはそれが叶うように、叶えて上げれるように、精いっぱい大人も子供も今日と明日を頑張ろう。
明日の試合、何が何でも絶対勝とう!!ってキモチを土曜日の練習で全員で共有しよう。

小学生の時の実力差なんてものは、たった一日の勝利なら、努力とキモチで凌駕できる!
努力とキモチと大声の無いところには、不意に落ちてくる運も手繰り寄せられない。
・・・そう思い込まなきゃ、これから大人になっていくのが楽しくないじゃないですか。
小学生の時の「あいつに敵わないなー」は、成長過程のいつかの笑い話だったりするんですよ。

競技スポーツってのは、古代ローマの時代から、着飾った観客より裸に近い恰好で、汗と鼻水をたらしまくりながら、大声を上げて、時には怒鳴り合い、時には喜びあいながら、それでもなぜか美しく、カッコいいように作り上げられてきたんです。

「だからさ、その場に立っているみんなは、もっともっと大声を出して、悔しがったり喜びあったり泣き合ったり笑いあったりしよう。
だってそれは、とってもカッコいいことじゃないか。」

・・・そんな、なにか“キモチのスイッチ”みたいなもんが、オトナもコドモも、選手も指導陣も各自押せた6月後半となりました。

まだ更新途中のラフ文章ですが、まずはキモチの入った写真をアップしておきます。
わざわざカメラマンとして、単身赴任中の愛知県から駆けつけてくれたOパパ。
ありがとうございました!



(なぜか毎年、4種リーグ戦には最低一日、とんでもなく風が強く、土ぼこりが舞い捲る日があります。東鷲宮FCにとって大切な、久喜東FCとの2戦目はそんな日で、スコアは0-1でしたが、完敗に近い負けを喫しました。)
201706112.jpg 201706113.jpg

(相手もボールも、そして土ぼこりも怖がらない。強いキモチで努力の成果を出そうとする勇気。全てがあって、サッカーができる。)
201706114.jpg 201706171.jpg

(久喜いちょうカップ。たくさんの地域から招聘されたチームと闘える、楽しいカップ戦。とにかく声を出す。まずは声が、キモチの発露の第一歩)

201706172.jpg 201706173.jpg

(コーナーキックからの得点、ヘディングの得点を強みにしよう!ってのは4月にみんなで共有した戦術。そこには物理的な頭も、知恵を出すアタマも必要)
201706174.jpg 201706111.jpg

201706175.jpg 201706176.jpg

(鴻巣篠崎運送倉庫カップ。人工芝での大会。6月にしては涼しい日でしたが、かなり熱い戦いができました。キモチのスイッチを、自ら押せた選手が多かったと思います。こうなったらシメタモノ)

201706181.jpg 201706182.jpg

201706183.jpg 201706184.jpg

(事後の文句のための声は、徐々に卒業していこう。これからは予測して、仲間を助ける声。。。いや、大声)
201706185.jpg 201706186.jpg

201706187.jpg 201706188.jpg

何度も書きましたが、この6月の後半のカップ戦連チャンは、やってよかった思っています。

選手たちがここまで来てくれたら、我々指導陣ももっともっと努力して、選手たちの今日を、“思い描いているもの”に近づけてあげたいと思います。

夏の練習が楽しみになってきました。
そして8月の終わりには、埼玉県少年団サッカー大会、9月には4種リーグ戦最終戦の強豪あけぼのFCとの試合が待っています。

選手は、枯れるまで、声を出して行こう。
人任せにせず、激しく動いていこう。
そしてオトナは、「球離れが多少悪く」ても、「後ろがドッカンドッカン蹴っちゃって」も…そこに“個々のチャレンジ”と“予測に基づいた判断”がベースにあるのなら、試合中は熱く応援して、試合後はハッピーに総括しましょう。

今回も長文にお付き合い、ありがとうございました。

第11回埼玉県第4種サッカーリーグ戦東部北地区後期組合せが決定しました。今回は写真が盛りだくさんです。

前期の“激闘”“喜びと悔しさ”の記憶もまだまだ新鮮な5月ではありますが、6月4日(日曜日)に第11回埼玉県第4種サッカーリーグ戦東部北地区後期リーグが始まってしまいます。
5月中旬に地区ミーティングが開かれ、日程と組み合わせ、会場が決定しました。

2017052218.jpg 20170512前期終了時点

6月4日に始まり、9月3日に終わる長丁場。
さらに暑い夏季の試合となります。

上の画像にあるように、前期終了時点での順位は同勝ち点で4位なものの、前期の終盤は上位チームと非常にいいサッカーができてきた東鷲宮FC。
後期は取りこぼしの無いように頑張り、全日本少年サッカー大会の東部地区プレーオフの参加権が獲得できる4位以内を目指すことはもちろん、一つでも上の順位を目指して行きたいと思っています。

東鷲宮FCの6年生は10名。夏ということを考えると、8人制40分の試合でも13-14名の選手は必要。
選抜される5年生3-4名とともに、5月28日(日曜日)からトップチームとしての練習は再開されます。

目標はあくまで後期全勝。
組合せでは後期第一節から、前期2位の強豪との試合が待っています。

とにかく悔いの残らないように、精いっぱい練習をして、いい準備で4種リーグ戦に向かいましょう。

練習は“平等”に。
そして「日々の練習や努力の結果」である試合は“公平”に。

トップチームとして参加する公式戦である限り、ベンチメンバー14人は学年問わず常に公平にチャンスがあります。
「勝ちたい」というキモチを強く持って、いい準備をして、ぜひ元気に楽しく、強度の高い試合をしていきましょう。

「周りをよく見る」「自ら動きだすオフザボールの動き」「インサイドキックとトラップ」「ヘディング」と強化するテーマを付加しながら練習してきた東鷲宮FCの6年生達ですが、最近はこれに「インステップキック」が加わりました。

私の個人的にインステップキックでのフリーキックの名シーンと言えば、このベガルタ仙台時代の岩本輝雄選手のフリーキックです。
ぜひ、ご覧ください。




さて、4種リーグの前期が終わり、6年生10名の単位で動くことの多かった5月中旬は、多くの練習試合を経験することができました。
幸手市、川越市、草加市、杉戸町などの普段顔を合わせにくいチームとの、6年生だけでの練習試合は、4月からの2か月で散々練習した“オフザボールの動き”と“サイド攻撃”を強く意識して臨みました。

トップチームとしての公式戦の緊張感とはまた違った、少しだけ気分的にチャレンジしやすい空気感の中、たくさんのいい写真が撮れました。
今回はそんな東鷲宮FC6年生の写真をたくさん紹介させていただきます。

(大宮アルディージャサッカースクールにも参加しました)
201705224.jpg 201705225.jpg
(幸手さくらSSS、幸手FC戦)
201705221.jpg 201705227.jpg
(幸手FC戦)
201705226.jpg 201705228.jpg
201705229.jpg 2017052210.jpg
2017052211.jpg 2017052212.jpg
(草加FCひまわり戦)
2017052213.jpg 2017052214.jpg
2017052215.jpg 2017052216.jpg
(幸手さくらSSS戦)
2017052217.jpg 写真 2017052220

夏のようないい天気の下で、幸手総合運動公園の天然芝で2日間にわたって朝から夕方までたくさんの練習試合ができました。
かなり日焼けして、4種リーグの後期に向けてさらに逞しくなった、東鷲宮FCの6年生達でした。

5月20日の夜、ナイターにて埼玉県久喜市U12トレセンのセレクションが行われました。

201705222.jpg 201705223.jpg

東鷲宮FCからは4名の選手が合格。
トレセンは個人のスキルを磨く場。
合格したメンバーは、ぜひ埼玉県東部トレセンを目指して、頑張ってください!!

今回も、長いブログにお付き合いありがとうございました。

それではいい準備をして、4種リーグ後期に向かっていきましょう!!!

【速報】第11回埼玉県第4種リーグ戦地区予選、前期最終節。トップを走る強豪チームに爪痕は残せたものの負けは負け。後期に向けてまた練習です!

2年ほど前のNHKの番組、「勝てない相手はいない~錦織圭 成長の軌跡~」。
そこで錦織圭選手のコーチであるマイケル・チャンが言っていた言葉がすごく印象的で、ずっと覚えています。

「人生もテニスも成長するほど新しい壁が立ちふさがる。
それに対して人間だから、いつも正解を出せる必要は無いし、いつも勝利ばかりではない。
勝ったときには謙虚さを、負けたときには潔さを学べば良い。」
そうやって学んでいって、課題を認識してさらに練習をして、肉体だけではなく精神の闘いでも負けないようにしていけば、“勝てない相手”はいなくなる。。。

少年ジャンプのかつての大人気漫画、「ドラゴンボール」や「リングにかけろ」のように、スポーツは頑張って練習して鍛えていけばいくほど、上のレベルに行けばいくほど、さらに“敵いそうもない新たな相手”が出てきて、そこで悔しさや挫折、喜びや嬉しさ、楽しさを感じながら自らを成長させていける最高の活動です。

今回の4種リーグの埼玉県東部北地区Dブロックは、スロースタートではあったものの東鷲宮FCトップチームにとっては、そのスポーツ活動の醍醐味を存分に味わうには持ってこいのブロックでした。

そして迎えた5月7日前期最終節。
このひと月でメキメキと力をつけてきた東鷲宮FCトップチーム。
前期最終節では、昨年12月の新人戦で東部北地区制して第11回埼玉県第4種新人戦中央大会へと進んだ強豪クラブチームのあけぼのFCと対戦することになっていました。

傍から見れば、今回の4種Dブロックリーグ戦で“すべての試合に圧勝”で、トップを無失点でひた走っていたあけぼのFC。

「負ける気は全くないからね!!」
試合前のミーティングで、我々指導者たちと、選手たちは、互いに顔を見合わせながら意志を共有しました。

前節の久喜東FCとの対戦で、自分たちに着実に力が付き始めていることを実感している選手たちは、負けるつもりはこれっぽっちも持たない闘志に満ち溢れた顔で、ピッチへと向かっていきました。

「絶対1点取ってやる!」
「違うよ!点取るだけじゃないよ!!!勝つんだよ!!」

20170507IMG_4195.jpg 20170507IMG_4202.jpg

とはいえ、久喜市あけぼの幼稚園のサッカースクールからの、一貫したサッカースタイルでの長きに亘るチーム作りをして、さらにこの地域では卓越した個人技を持つ選手の多いあけぼのFCに対しては、やはり守勢に回ることが多かったのも事実でした。

ゲーム序盤はかなりのビッグチャンスも生まれ、高い位置からの守備で相手ゴールを幾度か脅かした東鷲宮FCでしたが、徐々にショートパスとドリブルのブレンドで中央から攻め込んでくるあけぼのFCに、低めの位置で食らい付いていくのが精いっぱいになってきました。

20170507IMG_4171.jpg 20170507IMG_4169.jpg

ベンチにも応援している保護者の皆さんにも伝わる、熱く堅い守備は出来ていたと思います。
ただし守備から攻撃への切り替えが課題の東鷲宮FCは、奪った瞬間にエアポケットのような間ができてしまうことは否めませんでした。

ペナルティエリア付近の混戦から押し込まれ、前半終了時は0-2でした。

20170507IMG_4157.jpg 20170507IMG_4156.jpg

後半も、同じような力の入った試合が続きました。
前半以上に東鷲宮FCは熱い守備と走るサッカーを押し通し、相手ゴールを脅かす機会も増えていきました。

ベンチ入りした6年生、5年生14名が全員出場した後半19分、アグレッシブな守備が相手のファールを誘い、センターサークル付近でのフリーキックの機会を得ました。



キャプテンの長い距離の無回転フリーキック。
狙ったか、狙ってなかったか…は置いとくとしても、無回転でキーパーの前で落ちる、最高のフリーキックでした。

「1点とったぞ!!」
選手たちは口々に叫んでいました。
「本当に何が起こるかわからない!!」
選手のお母さんの声がベンチまで聞こえました。
試合時間はあと20秒程度となっていました。

そのあとのラストチャンスは惜しくもキーパーに阻まれ、東鷲宮FCはあけぼのFCに爪痕は残したものの、1-2で負けてしまいました。

充実感と自信に満ち溢れた、試合後の選手たちに、あえて言いました。
「いい試合だったし、どのチームよりもあけぼのFCを苦しめたかもしれないけど、でも負けは負けだよ。次の前期最終試合、上高野SCとの試合に勝たないと、後期どんなに頑張っても上位大会進出がすごく厳しくなってくるよ。あと1試合、切り替えて練習の成果を出して頑張ろう」

20170507IMG_4286.jpg 20170507IMG_4277.jpg

上高野SC戦は、非常に見ていて面白い、自由な戦いができたと思います。
前半1点先制されたものの、すぐに素晴らしいロングパスからFWの飛び出しでのゴールで追いつき、そして後半にいい形から2点とって逆転です。
上の写真は後半の2ゴールのシーン。
美しくはありませんが、絶対に点を取る!という力強いキモチからの、非常にいいゴールでした。

20170507IMG_4213.jpg 20170507IMG_4275.jpg

ボールを絶対に奪取する!という強度の高い守備から攻撃への切り替え。
後期が楽しみになる、そんな一戦を闘い、3-1で勝利しました。

20170512前期終了時点

というわけで、第11回埼玉県第4種リーグ戦地区予選、前期は終了し、6月からの後期に向けての猛練習期間が始まります。
久喜東FC,あけぼのFC、上高野SCという前期終盤の3試合は、本当にいい試合ができたと思います。
後期は全勝を目指し、全日本サッカー大会埼玉県東部地区予選へのキップをつかむために、精いっぱい頑張りたいと思います。

選手は公式戦などの真剣勝負を経験することで成長していくもの。
平等な練習を行い、全選手に公平で緊張感を持った試合の中で、どれだけ練習の成果を発揮できるか。
その繰り返しが、子供たちをサッカー選手として、そして一人の人間として成長させていくと思っています。

そろそろ暑い夏がやってきます。
サポートよろしくお願いしますです!!

今回も長文にお付き合いありがとうございました!!

【速報】2017年度、第11回埼玉県第4種サッカーリーグ戦東部北地区開幕。桜流しの大雨でのスタートだけど、希望は散らない。

第11回埼玉県第4種サッカーリーグ戦東部北地区予選、2017年4月9日開幕。
本日はGWですので既に3週間も前のことですが、開幕戦のこの日の朝は、すぐにも泣き出しそうな暗い曇り空でした。
東鷲宮FCの第一節キックオフはその日の2試合目、10時。

そして第一試合が終了した9時50分ぐらいから強く降り出した桜散らしの雨と風。
粘土質の土のグラウンドが、グチャグチャの水田のような状態になるには時間を要しませんでした。
青のユニフォームの東鷲宮FCとオレンジのユニフォームの礼羽SSS。
だけど試合が進むにつれて、両チームの青と橙のユニフォームは泥まみれで“土色”となっていきました。

東鷲宮FC、2017年度トップチームの公式戦のスタート。

ジュニア年代のサッカーは「楽しくできればいい…勝ち負けにこだわらずに…」という言葉もありますが、
我々指導部は、
ジュニアの選手たちがトップチームとして真剣に勝ち負けにこだわってこそ“楽しめる・掴める”何かがある…
「負けてもいいや」とは一ミリも思わない“真剣勝負の遊び”から自発される「すっげえ楽しかった」という実感がある…
ということを信じて、公式戦への指導をしていくつもりです。

そこには喜びや嬉しさ楽しさと同じぐらいの、挫折や「ちくしょー!」があることでしょう。
この一年、選手にとってだけではなく、選手の周りの様々な人たちにとっても、これから本当にいろんなことがあるんだろうな…と予兆させるには十分な、泥だらけの公式戦幕開けでした。



開幕戦から遡って1週間前の4月1日土曜日。
2017年度新体制の東鷲宮FCは、3月中旬に若木骨折して治療中の新キャプテンの元気な挨拶でスタートを切りました。

20170401IMGP1544.jpg 20170401IMGP1545.jpg

始業式前のこの日は、4年生以下はまだお休みで、新5年生は希望者のみの練習。
トップチームとなった新6年生10名と新5年生選抜4名は今日から合同練習となりました。

20170401IMGP1546.jpg 20170401IMGP1547.jpg

緊張した面持ちの選抜4名を加えて、いつも通りフリーランのアップから練習はスタートしました。

とにかく動きながら首を振って周りを見て“スペース”の情報収集をする。自分の周りのスペースをできれば“逆サイド”まで認知する。そしてその認知したスペースを最大限味方と共に活用できるよう“自分から”動き出す。

新6年生にとっては散々言われ尽くされたフレーズでも、新5年生にとっては初めてのことだらけ。
戸惑いながら、悩みながら…緊張感と疲労の中でも着いてこうとしている選手たちが印象に残りました。

飛び級の選手たちも、もう少し早く合流できていたら良かったのでしょうが、それは組織の構成上仕方のないこと。
埼玉県4種リーグ戦の開幕は、泣いても笑っても1週間後です!!

小学校グラウンドの桜はまだ七分咲でしたが、来週はきっと満開になるはずです!



ということで4月9日。サッカーにはかなり悪いコンディションの中で、加須礼羽SSS戦のキックオフの笛は鳴らされました。
試合開始を待たずに降り出した雨は、動いてスペースを活用するポゼッションサッカーを標榜する東鷲宮FCにとっては厳しいものとなったかもしれません。

それでも試合は、東鷲宮FCが押していたように思います。
ただし、何本ものシュートはすべてキーパー正面。
そうこうしているうちに雨はさらに強まり、グランドは田んぼのようなグチャグチャ加減になってきて、インサイドキックは全く転がらなくなってきました。

20170409IMG_5090.jpg 20170409IMGP1561.jpg

選手交代でできた一瞬の空白。
そしてサイドバックの選手の足が泥濘で滑ってしまい、できた小さなゴール前のスペース。
攻めても攻めても点が入らないときの試合ほど、あっけなく点を取られてしまうものです。

その後もどしゃ降りの中、慣れないトゥーキックや大きく蹴るサッカーを駆使して、選手たちは果敢に攻め込みましたが、ゴール直前で止まってしまうシュートなどが数本あり、初戦を0-1で落としてしまいました。

試合後、骨折した右手首をカバーしていたテーピングとサポーターを泥だらけにしたキャプテンが、「まだ始まったばかりだし!」と、自分に語り掛けるように叫んでいました。

この時期に降る雨を桜流しの雨というらしいですが、東鷲宮FCの夢と目標は、まだ流れたわけではありません。
非常に悔しく重い敗戦ではありますが、胸を張って次節へ向かった東鷲宮FCでした。




第二節は前節とは打って変わり、春の陽気の最高のサッカー日和の中で行われました。
グラウンドも水はけのよい加須花崎多目的グラウンドに変わり、東鷲宮FCはイキイキといつものサッカーを“やろうとすることができた”と思います。

20170416IMGP1582.jpg 20170416IMGP1637.jpg

この日は、ベンチの14名すべてが出場することができました。
行田サウスフェニックス戦は5-0で勝利。
杉戸倉松SSS戦も3-2で勝利することができました。




第三節、は暑くて風の強い日となりました。
対するはFC栗橋南ウィングスと久喜東FC ・Aチーム。
新6年生だけだったとはいえ、FC栗橋南ウィングスには2月の久喜市新人戦で惜敗しています。
さらに久喜東FCには、この学年はこの数年間ずっと強さを見せつけられて、苦杯を舐め続けてきました。

今回の4種リーグ戦埼玉県東部北地区予選では、東鷲宮FCはDブロックに属しています。

Dブロックは、クラブチームのあけぼのFCが頭二つほど抜けている他は少年団同士実力拮抗。
JFA発の4種リーグ戦の理念とも言える「ホーム&アウェイの長期に亘るリーグ戦の中でサッカーの力をつけていく」を実践するには持って来いのブロックとなりました。

ブロックで1位は第11回4種リーグ選手権埼玉県大会及び2017年度全日本少年サッカー大会埼玉県予選東部大会へ進出。
また2-4位までに入ると、2017年度全日本少年サッカー大会埼玉県予選東部大会プレーオフへの参加権が与えられます。

20170429IMGP1659.jpg 20170429IMGP1664.jpg

初戦を落とした緊張感が選手たちにはありました。
以前惜敗、苦杯を喫しているこの2チームに、今日はどうしても勝たねばならない…と。

両試合とも、押せ押せの内容を選手たちは展開してくれました。
1試合目のFC栗橋南ウィングス戦は緊張感や焦燥感も感じられ、押しながらのスコアレスドローでしたが、
2試合目の久喜東FC戦では、土俵際での“伸び伸びとしつつも勝利を目指す真剣勝負”を展開してくれたと思います。

ミスからの不運な1点以外は、全ての選手がディフェンスの場面ではインターセプトを狙い、攻撃の場面では選手が連動して動くサッカーのいい形からシュートまで持っていける、この1か月一生懸命やってきたサッカーが随所に顔を出していました。
ポスト直撃を含め、シュートも、ボール奪取も、そして声の量も東鷲宮FCのほうが多かったように思います。

久喜東FC戦は0-1で惜敗。
残念ながら結果は出ませんでした。
でも、次につながる試合が出きたと思います。
「この1か月で、チームのサッカーがすごく変わりましたねー!この試合、見ててすごく面白かったです!!!」
とある保護者ママのこの言葉と、「もっと頑張れば絶対勝てた。まだまだ気持ちが足りない!」と頬を赤くして試合後に喋っていた選手たちがいたことが、我々指導者にとってはとてもうれしかったです。

失点に絡むミスをして、そこから同じミスを幾度かしたと泣いている選手もいました。
真剣に勝ちたいと思えばこその、「チキショー!!」や涙は、あって大いに結構だと思っていますので、我々はしばらく声をかけませんでした。
ミスはもちろん技術的な側面もありますが、試合中では往々にしてメンタルのぶれが原因のケースがあります。
泣いて、立ち直って、また練習して、そしてあの時は自分がネガティブになっていた…と早く気が付くことが、勝ち負けを競うスポーツでレベルアップしていく要件の一つだと私は考えます。

彼は、試合後に学校のグラウンドで笑顔で自主練習を他のチームメイトとしていたと聞きました。
それも、この日あった、非常にうれしかったことの一つです。




4種リーグ戦、埼玉県東部北地区Dブロック予選も、前期は残すところ5月7日のあけぼのFC戦、上高野SCの2試合を残すのみとなりました。
あけぼのFCが連敗をする可能性が低いことを考えると、東鷲宮FCのDブロック1位通過は非常に厳しい状況になったと言わざるを得ません。

それでもまだ、2位から4位までのプレーオフに進出する可能性は残っています。
この1か月でのチーム力、個人の力の向上を考えれば、その可能性はかなり高いと我々は真剣に思っています。

今年度の目標は、2017年度に3つある公式戦いずれかでの県大会への出場。

もっともっと、プレイしている選手たちはもちろん、そして見ている保護者の皆さんや指導者たちもワクワクするサッカーを体現できるように、頑張っていきましょう。

最後に僕のやる気ソングで、今回のブログはお別れです。また来月!!

2016年度卒団式、おめでとうございます。そして君たちの強いキモチは、2017年度トップチームへ引き継がれます。

「未来に発展も変革も無いと信じる理由は無いのである」
“サバイバー…ナチスドイツのホロコースト政策の生き残り”であり日本でも有名なバレーボールの名将、アリー・セリンジャーの有名な言葉です。

地区で勝ち続けて2016年度の3つの公式戦全てにおいて県大会に進出し、そして上位の県中央大会や選手権大会で力の差を感じて負け続けた君たちに、本当に送りたい言葉です。

2017年3月18日は非常にいい天気でした。
そして、我々をこの一年間本当に興奮させてくれて、喜ばせてくれて、一緒に悔しさを嚙み締めさせてくれた2016年度東鷲宮FC6年生チームは、この日卒団式を迎えました。

6年生から1年生まで…東鷲宮FCの朝の整列はずいぶん長くなりました。
私は今年でこのグラウンドにコーチとして週末立つようになって丸10年になりますが、学年に3-4人しかいなくて寂しく練習をしていた8年ぐらい前を思い出すと、本当に感無量な“長い列”です。

何十回も見た光景ではありますが、2016年度キャプテンの「おはようございます!!」の大きな声の挨拶も今日で最後かと思うと、少し寂しくなります。
挨拶のあと、今日は全学年、親子サッカーを楽しく行いました。

20170318IMGP1439.jpg 20170318IMGP1458.jpg

ずらりと並んだ22個のトロフィー。
今年度トップチームが、1年生の時から地域の大会でコツコツ努力してきた、まさにその成果です。

今年度トップチームの目標は、「県大会で1勝する」でした。
公式戦すべてで県大会出場を勝ち取りましたが、残念ながら県大会での1勝を叶えることはできませんでした。

「あんなにたくさん練習して、あんなに長い期間予選を戦ったのに、県大会はあっという間に終わってしまった」
卒団生の一人が言ったその言葉は、体験したものにしかわからない、本当に重みのある言葉だと思いました。

20170318IMGP1460.jpg 20170318IMGP1466.jpg

式の中盤で、4種リーグ戦県中央大会選手権大会の1回戦、浦和レッドダイヤモンズJr戦の映像が流されていました。
攻め込まれ、ぶち抜かれ、翻弄され…
相手の速さ、上手さが、静止画からでも伝わってきました。
大きなスクリーンに映る画像を見ている6年生の顔は、いまだに悔しさが滲み出ているようで、なんとなく安心しました。

足の速さ、足もとの上手さ、体のあたりの強さ…
“敵わない”と思ってしまったのは、浦和レッドダイヤモンズJr戦だけではなかったと思います。
第45回埼玉県サッカー少年団県中央大会のNU広谷戦でも、それは強く感じたことだったかと思います。

「未来に発展も変革も無いと信じる理由は無いのである」
これをすれば必ず成功する。こういう差があれば勝てっこない…って、当たり前のように疑っていないものがあるけど、本当に未来永劫そうだろうか?
それは違う。
だから、今の“当たり前”を凌駕するようなことを、人に教えてもらうんでなく自ら考え続けないとだめだよ。
と解釈できる、教訓の言葉です。

卒団式の涙は、次のステージへの合図です。
未来を作るのは、自分以外の何者でもありません。

自ら考え続けて、一つ上の何かを作り上げていくことは、努力して上を知って、そして上には上があることを思い知らされた今年の6年生には、さほど難しいことではないと思うのです。

20170318IMGP1464.jpg 20170318IMGP1472.jpg

東鷲宮FC伝統のキャプテンマークの新キャプテン、新副キャプテンへの引継ぎ、そして人間トンネルによる卒団生退場で、式は幕を閉じました。
大泣きしていた6年生たちでしたが、最後は笑顔エガオえがお!!です。

20170318IMGP1477.jpg 20170318IMGP1487.jpg

「フィジカルにもテクニックにも、決して秀でていなかった」…と、卒団式の挨拶で謙遜する6年生達でしたが、それは別にしても…逆転勝ちの多かったことが証明する“強いキモチ”は、私の贔屓目かもしれませんが、他のチームと比べても抜きん出ていたと僕は思っています。

その強いキモチを引き継ぐのは、2017年度トップチームです。
今日は、まだ袖を通すのに慣れていない、東鷲宮FCトップチームのユニフォームを着て、4月9日に開幕する第11回埼玉県第4種サッカーリーグ戦登録用の集合写真を撮りました。

20170318IMGP1456.jpg 20170318IMGP1446.jpg

このユニフォームで、4月9日に開幕する「第11回埼玉県第4種サッカーリーグ戦」を、2017年度トップチームは闘っていきます。
またまた喜び、悔しさ、挫折、嬉しさ、が入り混じる一年間が始まります。

勝利を目指すものがスポーツであり、その先に喜びがあります。
闘うのは選手の君たち。
「勝ちたい、喜びたい、夢を叶えたい」…そう思うのは、スポーツ少年団の選手も民間クラブチームの選手も、何ら違いはありません。
違いがあってはいけないし、だからこそキモチで負けたらそこでゲームセットです。
子供は、ぜひ勝つことに“こだわって”、頑張ってほしいと思います。



最後に…5年前の卒団式のブログで書いた文章と同じですが、再掲させていただきます。

卒団する6年生チームのみんなへ
(いつか、偶然このブログを目をしたときがあれば…と思って、私が子供の頃に大好きだった本、「苦しみの中から立ちあがれ」を参考にして書きます。)

人には誰にでも、生まれつきその人にしかできないことが備わっています。
どんなに自分で自分のことを、自分はダメだ…と思ってみても、そういうものは生まれながらに存在します。

だから…これからいろんなことがあると思います。
「あの頃が一番楽しかったな・・・」と、小学校のグラウンドを見て思う時があるかもしれません。
それでも、投げやりにならずに自分に期待してください。
自分に期待しなかったら、自分がズバリ望むことに対して誰が期待してくれるのでしょう?
これからは、自分で自分の場所を見つけ出す旅となるでしょう。
小学校の卒業や、スポーツ少年団の卒団は、その船出の合図です。

我々コーチは、君たちのカセとなっている重い石を持ち上げる、お手伝いの役目なら、ほんの少しできたかもしれません。
でもそれを転がすのは君たち自身です。
君たちが、君たち自身の力で、どこまでも転がし続けないといけないのです。

ずーっと、応援しています。
頑張ってください!

そして、たまには小学校のグラウンドに遊びに来てください!!

未来は君等の手の中!です!!



【速報】2017年度、第11回埼玉県第4種サッカーリーグ戦東部北地区予選リーグのブロック抽選会に行ってきました!

冬もこの時期になると、身体は寒さに次第に慣れてきましたが、それでも風の強い日などは足元がゾクゾク―とふるえたりします(笑)。
インフルエンザはまだ猛威をふるっているようですが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?
たまにはお子さんと一緒に、春が来るまでにリフティング300回!とかやってみて、お子さんの大変さを分かち合うのも、寒さを吹き飛ばす“一つの手”かもしれませんよ(笑)

ということで、ようやく東鷲宮FCスポーツ少年団として参加する、サッカー協会絡みの2017年度公式戦や閉会式などの公式行事もひと段落し、あとは北風の中での練習や来期のトップチーム作りをしながら、春が来るのを待ちわびる時期となりました。

埼玉県サッカー協会2017年度事業計画

上記リンクにもあるように、埼玉県ジュニアサッカーの春は、4種リーグ戦地区予選で幕を開けます。
4月から9月まで、行われるホーム&アウェイ方式のリーグ戦。
この地区予選の結果によって、第11回埼玉県第4種サッカーリーグ選手権大会県中央大会や、第41回全日本少年サッカー大会埼玉県大会に出場できるか否かが決せられます。

公益財団法人 日本サッカー協会(JFA)に登録している4種(U12)のチーム数は約1600
そのうち、500強のチームがこの4種リーグ戦には参加すると言われています。

我らが東鷲宮FCは埼玉県東部北地区。2017年度の4種リーグ戦登録チーム数は33チーム。
その33チームがA-Dの4つのブロックに分かれて、ブロック1位を目指して闘っていきます。

ということで!!
2月12日日曜日、久喜総合体育館会議室で行われたブロック抽選会に参加してきました!
(ブロック構成表…私の悪筆ですいません…)

201702124syublockhyo.jpg

参加チームの強さのバロメータは、2016年12月に行われた第11回埼玉県サッカー第4種新人戦。
東鷲宮FCは、PK負けでベスト8で敗退でした
ベスト4のチームがまずクジを引き、A-Dに分かれ、そのあとは普通に座っている順番で抽選でした。

上の表の通り、東鷲宮FCはDブロック。
新人戦で一位だった強敵「あけぼのFC」さんがいるものの、これから残った時間を有意義に使えれば、新6年生+5年生のトップチームは、いい意味で、いいレベルで、“切磋琢磨できるブロック”ではないかな?と思います。
昨年度のトップチームができなかった「公式戦埼玉県大会での1勝」を目標に、頑張っていきたいと思います。



さてさて、少し話は戻りまして2月5日。
この日は、2016年度第45回埼玉県サッカー少年団県中央大会の決勝戦並びに参加チームがすべて介しての閉会式が行われました。

20170212IMGP1248.jpg 20170212IMGP1254.jpg

決勝戦は東鷲宮FCが県大会1回戦で力負けしたNU広谷VS新座片山フォルテシモ。
2月25日19時からテレ玉で放映予定だそうなので、ぜひ観戦に行かなかった東鷲宮FCの選手たちにもみんな見てほしいぐらいの、熱のこもったいい試合でした。ひょっとしたら、クラブチームを入れた今年度の埼玉県ジュニアの中でも、屈指の名勝負だったかもしれません。

20170212IMGP1257.jpg 20170212IMGP1260.jpg


もちろんジュニアの場合の名勝負を作るのは、選手たちの気合、根性、キモチ、そして努力の果ての技術以外の何物でもないんです。

生観戦した今年度のトップチームの選手たちには、この試合のレポートを書いてもらいました。
いろんな思い、感動が、まだあまりうまくない字(笑)で、一生懸命記されていたようです。

これから中学生になる選手たちも、そして来年6年生になる選手たちも、もっともっとサッカーに興味を持って、たくさんの同年代の素晴らしい闘いっぷりを見て、それぞれ個性的な感じ方をして、そして自分があれぐらい魅力的になるには、あれぐらい迫力を出すには…どうしたらいいんだろう?と一生懸命考えてほしいと思います。

そういった、一生懸命考えた上での個性が、サッカーだけに留まらず「自分はどうありたいか」を考えることに繋がって、さら魅力的な“自分という存在”を形成していくんだと思っています。

イブラヒモビッチは、
「他のみんなと一緒じゃなきゃいけないなんてダサすぎる。」
という強い意志と哲学で、サッカー人生を歩いてきたんだそうです。

私はスポーツで形成されるそういう生き方、とてもアリだと思いますよー。



2月11日は、ゼウシスFCさんと練習試合をさせていただきました。

20170212IMGP1264.jpg 20170212IMGP1266.jpg

久しぶりのゼウシスさんとの試合、そして1カ月強ぶりの5年生だけでの試合でした。
そして久しぶりに、選手たちには雷を落としました。
指導ではなく、判断してほしいがための雷です。

確かにジュニア年代は育成過程。
でもサッカーをやっている限り、見ている人に、「絶対に勝ちたい!」という思いが伝わらない試合は、やっても意味がないと思っています。

雷が落ちた後の2試合は、いい試合ができたと思います。
この学年のゼウシスさんとの練習試合で、数年間通じて初めての得点も生まれました。
ただ、もう6年生です。
できれば、誰かに言われる前に、自分たちのアクセルが踏めるようになって行ってほしいと思います。
そういったことが、公式戦でのスタメン、出場時間などにも繋がっていくんだと、僕は思っています。



この時期はチーム作りの時期。
ヨーロッパや南米のように、大人であろうと子供であろうと選手は自分が試合に出れるレベルのチーム(もしくはもっとレベルの高いチーム)、戦術的にフィットするチームへの移籍が柔軟であればいいのですが、
まだまだ日本のスポーツ環境は“部活文化”“登録制”が根底にあり、柔軟な選手の行き来がありません。

それゆえに、このトップチーム作成時期の選手の移籍は、けっこうチームを動揺させたりします。

数年前までは割と無風だった東鷲宮FCスポーツ少年団も、所帯が大きくなった最近では、ジュニア年代の途中でもっと自分にフィットするクラブチームへ移籍する選手が、たまーに出てくるようになりました。

そして東鷲宮FCの担当学年でも、今月チームを離れ移籍する選手がいます。
彼がきちんとお別れの挨拶に来た時、その選手とみんなで握手をしながら、「絶対スタメン取れよ!」「いつで遊びにこのグラウンドに来いよ!」「練習試合、できるといいね!」と笑って言いあえたことが、選手の全員にとっては一番の記念であり収穫だったと、僕は思いました。
もっともっと、それこそ小学1年生のときからの思い出話やこっちの苦労(笑)を話したい気持ちもありましたが、北風が強かったこともあり、お母さま方の発案で最後にみんなで記念写真を撮って、あとは練習に戻りました。

歳はかなり離れていますが、サッカーを通じた友人だと、担当した選手のことは思っています。
その友人たちは卒団してしまうと団からすっかり旅立ってしまい、なかなか会うこともなくなり、たまに町ですれ違っても思春期のみんなは昔のように笑顔をあまり見せてくれなくなったりします。

それでも、たまに偶然会って、ニキビ面で大きくなった選手を見ると、少しうれしくなったりします。

今年度僕はトップチームへの帯同が多く、毎週一緒に…というわけにはいきませんでしたが、
それでも小1からの5年間、僕は君とほぼ毎週サッカーを一緒にやってきました。
どこであろうと、本当に、頑張って、楽しく、個性的なサッカーを続けてほしいと思います。

がんばれよー!!
で、試合で当たるときは、絶対負けないからなー!!!

【試合終了の笛は、次のチャレンジ開始の合図】 第45回埼玉県サッカー少年団県中央大会敗戦で、2016年度東鷲宮FCのすべての公式戦が終了しました。

東松山サッカー場。2016年度第45回埼玉県サッカー少年団県中央大会。
埼玉県サッカースポ少のベスト16を賭けた一回戦。
氷点下でのキックオフで始まった試合のスコアは、40分近く経って0-7。

静かになりつつあったベンチ、応援席、そしてピッチ。
試合終了が近づくにつれ、なにやら寂しさが込み上げてきました。

20170115IMG_4605 14 20170115IMG_4605 15

いつもと同じ東鷲宮小学校での集合。そして挨拶。
少し違ったのは、県中央大会ならではの早朝の集合。東松山までの遠征のため、まだ暗い冬の“明け方”の「今日一日、応援よろしくお願いします!」の挨拶。
そして東松山サッカー場についた途端に降り出した雪。

氷点下のためか辺り一面はあっという間に白くなり、今日の始まりは雪の中でのアップ。
急に強く降り出した雪で、少し見えにくい東鷲宮FCの選手たち。
少し感傷的になっていたのは私だけのようで、東鷲宮FCの選手たちは子供ならではの豊かな感性で、緊張感と雪を楽しんでいたようでした。

20170115IMG_4605 2 20170115IMG_4605 3

6年生11名+5年生6名の17名。
現5年生は現6年生と、長い子では1年生の4月から5年近く一緒に汗を流し、楽しんだり歯をくいしばったりして練習をしてきました。
もともと6年生を見ていた私が合流したのは彼らが2年生の時
小さな身体の選手たち共に、毎週毎週、徹底的にシュート練習、インサイドキックの練習を行ってきました。

思い返せばすごく懐かしく、そしてなぜかつい最近のような気もします。
市内近隣では1年近く無敵だった3年生2年生合同チームの頃もありましたが、他クラブが成長するにつれて勝てない時期もありました。

そんなたくさんの楽しかったりほろ苦かったり…の経験をして、ついに掴んだ最後の公式戦での県中央大会一回戦への切符。
改めて、集合写真を見って「ハッ」としました。
あの当時、6年生と比べて、この子達は本当にあんなに大きくなるんだろうか?と思っていましたが(笑)、
本当にみんな大きく、逞しくなりました。
立派に、埼玉県スポーツ少年団のベスト32にいる、いい顔つきです。

まだ朝だというのに、私はなぜかウッカリ鼻歌で、かりゆし58の名曲、「オワリはじまり」を口ずさんでいました。

「♪もうすぐ今日が終わる やり残したことはないかい
親友と語り合ったかい? 燃えるような恋をしたかい
一生忘れないような出来事に出会えたかい
かけがえのない時間を胸に刻み込んだかい♪」


そしてAM10時、フルピッチの芝の上に東鷲宮FC11名、NU広谷サッカー少年団Aチーム11名…計22名の選手が揃い立ち、キックオフの笛はなりました。

20170115IMG_4605 4 20170115IMG_4605 5

試合前に、NU広谷サッカー少年団Aチームに関する様々な情報が入ってきていました。
東鷲宮FCの近隣の、東鷲宮FCがどうしても敵わないチームに、NU広谷は最近5-2で勝ったらしい・・・とか、
今年のNU広谷のAチームは非常に強く、県大会でもフットサルで全国1位になった強豪クラブチームをあと一歩まで追いつめている…などなど。

まあ…そのような事前にビビるような情報は選手たちには伝えませんでしたが、そんな情報よりも百聞は一見に如かず。
身長が170センチに届くぐらいに大きく・速く見える両サイドハーフと2枚のセンターバック、そして練習時から独特な球さばきをしていた10番セントラルミッドフィルダーなどのリアルな存在が、東鷲宮FCイレブンからサッカーの自由を少し奪っていたのかもしれません。

20170115IMG_4605 6 20170115IMG_4605 7
20170115IMG_4605 8 20170115IMG_4605 9

フィジカルでも、スピードでも、そして個人の技術でも…大きな差を感じた試合となりました。
もしかすると、4種リーグ選手権での浦和レッズジュニアとの試合の方が、実力差はあったかもしれません。
ただあの時の方が、敵わない大きな実力差ゆえのガムシャラさ…選手たち同士での鼓舞する声やダメ元で“走る”意志とその発露が見られたような気がしました。

試合が進むにつれて、「今回は勝てるかも・・・」という試合前の選手たちの期待と目標が、何回も圧倒的なフィジカル差でふっ飛ばされてユニフォームについた泥の量に反比例して、打ち砕かれていくようでした。
大いなる実力差ではないだけに、積み上げられる点数に対してつのる悔しさ、やるせなさ。
疲労と共に少なくなる声の量。
浦和レッズジュニア戦では打てなかったシュート。今回は後半に何本か打てたものの、すでに残り時間は少なくなり、負けたら終わりのトーナメント戦の切なさを感じずにはいられない時間が刹那のように過ぎていきました。

20170115IMG_4605 10 20170115IMG_4605 11

試合終了の笛が鳴り、いつものようにセンターサークルでの整列、礼。
そしてチームベンチへの挨拶がありました。

いつもと違うのは、泣いている選手が非常に多かったことでしょうか。
特に、エースとして何年間もチームに貢献してくれたS君と、割とニヒルなU君ががいつまでも泣いていたのが、とても印象的でした。

20170115IMG_4605 12 20170115IMG_4605 13

これで、このチームでの試合は終わりを迎えます。
これからは6年生は中学生になるための準備を、そして5年生はまさにトップチームとして東鷲宮FCを背負っていくためのチーム作りをしていかなくてはなりません。

このチームと、そして公式戦には帯同していない5年生とともに、現6年生とは本当に楽しい数年間を過ごさせてもらったと思います。
これからは6年生が後輩たちにきちんとバトンを渡すとき。
3月18日の卒団まで、後輩たちに自分たちがこのクラブで培ったものをたくさん伝えていってほしいと思います。期待してますよー。

かりゆし58の「オワリはじまり」にはこんな歌詞がありました。

「♪旅立ちの時はいつだって少し怖いけど
これも希望のかたちだってちゃんと分かってる
思い出に変わるのはきっと最後の最後さ♪」




小学校時代の、そして東鷲宮FCのすべてがいい思い出になるのは、わかり切ったことだったりします。
卒団、そして小学校卒業までのたった2カ月強ですが、自分のためにできること、やるべきことはサッカー関係だけでも山ほどあると思います。

すでにこの日で泣き切ったと思います。
切り替えて、まだまだやれること、やっていきましょうね!!!
試合終了の笛は、次のチャレンジ開始の合図。
そして、練習はまだまだ厳しいですよー!(笑)

そして現5年生、まだまだ甘えがありませんか?
自分たちが、現6年生のように、クラブを引っ張っていく立場に、あとちょっとでなりますよー!
気を引き締めて行きましょう!

2017年4月からは、第11回埼玉県サッカー協会 第4種リーグ選手権の東部北地区予選が開幕します。
楽しみに、キックオフを待ちましょう!!!

明けましておめでとうございます!【速報】2016年度最後の公式戦、第45回埼玉県少年団県中央大会の組合せが決まりました!

明けましておめでとうございます。
早いもので2017年も始まって、もう2週間が経とうとしています。

年末の第40回全日本少年サッカー大会は、鹿児島市の鴨池陸上競技場で行われた決勝で、横浜F・マリノスジュニアに勝利したセンアーノ神戸が優勝
そして年始の高校サッカー全国大会は、高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 チャンピオンシップに続いて青森山田高校が素晴らしく、強さのあるサッカーで前橋育英に勝って優勝しました。
(今年は天気も良かったこともあり、私は決勝含めて3回も高校サッカーを生観戦しに行っちゃいましたー)

この上記二試合にプラスして、第10回埼玉県第4種サッカーリーグ選手権決勝、新座片山フォルテシモvs浦和レッズジュニアの試合も年末年始のテレビ放送がありましたが、もちろんサッカー好きの東鷲宮FCの選手はみんな喰らいつくように、テレビ中継を見たことと思います(笑)。

決勝ではないですが、高校サッカーでの青森山田とドリブルの聖和学園の試合、そしてジュニア大会の二つの決勝は、まさに「スタイルへの拘り」と「最適解をシンプルに見つけ出す判断の柔軟さ」の闘いだったような気がします。

特に偶然ですが、ジュニア年代の二つの試合は両方とも、Jリーグ下部組織らしい「後ろからのビルドアップ型のサッカー」vs「高い位置からの激しくプレスする街クラブや少年団のサッカー」の闘いとなりました。
ゴールキーパーからセンターバックへのパスに対し、2トップの激しいハイプレスは、高い位置で数的優位を作り、Jクラブをかなりの混乱に陥れていたような気がします。
ビルドアップを自分たちのこだわりのスタイルとして、ロングボールを数的優位な状況であるはずの最終ラインのセンターフォワードを目指してどんどん蹴るようなサッカーをしないJジュニアは、ある瞬間、マンツーマンディフェンスされた選手たちが最適解への判断力を見失っていたようにも見えました。

たしかに、育成観点では運ぶドリブルとショートパスを駆使しながら、時には卓越した技術で食いついた相手を抜き去り…というスタイルが必要なのでしょう。
ただ、小学生の足元の技術は急には上手くなりません。特に少年団では熱心さや集中力も個人差があり、急には育まれません。
その中で、4月から始まる4種リーグでは、埼玉県東部大会や県大会を目指すためには上位のクラブチームなどとも戦って、地区リーグで上位を目指していかなくてはなりません。
でも、周りを見ることと、声を出すこと、相手よりも激しくいくことなら、まだできそうな気がします。
2017年度の東鷲宮FC新トップチームをこれから育んでいくにあたり、なにかヒントがあったような気がする、年末年始のジュニア、ユース年代の県大会、全国大会でした。

さてさて、そんな感じで1月4日の初蹴り練習から幕を開けた2016年度東鷲宮FCですが、1月7日夜には、第45回埼玉県少年団県県中央大会の組合せ抽選会がありました。

数百チームが参加した地区予選。その中で勝ち進み、埼玉県東部代表となった県中央大会進出チームは以下の7チーム。
○越谷サンシンSSS
○F.C. YANAKA
○ミトス吉川SS
○FC フレッズ
○加須少年SSS
○FC栗橋南
○東鷲宮FC

埼玉県東西南北部代表の32チームが2016年度の少年団チャンピオンを賭けて闘う公式戦です。

20170115syounendan.jpg

1月15日10時キックオフの東松山サッカー場で東鷲宮FCの1回戦、相手はNU広谷サッカー少年団となりました。
NU広谷SSと言えば、東鷲宮FCが1回戦で浦和レッズと対戦して敗れた第10回埼玉県第4種サッカーリーグ選手権県中央大会の2回戦で、フットサル仕込の圧倒的な個人技を魅せる強豪チームFC・CANOに2-3で惜敗したチーム。

県大会での1勝を目標とする2016年度東鷲宮トップチームにとっては厳しい戦いともなりそうですが、浦和レッズ戦と比べたらそこまでの実力差はないと思います。
とにかく、同じ少年団同士なら、あとは勝ちたいと強く思った方に、チャンスボールは転がってくるんだと思っています。
6年生と帯同する5年生6名は、できる限りの練習を、年明け早々午前も午後も行っています。

急には上手くはならない。でも、周りを見ることと声を出すこと、そして勝ちたいと誰よりも強く思うことは僕らにもできるはず。

2016年度最後の公式戦。最後の県中央大会。
満足して、いい顔が試合後できるように、悔いを残さず頑張りましょう!!!




第45回埼玉県少年団県県中央大会の組合せ抽選会があった1月7日には、5年生チーム総勢11名が第8回東武鉄道杯・本線沿線東京・埼玉少年サッカー大会予選リーグに参加してきました。
予選リーグは越谷多目的グラウンド、春日部谷原西グラウンドにて48チームが16ブロックに分かれて戦いました。

まずは写真を載せさせていただきます。

IMGP201701081171.jpg IMGP201701081174.jpg

明けましておめでとう!の集合写真です。誰だ―、横向いちゃっているのはー。
試合は1試合目が杉戸いずみ少年団、2試合目がFC台東ファンタジスタでした。

201701081346 17 1 201701081346 17 2

1試合目の前半は、なんだかみんなが去年練習したことをすべて忘れちゃったような立ち上がり。
ハーフタイムのコーチからの喝!!からは少しは自分たちのスキルを通り戻せたでしょうか?
守備はまだまだ軽かったけど、攻撃は結構頑張りました。
特に2試合目。0-1からの逆転での5-1での勝利は、縦!縦!だけではない、サイドから角度をつけて中に当てる“いい攻撃”“いいボールの運び方”が随所に見られました。

201701081346 17 3 201701081346 17 4

セットプレー、コーナーキックも守備時は相変わらず危ないシーンもありましたが、攻撃時にはニアとファーへの飛び込みとヘディングで競る・決める意識が随所にみられ、いいチャンスを作りました。

201701081346 17 5 201701081346 17 6

ヘッドで落としたボールに詰めて、左足でのシュート!
決まった時は嬉しそうでしたね。そうそう。苦手なことをチャレンジして、たくさん失敗した挙句に成功したときの嬉しさは最高。
4月を過ぎれば、4種リーグ戦を皮切りに緊張感溢れる公式戦が待っています。
だからこそ、、、公式戦の合間の大会や練習試合では、どんどんチャレンジをして苦手を克服しよう。

東武鉄道杯、予選リーグは1勝1引き分け。
得失点差で東鷲宮FCは1位通過となり、15日のトーナメント一回戦、東京都墨田区の木下川サッカークラブと対戦することになりました。

残念ながら15日は少年団大会の県中央大会と重なるため、5年生5名と12月の埼玉県サッカー第4種新人戦でも帯同してくれた4年生選抜4名の9名で戦うことになります。

大変な戦いになりますが、東武鉄道杯に参加する5年生は、ぜひ一つでも多くの勝利を目指して頑張ってほしいと思います。
この日の闘いで課題だった守備を、ぜひ気合を入れて取り組んでほしいと思います。
遅らせる、バックパスさせる…は守備の勝ちです。しつこいプレーで、1対1の局面での負けを是非とも減らしましょう!!
4年生を引っ張る、リーダーシップにも期待してます!!

そして帯同する4年生は、大チャンスだと思って、ぜひ自分の能力を最大限に発揮してほしいと思います。
4月からの4種リーグでは、東鷲宮FCは基本的に6年生+5年生帯同選抜メンバーの布陣でメンバー登録し、試合に臨みます。

下の学年から上の学年の試合や練習に参加する、いわゆる“飛び級”は、スキルフルなプレイヤーを作る育成において、とても重要なことと言われています。
足が速い、体が大きいなどフィジカル的に早熟なプレイヤー、早くから集中力があり今まで反復練習を熱心にやってきた足元の技術のあるプレイヤーなどは、同じ学年でできてしまうことが出来難くなる飛び級で、たくさんの経験をすることが必要です。
飛び級する選手たちには、チャレンジからしか次のチャレンジは生まれないってことを肌で感じて欲しいと思います。
(逆に晩稲(おくて)なプレイヤーは下の学年とやってみることも非常に良いこと…と海外サッカー育成の記事などには書かれている場合もありますが…なかなか現状では難しい側面もありますね)

スポーツ少年団県中央大会が終わると、現5年生と選抜4年生数名でのトップチーム作りが始まります。
(2017年度の4種リーグ戦は20名までの選手登録が可能です。)
まだまだ歴史も浅く、県大会の常連なわけでもない東鷲宮FCでは、試行錯誤をしながら、指導者間で話し合いながら、より良いサッカークラブを作り上げていきたいと思っています。

様々な側面での、保護者の皆さんのサポート、感謝しております。
2017年もよろしくお願いいたします。

もちろん今年も目指すは、県大会出場!そして1勝です!!!

がんばれ!東鷲宮FC2017年度トップチーム!!!

祝!東鷲宮FC4年生チーム、2016第1回スクール21カップ埼玉県スポーツ少年団U-10サッカー大会中央大会ベストエイト!!・・・そしてU12チームはさいスタで行われた4種リーグ戦表彰式に参加してきました。

嬉しい!!おめでとう!!
公益財団法人埼玉県体育協会埼玉県スポーツ少年団が主催、埼玉新聞が共催する公式戦、今年初開催の、2016第1回スクール21カップ埼玉県スポーツ少年団U-10サッカー大会中央大会で、東鷲宮FC4年生チームが見事ベストエイトとなりました!

20161231IMG_4372.jpg 20161231IMG_4371.png

2016年6月26日、上尾総合運動公園陸上競技場で開かれた総合開会式には、255チーム、約4000人の選手が集まったそうです(予選には約400チームが参加したそうです)。

夏から秋まで行われた予選を勝ち抜き、埼玉県東部地区の代表として、東鷲宮FC4年生チームは、32チームの地区代表少年団が出場した県中央大会トーナメント戦に参加しました。
準々決勝で、今大会優勝チームの上尾朝日FCスポーツ少年団に1-8で惜敗。
それでも県大会で2回勝ち進んでのベストエイトは東鷲宮FCスポーツ少年団創設以来の快挙です。

登録メンバーのうち4名は、12月3日に行われた5年生の第11回埼玉県サッカー第4種新人戦にも出場したメンバーです。
そういった意味でも、担当学年は違いますが、まるで自分のことのように喜んでいたりします(笑)。
準々決勝が行われた12月25日、居ても立ってもいられずに、東鷲宮から準決勝が行われた新座陸上競技場まで、高速をがんがん飛ばして、大きな声で応援に行ってきましたよぉ!!

準々決勝の大舞台で、かなり硬くなっていた前半が1-7、落ち着いてきた後半が0-1ということで、少し悔いの残る結果とはなりましたが、それでも特に後半の戦いぶり、試合後の堂々とした態度は、普段4年生の試合を見ていない自分の心も、かなり動かしてもらえました。
あと2年以上、小学生年代で強くなれるU10チーム。
期待大!!です!!


・・・ところで・・・

このブログに何回か記しましたが、今の東鷲宮FCのU12・・・6年生5年生連合チームの目標は、「県中央大会で一回勝つ」です。
この目標が達成されれば、それは東鷲宮FC創立以来の快挙!となる予定でした。

2016年度東鷲宮FCのU12チームは「第10回埼玉県第4種サッカーリーグ選手権大会県中央大会」の1回戦で浦和レッズジュニアに完敗を喫し、残る公式戦県大会は1月に行われる「第45回埼玉県サッカー少年団県中央大会」のみとなりました。

4年生の快挙・・・
すごく嬉しいんだけど、我々U12チームにとっては、ほんのちょびーっとだけ“先を越された嬉しさと悔しさが相混じる”ことは正直なところです・・・

・・・が!!!

俄然、4年生に続いて埼玉県サッカー少年団県中央大会では2回勝とう!!
というモチベーションが湧きかけているのも事実。

そのためには、年が明けて1月7日に開催される、「第45回埼玉県サッカー少年団県中央大会組み合わせ抽選会」は大事な運の使いどころ!!
今から抽選担当コーチは、引きのパワーを指先に溜めてますよー!!

乞うご期待!!!

20161231IMG_4443.jpg
(ちなみにこの写真は、第4種サッカーリーグ選手権大会県中央大会の一回戦で浦和レッズジュニアと闘った時のものです。この試合を象徴するような写真。ドリブルを仕掛けるレッズの13番に対峙した東鷲宮FC14番。その裏のスペースでボールを受けようと顔を出すレッズの選手とは対照的に、東鷲宮FCの選手は全員がボールウォッチャー状態です。ちなみにレッズの9番の選手は逆サイドを意識してますね。スペースの活用と動いてスペースを空けていく動き…まだまだ我々には課題が多いことがわかります)



さてさて、12月23日は快晴のサッカー日和でした。

東鷲宮FCトップチームは、第10回埼玉県第4種サッカーリーグ選手権大会地区リーグ戦1位表彰式と、決勝戦の新座片山フォルテシモスポーツ少年団VS浦和レッズジュニアの試合の観戦に、埼玉スタジアム2002に行ってきました!

IMG_4431.jpg IMG_4430.jpg

プロのトップチームと同様に、後ろからボールを廻しながら攻撃を作っていく浦和レッズジュニアに対し、倒れずにどこまでも走ってくらいつくディフェンス、そしてキック&ラッシュスタイルの新座片山フォルテシモスポーツ少年団。
まさにまったく異なるスタイルの2チームが、死力を尽くして闘う好ゲームとなりました。

確かに、昨今サッカー協会などで言われている、いわゆる“育成型の繋ぐサッカー”とは趣を異にする体を張った新座片山のサッカーでしたが、その気迫は見ている我々の胸を打つものでありました。
取られたら必死で取り返す・・・そこにはサッカーの原点を見たような気がしました。
そして、もちろんベースには卓越した技術とサッカー感がありつつ、それを覆い隠すような激しい気合と根性の発露は、小さな町のスポーツ少年団が、いわゆる“選抜されたクラブチーム”と闘う術(すべ)の一端を教えてくれているような気がしました。

20161231IMG_4448.png IMG_4432.jpg

何が…どんなサッカースタイルが、どんな育成の仕方が正解なのか…
それは大人になるまでサッカーをやることが前提なのか、それとも別のなんらかのスポーツ・・・もしくは良い大人への人生を育んでいくための必要十分条件なのか…
レベルの高い少年サッカー観戦のサッカーの楽しさと共に、僕にとっては様々なことを考えさせてくれた一戦となったことは、間違いのない事実でした。

来年度トップチームは今の5年生を中心に作られます。
また、この場所につれてきてくれたら嬉しいなーと思いながら、さいたまスタジアムを後にした、とても楽しい一日でした。



さてさて12月24日には、東鷲宮FC恒例、冬の親子サッカー&クリスマスボーリング大会も開催されましたよー。
写真をいくつか載せておきます。

IMG_4436.jpg IMG_4437.jpg

というわけで、早いもので今年も残すところあと僅かとなりました。
子供の頃、時の流れがなかなか進まないもどかしさを感じながら、様々な季節のイベントを待ちわびていたのが嘘のように、歳を重ねるごとに時間の流れが速くなったと感じます。

おそらく、子供のほうが、“新発見・初めての体験・感動”の多い日々を過ごしているからかもしれませんね。

そんな速い時の流れの中で、子供たちのサッカーは忘れかけていた“新発見・初めての体験・感動”をもたらしてくれるものの一つだと思います。

ただ、それもこれも子供たちの元気とやる気があってこそ。
また来年、元気な姿でボールを追うみんなと会うのを楽しみにさせていただきます。

保護者の皆様、今年一年本当にお世話になりました。
また来年も、よろしくお願いいたします。

【2016年度第11回埼玉県サッカー第4種新人戦】とりあえず負けなかった。でも次は、「負けない」から「勝つ」へ。

1試合も負けていないのに(サッカーではPK戦決着の試合は記録上、引き分けとなる)大会を去らなければならないのは、とても辛いことだ。
そう言ったのは、EURO2016の準々決勝ポーランド対ポルトガル戦でPK戦の末に敗れた、ポーランドのエース、ロベルト・レバンドフスキ。


いろんな思いが交錯して、本来ならば試合会場で食べる予定だったお弁当を、ビールと共に自宅で流し込みながらブログを書いています。
今年度の東鷲宮FCの新人戦は、地区予選2日目、新人戦4試合目となった代表決定トーナメント一回戦で幕を閉じました。



2016年12月3日(土曜日)は、冬の晴れ間の暖かいサッカー日和となりました。

IMG_43361204.jpg

5年生11名、そして4年生選抜4名の15名…来年度の東鷲宮FCトップチーム候補は、埼玉県杉戸町の深輪グラウンドに元気よく集合しました。

第11回埼玉県サッカー第4種新人戦。
2017年2月12日(日)から始まる県中央大会の埼玉県東部北地区予選。
今の5年生にとっては自分の学年が中心となる初めての公式戦(日本サッカー協会や埼玉県サッカー協会が主催となる県や全国へと繋がる大会のことです)。
初めての事務局へ登録するキャプテン、初めての登録背番号、初めてのJFAアマチュア選手登録証、初めてのメンバー登録、初めての本部ユニフォームチェック、初めての試合前の選手確認、初めての40分ゲーム…
いろいろなことが初めて尽くしで、試合に入る以前に緊張もヒトシオだったと思います。

IMGP10811204.jpg IMGP10841204.jpg

予選は4チームでのリーグ戦。
結果は以下の通りでした。

sinzinsen2016no1.jpg sinzinsen2016no2.jpg

vs原点FC 3-2勝利
vs行田中央キャッスルキッズFC 3-0勝利
vs杉戸倉松サッカーサッカースポーツ少年団 7-0勝利

一試合目の原点FC戦こそ緊張感満々で硬かったものの、試合を追うごとに自分たちのサッカーを取り戻せてこれたと思います。
4年生はまだ帯同を初めて1か月弱。数回の練習試合しか合わせることはできませんでしたが、試合と共に少しづつ5年生のやり方を理解してきてくれたように見えました。

予選リーグ1位で代表決定トーナメント進出。

課題はたくさん見つかりました。
でも急に足元が上手くなるわけがない。であれば、代表決定トーナメントは、意識と勝ちたい気持ちで、やれるとこまでやってみよう!!
久しぶりの三連勝は、最近結果の出ていなかった5年生チームの顔に、笑顔をもたらしてくれました。



ということで、翌日。
12月4日(日曜日)も少し肌寒さはあるものの、太陽の恩恵を受けてサッカーをすることができました。
相手の予選Gブロックを1位で勝ち抜けてきた栗橋ジュニアSCは、先月の久喜市ライオンズ旗争奪杯の準決勝でPK戦で苦杯をなめさせられた大型2バックを中心としたディフェンシブなチーム。
「あの日のリベンジを公式戦で!!」という掛け声で、試合1時間半前からアップに入りました。。。

アップの時からなんとなく…みんな硬い…そして静か。
「緊張するー!」
なんて似合いもしない言葉を何人もの選手たちが試合前に口にしていました。

IMGP10921204.jpg IMGP10941204.jpg

昨日よりもレベルの高い相手によるマークとプレスで、昨日のような自由なスペースはできず。
さらに緊張感からか、攻撃時の自ら斜めに走る動き(ダイアゴナルラン)はほとんど見られず。
相手のディフェンダーの蹴るロングクリアへのリアクションで蹴りあいとなってしまい、自分たちの練習してきたサッカー、ワクワクするような崩せる攻撃は見ることができずに、試合はスコアレスドローとなりました。

IMG_43441204.jpg

PK戦は3-4という結果となり、東鷲宮FCの2016年度5年生が中心となった初めての公式戦は幕を閉じてしまいました。

サッカーでは、PK戦は記録上は引き分け扱いとなります(トーナメント戦ではどちらかが上にあがらないと駄目なので、次の試合に進むチームを決めるためにPKはあるのです)。
冒頭のレバンドフスキの言葉ではありませんが、今回の東鷲宮FCは記録上はとりあえず負けずに、この大会を去ることになりました。
PK戦で勝てば、次の試合は今回東部北地区決勝で強豪クラブチーム・ゼウシスFCを5-1で破って優勝した、これまた強豪クラブチームのあけぼのFCとの闘いでした。

…確かに悔しいPK敗戦でした。
試合後は、普段あまり勝っても負けても泣くことのない東鷲宮FCの選手たちが、5人ほど涙で顔を濡らしていました。

…でもね、ゼウシスやあけぼのFCとの闘いでは、きっと見つけることのできなかった課題が、同じぐらいの実力の少年団と伯仲した試合を行ったからこそ数多く浮き彫りになったことも事実です。

冬はこれから本格化します。
久喜の冬は北風が強く、ボールがコロコロ転がっていってしまい、サッカーには若干厳しいシーズンとなります。

それでも頑張って強くなっていけば、4か月後には6年生になって、本当のトップチームとしての公式戦、第11回埼玉県第4種サッカーリーグ戦東部北地区予選が始まります(4月から9月にかけての長丁場のリーグ戦となります)。

それまでに、チャレンジャーのキモチで、「負けない」から「勝つ」へ、チームをレベルアップしていかないといけません。

今日の自分たちの試合が終わった後、某クラブチームの試合を見ていた時のことです。
「すげえなー」「はやいなー」「うまいなー」ばかりを口にする選手がいたので言わせてもらいました。

「確かにあのチームの子に比べたら、背の大きさや俊敏性とかの生まれ持った才能は、うちのチームは足りないのかもしれない。でもね、才能を凌駕できるのがサッカーというスポーツの素晴らしいところなんだ。そこがバスケットやバレーボール、100メートル短距離とかと違うとこなんだよ。」

「しかもね、才能って言葉はとっても便利な言葉だよ。実はもしかしたらあの人がしているかもしれない“努力”を無かったことにしたり、初めから自分より能力が高い人のやっていることで自分には無理だと諦める都合のいい言葉になることがある。」

「みんなが「すごいなー」と思う人の大半は、実は人並み程度の才能の持ち主なんだよ。ただ、「どうにかしてすごくなってやろう!」と、一生懸命自分で考え続けて練習をしてきた結果なんだよ」

昨日、今日ほど、サッカーに関する自らの課題が見えた日はないんじゃないでしょうか。
初めての公式戦での真剣勝負
どんなに小さなことでも、その気づいた課題を自ら考えて克服しようと思うキモチと行動が、東鷲宮FCをレベルアップさせていきます。

もっともっと真剣に練習して、またこの学年でも県大会を狙っていこう。

とにかく、昨日今日、保護者の皆様、選手のみんな、大会関係者の皆様、そしてご協力いただいた他学年指導者の皆様、ありがとうございました。
もっともっと、見に来てくれたみんなをワクワクさせるような試合ができるよう、もっともっと練習します。
また、応援よろしくお願いします!!




さてさて、昨日は結構忙しく…

新人戦予選リーグが終わったらすぐに着替えて、埼玉県の端っこから東京墨田区の錦糸町、東武ホテルまで行ってきました。

久喜市長杯U11の6位までに入賞したことによって参加権を与えられた、
第8回東武鉄道杯本線沿線・東京&埼玉少年サッカー大会
の抽選会に参加するためです。

IMG_43381204.jpg IMG_43391204.jpg

大会は予選リーグが1月7日、決勝トーナメントが1月9日、22日で行われます。
(なお、栃木・群馬の東武線沿線大会の入賞チームとの中央大会は3月4日に開かれる予定です)

IMG_43411204.jpg IMG_43311204.jpg

大きな大会だけに、抽選会も立派ですし、トロフィーも立派です!
(ついでに懇親会のお食事も立派でした…(笑))



さらに今年度の東鷲宮FCの公式戦はまだ続き、現6年生と5年選抜メンバーは1月に開催される埼玉県サッカー少年団大会県中央大会に参戦します。

試合と練習を一生懸命行っていきながら、東鷲宮FCの2016年もあと1か月を切りました。

寒くなってきました。
インフルエンザも流行りつつあるようです。
皆様、ぜひご自愛くださいませ!!

(少し早いですが…)よいお年を!!

“ブルー”のユニフォームの東鷲宮FCの“ブルース”が流れた浦和レッズ戦。4月からの我々の4種リーグは、今日幕を閉じました。

「月曜日は最悪だとみんなは言うけれど、火曜日だって負けずにひどい」
"They call it stormy Monday, but, Tuesday's just as bad."
これはブルースの名曲、T-Bone WalkerのStormy Mondayの歌詞の冒頭の一節。

第10回埼玉県第4種サッカーリーグ選手権大会。
青いユニフォームの東鷲宮FCは40分間、あまりにも正々堂々と浦和レッズジュニアに挑み、そして一本のシュートも打てずに敗れました。

高い位置での右サイドにできたスペースをいいように衝かれ、スピードのあるドリブルにラインを上げることもままならず、怒涛の如く攻められ続けました。
Stormy Mondayの歌詞にあるように、「金曜には鷲が飛び…(The eagle flies on Friday,Saturday I go out to play…鷲の飛ぶ日とは給料日の意味があるんですよ)」とはいかず、今時点でのJリーグ下部組織との個人技術の差、経験の差、サッカー理解の差、チーム力の差を大いに認識させられての、“飛ぶことのできない”敗戦だったことは否めません。

「相手がレッズ(赤)ならうちのチームカラーはブルーズ(青)。ただ試合後は、悲しみを表現するブルースじゃなく、勝利の凱旋歌を奏でるんだぜ!!」

「それじゃあ明日レッズに負けるぞ!!」なんて声が小学校のグラウンドに響き渡った前日練習。
全員が勝つ気満々だった…といえばウソになるかもしれませんが、指導者も含めて全員が「ひょっとしたら…」なんて気持ちがあったことも事実。

ただ現実はやっぱり、「ひょっとしたら」よりも「順当」な結果の方が多く起きることも事実。

「月曜日は最悪だとみんなは言うけれど、火曜日だって負けずにひどい」
これは、単に悲しみや絶望を歌っているわけではなく、「毎日が決して最悪ではないんだぜ」ってポジティブにも取れる歌詞だと思います。

試合後、確かにブルーユニフォームの周りは、ブルースに近い曲が流れていたかもしれませんが、
「いやいや、それでもやっている本人たちは相当楽しかったし、悔しかったし。今度やったらもう少しいい試合ができるように俺ら頑張るし。4種リーグはここで終わっちゃったけど、おれらのサッカーは全然終わりじゃないしー」
なんてポジティブな風が吹いてたのも事実です。

なーんて。。。
少し格好つけてブログを書いてみましたが、やっぱり悲しいブルースは東鷲宮FCには似合わないですね。
まだ年明けには埼玉県少年団大会の県中央大会があります。

やっぱり、悲しいブルースは明るくロックンロールで蹴とばしときましょう!!



もっともっと練習して、もっともっと強くなって、少年団大会では、団創設以来初の“県大会での1勝”を目指していきますよぉ!

と、長い前置きはこれぐらいにして、本日の写真を掲載します。

DSC_0027.jpg DSC_0032.jpg

DSC_0053.jpg DSC_0055.jpg

実はレッズサポーターの多い東鷲宮FC。。。
浦和レッズジュニアの選手が、プロチームと同様のお揃いのジャージを着て練習を開始しただけで、みんな少し緊張していたことは見逃しませんでした(笑)

否が応でも目と耳に入ってくる、普段は熱狂的に応援しているユニフォームのエンブレムとチャント(応援歌)。
どう考えても“硬い”試合の入り方となってしまいました。。。

DSC_0056.jpg DSC_0140.jpg
DSC_0277.jpg DSC_0410.jpg

緊張からか動きが硬く、前からのプレスに全く行けないことによってできる中盤、サイドのマークのずれを面白いように狙われました。
試合の序盤から中盤にかけて、目立っていたのは我らが守護神!という状態!!

RedDSC_0210.jpg RedDSC_0213.jpg
RedDSC_0286.jpg RedDSC_0500.jpg

大きなフィジカル、サッカー技術の差の中、ボールを持って前を向くことも難しかった。
それでも、選手たちは一瞬も諦めることなく、初めての11人制フルピッチを、大人サイズのゴールへのシュートを目指して走り続けました。
決して思い出作りではなく、戦える選手、走れる選手からピッチに入っていってのベンチメンバー全員出場。
それはそれは、とてもカッコよいサッカーでした!!



6年生11人と5年生6人の16名で、トップチームの活動はまだ続きます。

あっという間に、12月となります。6年生は卒団まであとたったの4か月。

きっとサッカーは、もっともっと面白い。
卒団のころは桜の咲く季節となります。そこまでは若干寒いけど、がんばって、楽しくサッカーをしていきましょう!!



そして、来週はU11初の公式戦、埼玉県サッカー第4種新人戦が開幕します。
まだまだ、新人戦ではチームとしての完成度より、個人技術・個人戦術、そしてそれ以上にキモチってやつが勝敗を左右していきます。

12月3日(土曜日)、20分ハーフが3試合。
5年生11名と4年生4名。
ベストゲームをしよう。頑張りましょう!!

それでは、またなるべく早く更新します!!今回もお付き合いありがとうございました!!
(明日はまさに、Stormy Monday)

【超速報】二つの公式戦、第10回埼玉県第4種サッカーリーグ選手権大会(U12)と第11回埼玉県第4種新人戦東部北地区予選(U11)の組合せ抽選会が終わりました!!

皆さんこんにちわ!
本日は決定ほやほやの大速報です!

11月27日から行われる第10回埼玉県第4種サッカーリーグ選手権大会(U12)、いわゆる2016年度埼玉4種リーグ県中央大会の組合せが決まりました!!

20161127_4syu_sensyuken.jpg

埼玉県のJFA登録第4種チーム1600。そのうち4種公式戦に出場してくるチームは600程度。
公式戦に出場するだけでも…という中で、勝ち上がっての県中央大会。

東鷲宮FC,一回戦の相手は、なんと「浦和レッドダイヤモンズジュニア」となりました!!!!!

確かに強豪。
昨年の夏にはFCバルセロナジュニアと闘っているチーム

でもね、100メートル走ったら10メートルも差がつかないですよ。
垂直にジャンプしたってなん十センチも差がつくわけではない。

小学生年代で頑張るってのは、ビックリするぐらいに縮めれることがあると思っていますよ!!

がんばろう。僕らのベストゲームにしよう。
応援してくれるみんなを、びっくりさせる試合をしよう。

11月27日、幸手総合グラウンド。6年生+5年生選抜6人。その日を楽しみに、一生懸命練習しよう。



さてさて、そして11月19日夜。
第11回埼玉県第4種新人戦東部北地区予選の抽選会も行われました!!

20161203_4syu_shinzinsen.jpg

実力差は然程ない予選リーグに入りました。
ここで1位になれば、代表決定トーナメントへ進出。

今回は5年生11名と4年生選抜4名での参加となります。

まだまだ、チームとしては一緒にやる時間が短くて、個人戦術の意図が共有されていないのは仕方ありませんが、
まずは個々が、そしてチームが持てる部分を最大限出せるように努力しよう。

ヒリヒリする感じの試合が、真冬に向けて始まっていきます。

皆さん、応援よろしくお願いします!!

本日は速報でちょっと短めで、お送りいたしましたょー!!

まもなく新人戦です!!2016年度U11久喜市長杯に5年生4年生連合チームで参加してきました。

もう11月も中旬です。今年もあとひと月半。本当に早いですね。
いつの頃からか、すっかり秋が短くなり、長い残暑の後はあっという間に冬が訪れるようになってしまいました。
今年は9月が雨ばかりだったこともあり、本当に見る見るうちに寒くなったような印象があります。

スポーツ少年団に入りたての小っちゃな頃から、いつも一緒に練習や試合をしていた現6年生と5年生。
(下は2013年5月の市内大会の写真です。みんなかわいい!)

IMGP9819.jpg IMGP9895.jpg

もうあの真夏に汗と泥まみれになりながら、学年を超えて一緒に東鷲宮小学校校庭で練習や紅白戦をやることも少なくなっていくんだなあーーーと、毎年毎年のことではありますが、この卒団式までのカウントダウンを感じるようになる季節は、少し寂しい気分になったりもします。

とはいえ!
「秋に始まり春に終わり、真夏は休む」というのが考え方のベースにあるヨーロッパで生まれたサッカーは、まさに冬のスポーツ!
幸い今年度は、6年生+5年生連合トップチームの第4種県中央大会(11月、12月)や、埼玉県少年団大会県中央大会(1月、2月)がまだ残っており、私たちをまだまだドキドキハラハラさせてくれそうです。

さらに、現5年生は翌年度のトップチームの主学年としての最初の公式戦、第4種新人戦も始まります!!!
今年度の新人戦では、昨年度のリベンジだってしないといけませんよぉ!!

さてさて、ここでおさらいをしておきましょう。

日本サッカー協会、埼玉県サッカー協会、そして日本体育協会日本スポーツ少年団が定める、U12ジュニア世代(第4種)のいわゆる公式戦は4つあります。
スポーツ少年団も民間のジュニアクラブチームも出場可能なものが3つ、スポーツ少年団のみ出場が可能なものが1つです。

まずは、おおよそ4月から9月の半年を通してホーム&アウェイで行われる埼玉県第4種リーグ戦。
埼玉県を東部、北部、南部、西部の4つに分け、さらにその各地域が8-9チーム程度の単位のリーグを作って試合をしていきます。
この4種リーグでの1位が、11月後半から12月後半にかけて行われる埼玉県第4種サッカーリーグ選手権県中央大会(選手権大会)へと進出していきます。

そして、全日本少年サッカー大会。
この大会はジュニア世代の公式大会では唯一、日本一を決める大会となります。
あのサッカー漫画の金字塔「キャプテン翼」で、大空翼率いる静岡県代表南葛SCが、日向小次郎率いる明和FCを再延長戦の末倒して全国制覇を果たしたあの大会です。
全日本少年サッカー大会埼玉県大会に進出するのは、上記埼玉県第4種リーグ戦地区大会の各ブロック1位チームと2位から4位のチームで行われるプレーオフを勝ち抜いたチームとなります。
ちなみに2015年度の全国優勝は、強豪大宮アルディージャや浦和レッズを県大会で撃破して進出した我らが埼玉県東部の代表「レジスタFC」です。

三つめは埼玉県サッカー少年団大会。
これは埼玉県内のスポーツ少年団登録をしているチームのみが参加をする、県ナンバーワンサッカー少年団を決める大会となります。
地区予選を勝ち抜いた16(東部4・西部4・南部6・北部2)チームで争われる大会で、我々スポーツ少年団界隈では、この大会を照準にジュニア世代の育成を行っているチームが多いといわれています。

そして埼玉県第4種新人戦大会 。
5年生の12月。6年生からのトップチームバトンタッチのタイミングで行われるこの大会がジュニア世代にとっては最初の大会となります。
12月から新年にかけて行われる地区予選を勝ちぬいた16(東部4・西部4・南部6・北部2)チームが、2月に行われる埼玉県第4種新人戦中央大会へと進出することになります。

この公式戦に出場するジュニア選手は、JFAへの選手登録を義務付けられますが、
このJFAのホームページを見ると、

2015年度のデータでは、全国には公式試合に出られる小学生登録選手が30万2606人います。
これは、小学1年生から6年生までの数字ですので、単純計算して1学年に約5万400人いる計算になります。
ちなみに登録チーム数は全国で約8900。
サッカー処の埼玉県では約1700チーム、6万人となるようです。

この中から例年500-600程度のチームが、埼玉県の公式戦には参加してきます。
そしてそこでサッカーをしている第4種登録の小学生選手たちはおそらく全員が、ひとつでも多くの勝利、一つでも高い位置への進出を目指していることでしょう。

2016年度の第11回埼玉県第4種新人戦大会・東部北地区予選は29チームが参加して12月3日、4日に開催されます。
昨年度35チームが参加した予選ですが、今年は29チームとなったため、まずは8ブロックに分けての予選リーグ。
予選リーグ一位のみが翌4日の代表決定トーナメントへ駒を進めます。

その代表決定トーナメント1位のチームは直接県中央大会へ。
さらに2、3位のチームは東部地区全体(北、中、南)でプレーオフを行い、そのプレーオフを勝ち抜いた1チームが県中央大会へ駒を進めます。

今回、東鷲宮FCは、5年生11人に4年生からの選抜メンバー4名を加え、15名の選手登録で第4種新人戦大会に臨みます。

これからが、小学生時代で、サッカーが最も楽しくなる時期です。
たくさん努力して、一つでも多く、選手たちはもちろん、見ているお父さんお母さんも楽しくなるような、“ベストゲーム”をしていこう!!!




さて、そんな新人戦に向けて、11月は久喜市長杯、ゼブラカップ、ライオンズ旗争奪カップ、北彩リーグと4つの大会にエントリーしています(これに練習試合が加わるかもしれません)。
11月3日に行われた市長杯からは、新人戦に向けての5年4年連合15名で参加していきます。
とりあえず、新人戦までの背番号、そしてキャプテン、副キャプテンも決まり、少しだけ新しい気持ちでの船出です。

まずは市長杯。

IMGP1028.jpg IMGP1033.jpg

若干急造チーム感は否めない感じでしたが、まずは6位以内に入り、来年行われる東武鉄道杯の出場権は獲得しました。

IMGP1039.jpg IMGP1034.jpg

やはりもう少し、5年生と4年生の中で、個人戦術や意志、動きの意図は練習や試合の中で共有していかないとならないですね。

とにかく、新人戦に向けてのチームは、始動しました。
11月19日の夜には、新人戦の東部北地区予選リーグの組み合わせ抽選会があります。

ワクワクしますね。
とにかく!!サッカーは冬のスポーツ。
これからもっともっと寒くなっていきますが、選手たちと共に燃えて、寒さを吹き飛ばしていきましょう!!!

と、月並みな言葉で、今回のブログは締めさせていただきます(笑)

今回も最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました!!!


【速報】第40回全日本少年サッカー/埼玉県大会東部地区代表決定戦/1回戦【飲涙呑声】

秋晴れの素晴らしいサッカー日和。

IMG_4106.jpg

第40回全日本少年サッカー大会/埼玉県大会東部地区代表決定戦/1回戦・2回戦が、春日部の中野グラウンドで開催されました。

IMG_4104.jpg IMG_4103.jpg

4月から10月まで東部各地域で行われてきた東部北・中・南ブロックでの予選。
長く厳しい闘いを勝ち上がってきた24のサッカーチーム。県予選中央大会に進めるのは、たった4チームです。

秋晴れの空の下には、PK決着が多くなるような激しい接戦と、激しい応援による上部大会の独特な雰囲気と、そんな雰囲気にまだ慣れていない少年たちの緊張と、爆発的に躍動する若い才能と溢れる自信がありました。
徹底的に鍛えられた「個」による、困難を突破する「突き抜けた強さ」がありました。

20161023zensyotobu.jpg

上の写真のトーナメント結果に記されているように、東鷲宮FC2016年度トップチームの、「第40回全日本少年サッカー大会/埼玉県大会東部地区代表決定戦」への挑戦は1回戦、VS松伏FC戦で終了となりました。

試合中は見えにくい差でしたが、振り返ってみるとそこには大きな差があった気がします。

IMGP0913.jpg IMGP0926.jpg

昨年度からトップチームで活躍している、県トレセンに行っているという噂の大型の強力なトップ下10番がいる・・・ということぐらいしか相手の情報が無い中で、
「とにかく最初の7-8分、相手の選手をある程度ベンチから見てマッチアップを決めるまでは、先取点を取らせない・・・」
という作戦で、エースのS君をセンターバックに。
ところが蓋を開けてみれば松伏FCも10番がセンターバックにいて、その強力なフィジカルと卓越した技術、落ち着き払ったメンタルで壁のように立ちはだかっていました。

IMGP0931.jpg IMGP0941.jpg

なかなかうまく機能できない、フィジカルが相対的に見劣りする東鷲宮FCの攻撃陣。
その中で非常に早い時間帯に先制点を取られたのが悔やまれます。

後半残り5分。0-2。

「まずは1点!まずは1点返すぞ!!」
という東鷲宮FCベンチからの檄の中、緊張と普段よりもリアクションで走らされて疲労が蓄積した東鷲宮FC選手たちの作ってしまったルーズなゴール前のエアポケットを、松伏FCの“強者のサイド攻撃”の速いクロスが切り裂きました。

残り3分で0-3。

大人視点、ベンチ視点、応援席視点での「試合はまだまだ!!!とにかく1点取ろう!!」は、ノックアウト制のトーナメント戦で実際に身体をぶつけ合って戦っている選手たちに、時には虚しく響いたりもします・・・試合終了の笛以上に。

IMGP0966.jpg IMGP0968.jpg

試合後のベンチ前での挨拶。
泣いている選手はいませんでしたが、満足して笑みを浮かべている選手もいませんでした。
練習したこと、特に攻撃で5年近く毎週練習したことは…半分ぐらいは出せたでしょうか?

かなりの東鷲宮FCの選手たちが、その試合後に行われた全国レベルのチームが出場した「FCカーニョ対原点FC」「レジスタFCA対あけぼのFC」の2試合を観戦してから帰りました。
「個」「技術」「個人戦術」「チーム力」「チーム戦術」「メンタル」「激しさ」「勝ちたい気持ち」「フィジカル」「涙」「悔恨」・・・
同じ小学生たちの、“いいサッカー”を見て、きっと何かを感じてくれたことでしょう。

東鷲宮FCの全日本はこれで終わりましたが、まだまだ今年度は埼玉県4種リーグ県中央大会と埼玉県少年団大会県中央大会の出場が残っています。

もっともっと、走ろう。もっともっと、強くなろう。
昨日試合帯同した5年生は、来年、またこの場所に来れるようにもっともっとがんばろう。この経験を生かして、残って練習している選手を含め、自分の学年をもっともっと強くしよう。




これからのことを思うと 負けそうになる
心配なことがあって しゃがみそうになる
あと少しだけ もう少し 強くならなくちゃ

だから そうだよ
くじけそうな時こそ 遠くを見るんだよ
チャンスは何度でも
君のそばに


「言われたことをしっかりやる」だけでは、スポーツは面白くない。
自分で勝ちたい!って思って、勝たなくちゃって思って、そのために強くなる方法を、自分で考えていこう。

僕らコーチは、その君たちの応援をできる限りしていくつもりです。

公式戦を、上部大会を、“たのしみ”に行こう。

【やるぞ!ジャイアントキリング!】第40回全日本少年サッカー大会 埼玉県大会東部地区代表決定戦組み合わせが決まりました!【速報】

2016年10月16日夜、春日部市/総合体育館「ウイング・ハット春日部」3階会議室にて、2016年度・第40回全日本少年サッカー大会/埼玉県大会東部地区代表決定戦の抽選会が行われました!!

zennichi2016tobu.jpg

埼玉県の500を優に越えるジュニアチーム。
その中で埼玉県東部は110程度のチームがあります。
東部が12ブロックに分かれて4月~9月まで、ホーム&アウェイのリーグ戦を闘い、各ブロックで1位となった12チーム、そして各ブロックで2-4位の36チームで行われたプレーオフを勝ち上がってきた12チーム。
合計24チームの少年たちが“たった4チーム”の東部代表の座を賭けて試合を行います。

トーナメント1回戦はブロック1位VSプレーオフで勝ち上がってきたチームの組み合わせ。

東部地区北Bブロック1位の東鷲宮FCの東部予選初戦は、春日部市中野グラウンド芝面で9時キックオフ。
一回戦の相手は、埼玉県4種リーグの東部地区南Aブロックで、昨年度全日本少年サッカー大会の全国覇者「レジスタA」に引き分けている「松伏FC」となりました。

松伏FCは4種リーグ、東部地区南Aブロックで惜しくも2位となったものの、プレーオフで激戦を勝ち上がり、東部地区代表決定戦に駒を進めてきた猛者です。

冷静に戦績などだけを見れば…今年度の東鷲宮FCチームが今まで戦ったことのないぐらいの強豪かもしれません。
特に全日本少年サッカー大会は“「個」の力の差”が結果に現れやすい8人制大会。

ただ、我々東鷲宮FCの子供たちは、今年度はずーっと、どこと試合をしても“挑戦者”の気持ちで闘ってきました。

相手も同じ小学生。走る速さも、飛ぶ距離も、そこまで変わることは無いはずです。
まずは目の前の初戦に集中し、「一丁、ジャイアントキリングを起こしてやろうぜ!!!」ぐらいの気持ち、自信で行きましょう!!

あのアントニオ猪木がこう言っています。

「道はどんなに険しくとも、笑いながら歩こうぜ」

皆さん、応援よろしくお願いします!!!

【超速報!】東鷲宮FC、第45回埼玉県サッカー少年団中央大会進出決定!!ばんざーい!!

Wow, great! You did it. Congrats!!

「おめでとう!」なんて言うと少し重々しいし、まだ今年度の東鷲宮FCの目標を達成したわけではないので、ここは英語であっさりと 「わお!お前らやったぜ!最高だぜ!!」 ってな感じで(笑)。
でも「congratulations‼」じゃなくて「Congrats!!」なんてところに若干“いなせ”な感じを醸し出しています。

…というわけで、やりました!

IMG_4018.jpg IMGP0868.jpg

昨日10月9日、朝からの雨の中、天然芝の幸手市総合公園陸上グラウンドで行われた「埼玉県東部地区代表決定戦 VS豊野Fフットボールクラブ(春日部市)戦」に勝利をした東鷲宮FCは、第45回埼玉県サッカー少年団中央大会への進出決定を勝ち取ることができました!!!

さてさて…当日、我々指導者達は朝からソワソワしていました。

今年度の東鷲宮FC6年生5年生チームの目標は、公式戦3大会のいずれかで、
県中央大会で1勝すること。

サッカー協会登録の埼玉県全ジュニアクラブが参加する「第10回埼玉県第4種リーグ戦(今年度の県中央大会に進出する東西南北地区全ブロックの1位は決定しています。詳しくはこちら)」や「第40回全日本少年サッカー大会埼玉県予選」と異なり、この“埼玉県体育協会埼玉県スポーツ少年団”や“埼玉県教育委員会”が県サッカー協会とともに主催する「埼玉県サッカー少年団大会」は、いわゆる地域公立小学校学区に根ざしたボランティアで運営される“スポーツ少年団”に参加資格が与えられます(簡単に言えば、大宮アルディージャジュニアや浦和レッズジュニアはこの大会には参加できません)。

まあ小難しい大会参加規程は置いとくとしても、とにかく、我々東鷲宮FCの目標である
県中央大会で1勝する
を達成する可能性が一番高い公式戦であることは間違いないでしょう。
(とはいえ、埼玉県サッカーチームの大多数はスポーツ少年団。とてつもなく厳しい戦いであることは実は変わりありません)

ともかく、今日は一日中…というか今週月曜ぐらいから、まだかまだかと待ち望んでいた試合でした。

IMG_4023.jpg IMG_4024.jpg

とはいえ、雨の中のアップ時、そして登録メンバーチェック時の選手の顔は、少々強張り気味。
すでに東鷲宮FCは第10回埼玉県第4種リーグ戦は県中央大会への切符を手にしているとはいえ、今日は東部地区から7チームしか行けないスポーツ少年団大会県中央大会への雌雄を決する、埼玉県東部地区の各ブロック代表14チームが集まった東部代表決定戦。

IMGP0870.jpg IMGP0872.jpg

近隣地域のよく知っているチームも出場していましたが、それらがいつもとは違う目の色で、気合の入った素晴らしい試合を繰り広げていました。
さらに越谷市や草加市などの強豪チームは応援団を結成して“チャント”を歌っているところやゲートフラッグ、弾幕を出していることろも多数ありました。

小学生なりに冷静さを装いながらも、目、耳から入ってくる現場の情報は、「いつもとは違う雰囲気、いつもとは違う様子、いつもとは違う試合」を意識させるのには十分だったかもしれません。

IMGP0882.jpg IMGP0883.jpg

いつもと同じ形の試合前の円陣、掛け声、そして11人が各ポジションに散っていくいつもと同じ形。
その形は同じでも、微妙な心の変化が、試合をかなり難しいものにしてしまった気がします。

緊張を伴ったお互い初見の試合に割とルーズな中盤の守備と雨上がりでスリッピーなピッチが加わり、試合はよく言えば面白いシーソーゲーム、ぶっちゃけて言えばすこし緩いガードでの打ち合いとなり、3-3で延長戦に突入しました。
20分ハーフの試合も小学生にとってはかなりキツイなか、さらに10分間ガチンコで走らなければなりません。

「勝つのは大概、勝てると思っている人間だ。」

先月逝去されたゴルフ界の攻撃的なキング、アーノルドパーマーの有名な言葉を、延長戦に向かう東鷲宮FCイレブンの顔を見ながら思いだし、「このみんなの顔なら勝てるな。よし…この言葉をブログの速報に使おう…」と私はヨコシマなことを考えていました(笑)

そして延長後半に、エースのSくんの、今日4点目となるゴールが生まれました。

IMG_4026.jpg 20161009toburesult.jpg


試合後のみんなでやった「ばんざーい!」は、なんだか若干気の抜けたビールのような感じでしたが・・・
いやいや、まだまだ心からの「おめでとう」と「ばんざーい!」は県中央大会まで取っておきましょう。

第45回埼玉県サッカー少年団中央大会は、
2017年1月15日(日)に1回戦が「 越谷しらこばと運動公園 G、東松山サッカー場、与野八王子グラウンド・江南総合公園グラウンド」にて開催され、
1月22日(日)2・3回戦 埼玉スタジアム第2・3グラウンド
2月5日(日)準決勝 埼玉スタジアム第2・3グラウンド、決 勝 埼玉スタジアム第2グラウンド、閉会式(中央大会出場全チーム参加)
という日程で実施されます。

ちなみに昨年度のトーナメントがこちら
昨年度の決勝は“名門”浦和尾間木サッカースポーツ少年団と“原口元気が所属した”江南南サッカー少年団の闘いでした。
そういえば尾間木さんは、現在の5年生が4年生の時のロータスカップ県中央大会のさいたまスタジアム第3グラウンドで対戦し、実力差を感じさせらていますね。

とにかく、昨年度の新人戦以来、いつも我々は挑戦者です。
もっともっと練習して、目標である県中央大会での1勝を勝ち取りましょう!!!

アーノルド・パーマーはこうも言っています。
「絶対勝つと思ったら、勝つ。高く昇ろうと思ったら、高いところを思え。」

201606gtaikai.jpg

前回のブログで載せた公式戦の日程表です。
再来週には、JFAが主催する第40回全日本少年サッカー大会の埼玉県東部大会が待ち構えています(4種リーグ予選ブロックで一位だった東鷲宮FCは、この出場権を持ってます)。

すでに公式戦2つで県中央大会の出場権獲得!という東鷲宮FC創立以来の素晴らしい成績を上げている2016年度トップチーム。
この余勢を駆って、“さらに高いところ”を思って闘っちゃいましょう!!!

…とはいえ、全日本の東部大会は8人制のジュニアクラブチームが多数参加する非常に厳しい試合となります。
ぜひみなさんで応援よろしくお願いします。



というわけで、この東鷲宮FCブログ史上でも、最短での試合結果報告となりました!
焦って書きましたので、誤字脱字は容赦勘弁仕る。。。です。

【速報】第45回埼玉県サッカー少年団大会 東部地区代表決定戦7試合の組合せが決まりました!!



みなさん、こんにちわ。今回は早速Youtube動画「絶対負けない」の引用から始めてみました。
10月の東鷲宮FCのキーワド!それは「絶対負けない」。
そう。
誰にも負けない強い気持ちがあったら負けない !!ですよ!!!

201606gtaikai.jpg

2016年度の東鷲宮FCトップチームの公式戦の結果は現在のところ上記の図のようになっています。
8人制では6年生+5年生4名、11人制の場合は6年生+5年生6名の布陣で、毎回苦戦しながらも強い気持ちで勝ち進んでいます。
現時点では、第40回全日本少年サッカー大会埼玉県大会埼玉県東部地区予選(10月22日予定・8人制)、第10回埼玉県第4種リーグ戦県中央大会(埼玉県第4種サッカーリーグ選手権大会・12月予定・11人制フルサイズピッチ)の2公式戦での上位大会進出が決定しています。

そしてとうとう次の日曜日、10月9日に幸手総合グラウンド(天然芝)において、埼玉県東部地区の北・中・南ブロックを勝ち抜いてきた14チームが参加する、第45回埼玉県サッカー少年団中央大会(11人制・4種用サイズピッチ)を賭けた東部地区代表決定戦が開催されますよぉ!

サッカー第4種(小学生年代)を構成するクラブジュニアチームとサッカー少年団。
この大会は体育協会、サッカー協会、教育委員会が主催するサッカー少年団のみの公式戦であり、我々少年団サッカーチームにとっては、もっともターゲットとしている公式戦となります。

20160925syounentaikai.jpg

9月25日夜、埼玉県東部地区の勝ち進んだ14少年団の代表者で行った抽選会は上図の通り。
この代表決定戦で勝った7チームが、来年1月から行われる県中央大会へと進出します。

この中で、抽選会時点ではまだ越谷サンシンサッカースポーツ少年団と、我らが東鷲宮FCの相手が決定していなかったのですが…ついに先日決定しました。
越谷サンシンの相手はあのサンフレッチェ広島の佐藤寿人選手などの何人ものJリーガーを先輩に持つ大増サインライズFC、そして東鷲宮FCの相手は「春日部市の豊野Fフットボールクラブ」となりました。

豊野Fフットボールクラブは東鷲宮FCにとって未対戦のクラブです。
現5年生が4年生の時、初めて県の中央大会に進出したロータスカップの東部予選で、同会場で大会に参加したものの、別ブロックだったためほとんど接触はありませんでした。
今年度の第4種リーグ東部地区中ブロック予選の結果などは埼玉県サッカー協会4種連盟のHPなどで閲覧することができ、その様子では苦戦の状況は見受けられますが、4種リーグ戦は今回とは異なる8人制。さらに我らの東部地区北ブロックよりレベルが高いと言われる東部地区中ブロックでの試合の結果ですので、次の試合の参考に非常になるか…というと、それは少々クエスチョンマークです。

とにかく、我々今の東鷲宮FCトップチームは、最初の公式戦(2015年度 第10回埼玉県第4種新人戦)で一回戦負けを喫した際から、心に決めたことがあるのです。

それは
「もう一度、挑戦者になります。」
ということ。

今回も、どんな相手であっても、挑戦者の気持ちで、そして
「決して曲げない、誰にも負けない強い気持ち」
があったら、きっと“何かを掴める”試合ができると思っています。

保護者の皆様、応援よろしくお願いします!!!!!!!



さてさて、そんな10月にある様々な公式試合の良い練習に、9月後半と10月1週目の日曜日は、三郷スカイパーク(天然芝)で行われる「第33回三郷市スポーツ少年団近隣市町サッカー大会」に出場してきました。

DSC_0293.jpg DSC_0313.jpg

この大会は東京の江戸川区からも参加チームが来る、広範囲な歴史あるカップ戦で、さらに11人制で行われます。
例年、少年団の中ではかなり強いチームの参加が多く、さらに東鷲宮FCにとってはこの時期の土日は学校行事とぶつかることもあるため、毎年苦汁を飲まされる大会となっています。

ただ、モウリーニョ監督の名言で「「ピアノの名手は練習でピアノの周りを走ったりはしない」と云うのがあるように、やっぱりサッカーはサッカーでしか上手くなりませんからね。たまには未知の強豪に揉まれるのもいい機会でしょう。
さらに、「こんな強いチームと試合したの初めてだよー!!」と思っていたチームが、次の試合でさらに強いチームにコテンパンに負ける…なんてのを目の当たりにして、いろんなことを感じて欲しかったりもするのです。

DSC_0327.jpg DSC_0545.jpg

選手が挨拶と握手のためにセンターサークルに並んだ時は、さほど両チームの身長差・体格差を感じないのですが、キックオフの笛が鳴ってからのピッチの上では、東鷲宮FCの選手と強豪クラブの選手では、不思議と身体面を中心としたフィジカルの差を感じずにはいられません。

相手チームの方が大きく、高く、そして速く感じ…さらに試合が進んでいくと、相手チームの選手の声しか聞こえなくなっていくこともあります。

DSC_0681.jpg DSC_0683.jpg

サッカーは、「スピード」 「角度」 「バランス」が大事な三要素といわれています。
ただこの三つは、この言葉の額面通りに受け取れる、見える要素だけを論じているわけでは当然ありません。
スピードにも可視化される「走るスピード」「パスのスピード」以外にも、「局面での判断のスピード」「試合前やハーフタイムに言われたことを理解するスピード」「疲れたときに考えるスピード」「仲間に助けてもらおうと言葉をかけるスピード」「ミスをした時にポジティブに切り替えるスピード」…などなど様々な…そして順位が付けれないほどどれも重要なことがあります。

試合で選手たちは攻撃時には、
ボールを発見したら、最低3か所のポイントを見て、同時に味方と相手を確認し、ポジションを取るために動き出します。
味方とコミュニケーションやコンタクトを取りながら、相手と駆け引きしして、最適なスペースに移動しながらボールにタッチ=トラップ。
そしてボールを発見した味方やゴールへ最適な蹴り方でキック!
を行っていきます。

さらにそこには、意識的な個人戦術の要素が絡んできます。
それができるようになるのは15歳ぐらいでしょうか。日本では高校生からチーム戦術へと移っていくケースが多いのもそのためなのでしょう。

DSC_0631.jpg DSC_0834.jpg


東鷲宮FCの選手も(個人的な差はあるものの)、かなりこの一連の流れは理解し始めていると思います。
ただし、今回選手たちにも試合後のミーティングでは伝えましたが、この流れの中で行う「移動しながらボールにタッチ=トラップ」と「ボールタッチ後のボールを運ぶ角度」に、強いチームとの間に大きな差があることも、認識はしてくれたと思います。
基礎技術の止める・蹴るももちろん大切ですが、これだけではサッカーはできません。
とはいえ、サッカーの動きは基礎技術の上に成り立っているのも事実。試合で使える技術は、強い相手との試合から学ぶのが一番の近道です。

学んで課題が見えたら、まずは自主練習。
6年生だけではなく、いま6年生に帯同している5年生、そして居残りで練習している5年生も、自分で動き出してほしいなあーと思う今日この頃です。

と、いうわけで今回のブログも「速報!」で短めのつもりが、意外と長文になってしまいました。
泣いても笑っても、週末に第45回埼玉県サッカー少年団大会 東部地区代表決定戦はやってきます。

最近急に寒くなりました。
当日は雨天決行ですので、怪我はもちろん、体調を崩さないよう、いい準備をして土日を迎えてください!

「誰にも負けない  決して曲げない 誰にも負けない強い気持ちがあったら負けない  絶対負けない  決して曲げない 誰にも負けない強い気持ちがあったら負けない♪」
です!!!

【速報!】第45回埼玉県サッカー少年団大会東部北ブロック代表決定戦!辛勝ですが“嬉しい”東部大会に進出です!

みなさん、お久しぶりです!!!
おめでたいことは、とりあえず速報です!

2016年8月28日に久喜市民グラウンド行われた、第45回埼玉県サッカー少年団大会東部北ブロックの予選リーグを、FC羽生Boys(3-0)、杉戸西SSS(1-0)、大利根北川辺SSS(0-0)の2勝1引き分けで首位通過した我らが東鷲宮FC。

2016kumiawase.jpg

本日9月10日、まだ残暑残る快晴の空の下、美しい緑の天然芝ピッチの幸手市総合競技場で行われた、第45回埼玉県サッカー少年団大会東部北ブロック代表決定戦(11人制)に参戦してきました!!

IMG_3767.jpg

この代表決定戦に出場するのは10チーム。
今日勝った5チームが、10月9日に行われる東部大会へと進出します。

FullSizeRender.jpg

そして…本日、砂原サッカークラブとは大接戦。
ゴール前の混戦から先制されて、コーナーキックを体で押し込んだ1点!で追いつき、また先に点を許すもコーナーキックからのオウンゴールで追いつく・・・という緊張感あふれる前半。

IMG_6587.jpg IMG_6534.jpg

そして後半、個人技に勝る相手のドリブルからの攻撃をなんとか凌いだ後にカウンターから得た右サイドからの右足でのコーナーキック。
ミスキック!!と思われたそのキックは、うまい具合にアウトにかかり、ブレ玉のような形でキーパーの頭上を越えてゴールネットに吸い込まれていきました。

IMG_6570.jpg IMG_6593.jpg

そのあとの笛が鳴るまでのなんと長かった…こと。
3-2の辛勝です!!

さてさて、これでまずは来月9日の東部地区の北、中、南代表計14チームが集まる東部大会に進出。
この東部大会を勝ちあがれば…
いよいよ県内東西南北各地区予選を勝ち抜いたサッカー少年団32チームによる、埼玉スタジアム2002で2017年1月15日(日)・22日(日)・2月5日(日)に行われる中央大会となります。

これで2016年東鷲宮FCの6年生5年生合同チームは今までのところ、埼玉県4種リーグ戦は県大会進出、全日本サッカー大会は埼玉県東部大会進出、そしてスポーツ少年団大会も東部大会進出…と素晴らしい結果を残しています。
U-12世代のサッカーの公式戦すべてでこの上位大会進出という結果は、東鷲宮FC創設以来最も素晴らしい成績の一つです。

ただ、我々は上位地区大会の予選進出が目標ではありません。
公式戦での目標は、県中央大会での1勝が目標です。

夏も終わり、季節はサッカーにとっては最もパフォーマンスを発揮しやすい時期へと移り変わっていきます。
6年生はあと半年で卒団となります。
力を合わせてがんばって、目標を達成しに行きましょう!!!

(以下は少年団大会東部北ブロックの予選リーグの写真となります)

DSC_0021.jpg DSC_0067.jpg

DSC_0228.jpg DSC_0415.jpg

DSC_0571.jpg DSC_0579.jpg

DSC_0598.jpg DSC_1010.jpg

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

次は少年団大会東部大会の様子をレポートするつもりです!

なお、東部大会の抽選会は、9月25日に宮代町で行われるそうです。
くじ運にも期待(笑)!!!

2016年夏です。久しぶりの5年生だけでの試合や4-6年参加の夏合宿。そしてトップチームの埼玉県少年団サッカー大会の東部北地区予選組合せ抽選会がありました!

梅雨がなかなか明けず、「暑くなる暑くなる…と噂されていた今年の夏は、まさかのクルクル詐欺?」と思っていたのも懐かしや。
あっという間に真夏で、昼間の気温は37度!!なんても日珍しくなくなってきましたがいかがお過ごしでしょうか?
地球の反対側で開催のリオデジャネイロオリンピックも始まり、寝不足気味の方も多いのではないでしょうか?
体調にはお気をつけて、オリンピックイアーの夏をお楽しみください!!!
僕なんかたった今、福原愛ちゃんの卓球女子シングルス準決勝での試合後の涙でもらい泣きをしながら、小さなころから彼女を見てきた親戚のおじさんのような気分でこのブログを更新中ですよー(爆笑)。

さてさて、この前のブログ更新から早いものでもう一か月。
ギラギラの太陽の下でも東鷲宮FCの選手たちは、「暑い!」「疲れた!」などとは(あんまり)言わずに、たくさんたくさん走りながら、無駄に泥や砂に塗れながら(笑)、汗まみれでボールを蹴っています。

10年ほど前のザ・マスミサイルというバンドの歌で、「小学生の夏」という素敵な歌がありました。
何を追いかけてたんだろう
『虫を追いかけてたんだよ』
急いでもないくせに なんで君はいっつも走りまわってた
『夢を追いかけてたんだよ 何かから逃げてたんだよ』
全て意味ある人生 小学生の夏




お母さんには理解しがたいこともあるかもしれませんが、特に男の子の小学生の夏は…汗をかいて、無駄に汚れて、大声で笑いあって、たまに泣いてみて、ぐっすり寝て、暇があれば走り回って、熱い土のグラウンドや原っぱで寝転がって、そんな明日を楽しみに夜もぐっすり寝て…ということに最大の意味があったりするのです。

暦の上では8月7日が立秋だそうですが、まだまだ…というよりはこれからが本番で夏は続きます。
10歳の男の子は、あっという間に秋に向かって走っていってしまいます。
僕らも彼らを一生懸命追いかけて、東鷲宮FCでのサッカーが、「小学生の夏」の素敵な一ページに加わるようにがんばっていきます。

さてさて、ではここ最近の、5年生、6年生を中心とした活動を紹介しましょう。



2016年7月17日。
この日は5年生の北彩連盟サテライトリーグU11がありました。
対戦していただいた古河セブンFC、FEアトレチコ佐野、騎西SSS、大幡SSSの皆さん、ありがとうございました!

2016071892803.jpg 2016071892857.jpg
2016071892858.jpg 2016071893053.jpg

サッカースポーツ少年団だけに限らず、第4種サッカー連盟に所属するサッカーチーム(埼玉県だけで600チームぐらいあると思われます。いわゆる民間のクラブチームやトレセン選抜チームなども含まれます)は12歳以下(U12)で構成されます。
そのため4種の公式戦(JFAや県サッカー協会が主管となった、県大会や全国大会に繋がる大会の総称です)はU12という出場資格で開催されることがほとんどです。
チームによってその学年の人数などの様々な事情がありますが、大抵の場合公式戦には6年生が中心となったチームに、選抜された5年生が数名帯同していく…というケースが多いようです。

2016年度の東鷲宮FCも、11名の6年生に加えて8人制の場合は3名、11人制の場合は6名の5年生が公式戦に参加しています。
数日間のトーナメント戦だけではなく、地域予選はリーグ戦なども含まれてくるため、1年を通して公式戦はかなりの数になってきます。
そのため、各チームとも5年生が単独で動くことは、それまでの学年の時に比べて少なくなっていくのが通例となります。

そんな中では、毎月開催される北彩連盟サテライトリーグU11は5年生単独での連携力などの力を伸ばしていく絶好の機会。
勝ち負けよりもまずはチームとしての力をつけること、そしてそれまでの練習の成果を発揮すること!を目標に、今回も12分ハーフの試合を4試合行ってきました。

2016071893126.jpg 2016071894854.jpg
20160718111006.jpg 20160718122942.jpg

5年生のトップチームへの帯同状況によっては、4年生中心で出ているチームも多少あったため、わりと練習の成果は発揮しやすかったかもしれません。
でも、まだまだボールウォッチャーでいる時間が長いです。
もっともっと、個人としての能力を高め、プレーに余裕を生み出し、周りをきちんと見ることのできる時間を作りだし、見ているお母さんたちが面白い!!と思えるサッカーをしていきたいですね。

今年の12月には、第11回埼玉県第4種新人戦予選が始まります。
この大会は、現在の5年生がトップチームとして単独で参加する、初めての公式戦(埼玉県サッカー協会主管)となります。
(昨年度の東鷲宮FCの新人戦の様子はこちらです。)
もっともっと練習しないと勝ちぬけない、緊張感あふれる大会です。
4年生の時の、ロータスカップ県中央大会へ進出したときのようなガッツと団結力で頑張っていきましょう!!



今年も8月第1週目の暑い暑い土日に、2016年度東鷲宮FC、6年生、5年生、4年生合同合宿が古河リバーフィールドスポーツセンターで行われました。

IMGP9925.jpg IMGP9929.jpg
IMGP9932.jpg IMGP9935.jpg

相変わらず、この一番暑い時期での合宿
体調を崩す子も例年よりも少なく、みんな上手くなるために頑張りました。
夕食後のサッカーセミナー(1時間)も、しっかりメモをとって良く聞いていました。
夜も意外とみんな早く寝たかな。。。コーチたちの「夜のサッカー談議 with ビール&缶酎ハイ」も夜12時には終了してましたしね(笑)。

少しだけ気になるのは、食の細い子が意外に多いですね。
まあお母さんの作る“美味しい”料理が一番好きなのはわかるのですが。。。
それでも5-6年ぐらい前までの、余ったおかずの取り合い…みたいなことは最近見られなくなりましたね。
せっかくの合宿なので、もう少し“ガツガツ”してくれると「いいなー」なんて思うのは、僕が歳を取ったからですかね(笑)。。。

それはともかく、合宿の最後には最近恒例の4年生対5年生、5年生対6年生、6年生対大人の試合も行いました。
それぞれの年代が、それぞれの年代の実力が肉薄してきていることを感じれたと思います。
すでに大人陣が6年生に勝利していくのが難しくなってきたなー…なんて思わされるのも、この合宿の毎年の思い出だったりします(トホホ)



さて、8月28日から第45回埼玉県サッカー少年団大会の予選がスタートします。
この大会は11人制。上にも記しましたが、東鷲宮FCトップチームは6年生11名と5年生6名のベンチメンバーでこの公式大会に臨みます。
4種リーグ戦は8人制につき3名の5年生帯同でしたので、5年生のトップチームに初選出される3名にとっては、非常にいい経験になると思います。
「やるのは自分!」です。ぜひぜひ、前進の気概を胸に頑張ってほしいと思います。

この第45回埼玉県サッカー少年団大会ですが、8月28日から始まる県内東西南北各地区予選(東鷲宮は埼玉県東部地区の北ブロックからスタート!)を勝ち抜いたサッカー少年団32チームが、埼玉スタジアム2002で2017年1月15日(日)・22日(日)・2月5日(日)に行われる中央大会に進出します。

JFAや埼玉県サッカー協会が主管となる大会と違い、県スポーツ少年団 - 公益財団法人埼玉県体育協会が主管となるこの大会は、いわゆる“学区の枠組みで地域の協力によって活動する「スポーツ少年団」”のみが参加する大会となります。
どうしても“選ばれたサッカーの上手い子供、運動神経の優れている子供、平日も活動できる子…のみで構成されるとは限らないスポーツ少年団”にとっては、新人戦、4種リーグ戦(全日本大会予選を兼ねる)…とある3つの公式大会の中で、この大会を最大目標に活動するところが多いのも事実です。

ということで、我々東鷲宮FCもやる気満々です!!!
先日、まずは埼玉県東部地区の北ブロック予選の抽選会が行われました。
 
2016kumiawase.jpg

…この地区では強豪と言われるスポーツ少年団が数チームいるブロックに入ってしまいました。
ただ、同じ小学生です。あまり経験のない11人制です。
現時点であるかもしれない差は、この夏の練習で埋めていきたいと思います。

とにかく8月28日から地区予選が始まり、A-Jブロックの各一位チームが10月の埼玉県東部予選へと進んでいきます。

小学生の夏は、とんでもなく楽しくて、そしてあっという間に過ぎ去っていきます。
大人はそれを一生懸命、目に焼き付けましょう!
子どもたちはあっという間にそんな素晴らしい時を忘れて、大人への階段を上っていってしまいます。

4種リーグ戦では、県大会進出を勝ち取りました。
また何か、やってくれるだろう選手たちへの期待で、いまからとても楽しみです!!
応援しましょう!!!!!

【速報】第7節終了時点でブロック1位決定!第10回埼玉県第4種サッカーリーグ戦選手権の県大会出場権と第40回全日本少年サッカー埼玉県東部地区予選出場権を獲得しました!!

みなさまお久しぶりです。
梅雨はまだ明けないようですが、それでも梅雨の晴れ間は今年の真夏の酷暑を予想させるのに十分な太陽が降り注ぎ、温度がグングン上がっていきますね。
熱中症だけではなく、いわゆる風邪なども含め、体調を非常に崩しやすい時期です。
なにとぞお気をつけください。

さて、2016年度U12、第10回埼玉県第4種サッカーリーグ戦選手権は、埼玉県内の参加全チームを東西南北の区分を基本とし、9チーム(基準)/1ブロックで55ブロック(東部12、西部14、南部20、北部7、少女2)に分けて、ホーム&アウエー方式でのリーグ戦(各2対戦)で実施されています。
また、この各地区でのブロック予選は“第10回埼玉県第4種サッカーリーグ戦選手権の県中央大会”の予選であると同時に、“第40回全日本少年サッカー大会埼玉県予選東西南北の地区大会”の出場権を賭けたリーグ戦となっております。

我々が所属する埼玉県東部はその中がさらに北、中、南に分けれており、今回東鷲宮FC(6年生+5年生選抜チーム)は埼玉県東部北地区のBブロックでリーグ戦を闘ってきました。
6月5日から後期が始まった4種リーグ。
前期で行田星河SSSに痛い一敗を喰らった東鷲宮FCは勝ち点18。勝ち点21の行田星河を追いかける形のBブロック暫定2位で後期リーグ戦に挑みました。

DSC_0685.jpg DSC_0913.jpg

毎回どのチームと試合を行っても、なぜかハラハラドキドキ苦戦するのが東鷲宮FCのいいところ…ではありますが、第5節も苦戦しながらも江面ファーストSCとFC栗橋南に勝利して勝ち点を24まで伸ばしました。
同日、行田星河SSSがFC栗橋南戦で星を落としたため、この時点で勝ち点は並びました。

20160613101647.jpg 20160613104944.jpg

「さあ!大一番!!」ということで気合を入れて参戦した6月12日・加須はなさき水上公園多目的グランド。
今回ベンチ入りしなかった5年生の仲間たちも応援に駆けつけてくれました。

…行田星河SSS戦は、おそらくこのメンバーでのベストゲームだったと思います。
開始早々に先制されてからの踏ん張りと前半での同点弾。
そして後半の全員で運んだ逆転シュート。
そこから試合終了まで、一時も休まずに走りまくった選手たち。
さらに子どもたちに最大限のやる気を与えてくれたベンチから、そしてベンチ外からの応援。
なんとか2-1で勝利しました。
続く大桑FC戦も勝利し、勝ち点を30までに伸ばした東鷲宮FCは、Bブロックの単独首位に躍り出ました!!

IMGP9757.jpg IMGP9759.jpg

第7節、7月3日は梅雨の晴れ間となり、午前中でも気温は32度、昼間には気温は35度にも達しそうな、少年サッカーにはベストとは程遠いコンディションとなりました。
とにかくこの日、3位につけている加須少年SSSと4位の幸手さくらSSSに勝利すればBブロック1位がかなり近づきます。
相手だけではなく、このコンディションとも戦わないとならなくなりましたが、幸いにも1試合目はまだマシな10時キックオフ。
「絶対勝とう!!」
キャプテンの大きな声で、サッカー場へと向かいました。

IMGP9762.jpg IMGP9765.jpg

気温はジリジリと上り、さらに太陽が出ると肌が焼けるように暑い日となりました。
さらにスタメンのゴールキーパーのS君が腰を痛め試合に出ることができず、急きょキャプテンが急ごしらえの背番号でキーパーとして出場です。
不思議に選手のみんなは焦ってませんでしたね。
やることをやって勝ち切ろう!…そんなムードが漂っていました。

IMGP9766.jpg IMGP9773.jpg

とにかく暑い!ハーフタイムで戻ってくるころにはもうみんなヘトヘトの顔です。
さらにセンターバックの選手の太ももに相手の太ももが入ってしまい、試合続行不可能で交代。
今まで、みんなやったことのないポジションで、それでも勝利を目指し走りまくりました。
今日やる試合が一番のベストゲーム!
まさにそれを体現しているような、選手たちのガンバリがそこにはありました。

IMGP9774.jpg IMGP9775.jpg

きつかったと思います。辛かったと思います。
でもなんとなく、今日のチームの雰囲気は、勝つチームのそれだった気がします。
加須少年SSSには先制されてからの逆転勝利、そして幸手さくらSSSにも3-1で勝つことができました。

これで勝ち点は36。
行田星河SSSが午前中に幸手さくらSSSに負けたため、第8節を待たずして東鷲宮FCの埼玉県東部北地区Bブロックでの1位が確定しました。
上の試合後の写真のキャプテンと正ゴールキーパーの笑顔は勝った喜びから来ているんでしょうが…酷暑と試合途中も含めて怪我人が3名もでるという逆境の中、やりきったぞー!とホッとした部分も多分にあるんでしょうね(笑)

とにかく、選手の皆さん、おめでとう!
そして保護者の皆様の暖かいサポートありがとうございました!!

東鷲宮FC創設以来初めての、トップチームの4種リーグ戦県中央大会進出が決定しました。
下の写真は昨年度の第9回埼玉県第4種サッカーリーグ戦選手権県中央大会のトーナメント表です。
ここに東鷲宮FCも名前を連ねるわけですよぉー!!

saitama4syureag.gif

もちろん、出るだけを目標にはしてません。
せっかくだから大宮アルディージャU12や昨年度全国を制覇したレジスタFCと闘ってみたいなーなんてヨコシマな考えも過ぎりますが(笑)、あくまでも目標は県大会での1勝です。

夏休みが終われば、あっという間に秋が来て、そして冬の足音が近づいてきたころに、この4種リーグ県中央大会が始まります。
その前には、今回の予選リーグで勝ち取った“全日本小学生サッカー大会埼玉県東部予選”も幕を開けます。
さらに8月の最終週には、埼玉県4種サッカー少年団大会(いわゆるクラブチームを除いた、少年団だけで競い合う県大会です)の予選も始まります。

思い出に残る、素敵な1年にしましょう。
これからが本番ですよー!
変わらぬサポート、よろしくお願いしますです!!!

それでは今回も、長文お付き合いありがとうございました!!!!

4種リーグ中断期間に、5年生はたくさん対外試合をしました。そして4種リーグの後期試合日程が確定しました!

みなさんご無沙汰しております。更新が滞っていてすいません(汗)。
いつのまにか春も終わり、埼玉も梅雨入りしてしまいました。
サッカースポ少活動もお天道様には勝てません。せめて土日は雨が降らないでほしいものですね。

東鷲宮FCのU12トップチームが出場している第10回埼玉県第4種サッカーリーグ戦選手権の県東部北地区予選は5月1日で前期日程を終了し、6月から9月までに後期が行われます。
前期の4種リーグ戦には5年生から3名の選手が参加していました。
そんなわけでこの4種リーグ中断期間は、久しぶりに5年生が勢ぞろいするチャンス。
5年生選手のみでのたくさんの近隣強豪チームとの対外試合を行うことができた5月となりました。

【5年生チーム、5月の活動記録】

(5月07日 5年生練習試合 VS久喜東FC、VS羽生Boys)
20160508 102131 20160508 104705
20160508 110241 20160508 114412

ある程度のフィジカルはあるもののドリブラー不足の5年生の課題の一つは、前線でのキープができずに攻撃時に人数が揃わず、セットプレー以外の時ではペナルティエリアの中及びその付近では数的優位の状態が作れないことでした。
そんな理由もあり、ここ最近の5年生の試合ではワンバックの1-3-3のシステムを採用していました。
イメージ的にはリベロとウィングがいるあの“ヨハン・クライフの3-4-3”からサイドバック2枚とトップ下MFを抜いたようなイメージです。
とにかく前線から方向を狭める守備を激しく行い、ボールを奪いきったら大きく幅を取ったウィングを活用しつつ人数をかけて攻め上がる。
そして攻守が切り替わったら全速力で戻って、“がら空きのサイド”をサイドハーフやセントラルミッドフィルダーが必死になって埋める。。。

どこのポジションの選手にとっても非常に大変なシステム。周囲を絶えず見て、スプリントをたくさんしないとあっという間に失点に繋がることは言うまでもありません。
最初の内は予想通り、ついついがら空きの守備に気を取られ、本来の目的であるサイド攻撃もままならない状況でした。

たくさんたくさん・・・コーチと選手で試合ごとに試合の狙いを話し合い、最後の方の試合では数回サイドからのクロスに飛び込む3名程度の選手・・・という形を見ることができました。
サッカーで面白いのはやっぱり点を取ること。
この攻撃の感覚を、大切にしていきましょう!!

(5月08日 久喜市スポーツ少年団スポーツテスト)
IMGP9444.jpg IMGP9447.jpg

東鷲宮FCも属しているスポーツ少年団という組織は1962年に財団法人日本体育協会が創設した歴史あるスポーツクラブです。
調べてみると全国に約20万人の指導者と、約83万人少年が登録しているそうです。
毎年地域の少年団合同で行われるスポーツテスト(運動適性テスト)は、この日本スポーツ少年団がスポーツ少年団の共通活動として定期的な実施を奨励しているものなのです。
各種目の全国平均値などはこちらをご覧ください

最後の5分完走はみんな頑張りました。
5年生全員、昨年より記録が伸びたようです。
この日は午後から大宮公園Nack5スタジアムで、大宮アルディージャと浦和レッズのさいたまダービーがありました。
何人かの子どもたちは、スポーツテスト終了後に観戦のため、急いで帰ってましたねー。
いいことです。
もっともっと、上手い人たちのサッカーをたくさん見ましょう!!特にオフザボールの動きを見てくれると嬉しいなー。

(5月14日 5年生練習試合 VSFC宮代東、VS北本キッカーズ、VS森下ドリームス)
IMGP9478.jpg IMGP9479.jpg

この日もフォーメーションは1-3-3.
ワンバックで両サイドが寂しいセンターバックの選手…言葉には出さなくても顔が、「今日も大変そうだなー・・・」と言っています。
3-3-1で強力に攻めてくる強豪チーム相手に、とにかく闇雲に走っていては、あらゆる局面で数的不利となってしまい得点されてしまいます。
この日も、試合ごとに狙いをたくさん話し合いました。
最後に行った北本キッカーズさんとの試合では、すこしづつ動けるようになってきたかなー?と思います。
とにかく試合では、たくさん味方同士話して、指示して、要求しあわないといけないのです。
1-3-3なら、攻撃から守備になった瞬間にそのボールを奪われた状況に応じて、中盤でガツガツいく2-4-1もしくは最終ラインで鉄壁のブロックを作る3-3-1のような状況を自分たちの声で作り上げないといけないのです。
この日もたくさん負けましたが、それでも最後の試合の最後の方は、結構押していましたよ。
元日本代表監督であるオシム氏の言葉にもあるように、「試合は最高の練習である」は、本当にその通りだと思います。

(5月21日 U11幸手さくらカップ)
IMGP9485.jpg IMGP9493.jpg

今年の5年生年代の幸手市のチームは、豊作だと聞きます。
そんな幸手市の強豪チームの一つ、幸手さくらSSSさんが主催する大会に招待していただき、美しい天然芝の幸手総合公園陸上競技場で試合を行ってきました。
今まで練習試合でやってきた1-3-3から狙いは一緒ながら2-4-1にシステムの変更を図り、攻撃時にすばやく1-3-3の布陣が作れるような約束事を話し合いで決めました。
我慢して精いっぱい1-3-3システムで育んできた攻守の切り替えと仲間同士のコミュニケーションが、試合で少しづつ出せるようになってきたと思います。
惜しいところで予選リーグ1位は逃しましたが、それでも次につながる試合はできたかな?と思います。

練習でも4対4のミニゲームを中心に、深く広く、攻守の切り替えとスプリントで生み出す躍動感あふれる攻撃的なサッカーを、身につけていきたいと思っています!
頑張りましょう!!

(5月21日夜 久喜市トレセン セレクション)
IMGP9507.jpg IMGP9508.jpg

今年度のU11の久喜市トレセンのセレクションが、幸手市さくら大会と同日の夜に行われました。
暑い中での3試合後のヘトヘトの東鷲宮FCの子どもたちでしたが、市内の選抜された『足に自信あり!』の子どもたちに交じって、精いっぱい頑張ってくれたと思います。
セレクションの結果、6月から、東鷲宮FCからは5名の選手が久喜市トレセンにお世話になることになりました。
まずは6月12日にナイターで練習があるそうです。
トレセン指導者の皆様、なにとぞよろしくお願い致します。




【2016年 第10回埼玉県第4種リーグ戦 県東部北地区Bブロック後期日程 注)雨天延期の場合は予備日での実施となります】

※埼玉県東部北地区の上期星取表はこちら!

6/5(日) 加須市北川辺渡良瀬総合グラウンド
10:00vs江面ファーストSC
13:00vsFC栗橋南

6/12(日)加須はなさき水上公園多目的グランド
10:00vs行田星河SSS
13:00vs大桑FC

7/3(日)加須はなさき水上公園多目的グランド
10:00vs加須少年SSS
13:00vs幸手さくらSSS

9/4(日)加須市北川辺渡良瀬総合グラウンド
11:00vs行田イーグルスSSS


6月12日の行田星河SSSさんとの試合が、首位攻防戦となりそうです。
本気度の高い、見ている人もやっている選手たちも楽しめる試合が繰り広げられることを願っています。

また、後期4種リーグ戦にも5年生から三名が帯同していきます。
帯同する5年生はぜひいろんなものを吸収し、ほかの5年生に影響を与えていってほしいと思います。

埼玉も梅雨に入りました。
ジメジメしていやな季節ですが、そんな空気を吹き飛ばす、素晴らしいサッカーを期待しましょう!
夏はもうすぐですよー。

【速報】第10回埼玉県第4種サッカーリーグ戦選手権の東部北地区の前期7試合が終了しました。

東鷲宮FCの2016年度トップチーム(6年生+5年生選抜)は、埼玉県第4種サッカーリーグ戦を中心に活動していきます。

埼玉県で4種登録がされている約500の地域スポーツ少年団及びクラブチーム、そしてJリーグ下部組織のジュニアチームが、4月9日から12月23日までの期間で埼玉県第4種のトップの座をかけて闘うリーグ戦となります。

IMGP9312.jpg IMGP9313.jpg

そして東鷲宮FCが所属する埼玉県東部北地区では、33チームがA~Dブロックに分かれ、ホーム&アウェイ方式で4月10日の開幕から7月中旬まで、1日最大2試合のリーグ戦(Bブロックの東鷲宮FCは全14戦)を戦っていくことになります。

結果速報は、こちらの4種リーグ戦>地域情報・結果速報をご覧ください。

この東部北地区の予選リーグ戦で1位であれば無条件で第10回埼玉県第4種サッカーリーグ戦選手権中央大会(県大会)に出場することができ、さらに各ブロック1位チーム及び2-4位が出場する地域プレーオフで勝ち抜いたチームが第40回全日本少年サッカー大会の埼玉県東西南北地区予選の出場チームとなります。

東鷲宮FCトップチームの創立以来初となる、県サッカー協会が主催する公式戦での県中央大会への出場、そして中央大会での1勝を大きなターゲットに、毎週一生懸命6年生+5年生チームで練習に取り組んできました。



第一節では大桑FCに4-0で勝利したものの、PKでの先取点を与えてしまった行田星河SSSに0-2で痛い敗戦。
もう1試合も落とせないという強いキモチで、東鷲宮FCベンチ登録メンバー15名は第2節以降に向かっていきました。

【20160417・第4種リーグ戦埼玉県東部北地区Bブロック第2節】

中止してもいいのではないかなー?とも思うような横殴りの暴風と砂嵐が吹き荒れた第2節の花崎多目的グラウンド。

IMG_2890.jpg IMG_2892.jpg

特に1試合目のFC栗橋南ウィングス戦では、慣れない暴風の中、思ったようにパスが回せず、スコアレスドローの勝ち点1を覚悟したほどでした。
後半残り数分のところで、背番号10番がまさに東鷲宮FC魂を魅せてくれ、横風を意識したダイレクトのアウトにかけたシュート!
薄氷を踏む思いでしたが、1-0で勝ち点3を獲ることができました。

ようやく風にも慣れてきた2試合目の久喜江面ファーストSCには、3-0で勝利し、難しい試合が予想された第2節は貴重な勝ち点6を取ることができました。

【20160429・第4種リーグ戦埼玉県東部北地区Bブロック第3節】

この大会をターゲットに、長い間、厳しい(そして楽しい)練習をしてきた選手たち。
せっかくならいい条件で試合をさせてあげたいのですが、なんとこの日もとてつもなく強い風。
下手すると第2節よりも強く、さらに冷たい北風が吹き荒れました。スマホアプリの風速表示は11メートルと記されていました。

さらに風はすべてゴール方面からゴール方面へ吹いています。風下のキーパーが高く蹴り上げたボールは、風で数メートル戻されてしまうほどでした。
まずは最初のコイントスで勝って風上を取るに越したことはなく、さらに風上の時にいかに取れるだけ点を取っていくか…
いつも東鷲宮小学校で練習しているポゼッションサッカーとは真逆の、ドリブルとセーフィティな我慢のサッカーをやリ切ることを選手たちと話し合い、試合に挑みました。

相手は現在リーグ戦で全勝中の行田星河SSSと勝ち点で並ぶ幸手さくらSSS、そして勝ち点で3位につける加須少年SSS。
難しい日になることは予想していましたが、
「こういった悪コンディションでは思いの強さが勝負を決めるよ!!」
と、選手たちを元気に暴風と真正面から砂粒が飛んでくるピッチに送り出しました。

IMGP9343.jpg IMGP9352.jpg

1試合目の幸手さくらSSS戦は、残念ながら前半は風下。
簡単に先取点を奪われたものの、
「まあ風下の時はしょうがないよー!」と、怪我の功名のように、暴風のおかげで普段に比べて焦らない選手たち。
それが良かったのか、風下からのボールの放り込みでペナルティエリア内での混戦を作りだし、押し込んで1点。さらにドリブルからのPK奪取で1点追加…と、前半をまさかまさかの2-1のリードで終えました。
こうなったら勢いはこっちのもの。
もしかすると個々の技術では東鷲宮FCよりも勝る幸手さくらSSSを、縦に横に切り崩して後半に2点追加。
4-1で勝ち点3を奪取です。

2試合目の加須少年SSS戦も落ち着いて闘うことができました。
前半の風上時に1点を取った後の追加点がなかなか奪えずに、ベンチ的には少々焦りましたが、5年生フォワードのドリブルでのペナルティエリア侵入からの素早いグラウンダーのクロスを6年生MFが落ち着いてきれいに合わせてゴール!!
風下の後半も耐えるだけではなく積極的に攻撃を仕掛け、2-0で勝利です。

指導者としては、万全の環境で精いっぱい闘わせてあげたい…という思いもありましたが、それでもこの難しい中で貴重な勝ち点6をゲットすることができました。
幸手さくらSSSが2試合目で行田星河SSSに敗れたため、東鷲宮FCは現段階でブロック2位に浮上しました。

【20160501・第4種リーグ戦埼玉県東部北地区Bブロック第4節】

この日は行田イーグルスSSSとの1試合のみでした。
南からの風も強くなく、サッカー日和の1日となりました。

IMGP9358.jpg

東鷲宮FCの選手たちは、午前中は6年生と5年生でいつもの通り合同練習を普通に行い、その後15時キックオフの行田イーグルス戦に向かいました。

結果は少し危なかったものの、3-2で勝利でした。
これで東鷲宮の第4種リーグ戦の勝ち点は18で、Bブロック2位となりました。

いずれにしても6月5日に開幕する下期が県大会出場を賭けた勝負となります。
下期全勝を目指すためには、もっともっと練習して、もっともっとレベルアップしなければなりません。
みなさん、応援よろしくお願いします!!!



さてさて、4月24日には、久しぶりに東鷲宮FC5年生だけの練習試合も組ませていただきました。
お相手していただいたのは香日向SCさん、場所は私にとっては数年ぶりとなる幸手少年サッカー場です。

IMGP9323.jpg

春になるとタンポポが咲きほこるこのサッカー場は、我々地域のサッカー関係者からは「ドラえもん」と呼ばれるのですが、その通称の言われとなったトイレのオドロオドロシイ落書きも健在でした(笑)。

IMGP9324.jpg IMGP9331.jpg

どうも試合になると、攻撃の枚数が少なく、引き気味になってしまう5年生。
対処として、ワンバックの1-3-3のシステムにチャレンジしてみました。
攻撃時にスペースとなりやすいサイドのコーナー付近を奪い、クロスを上げるときのゴール前の数的優位を作りだす作戦です。
もちろんワンバックなので、カウンターでのサイド攻撃をされたときに脆いのですが、そこは守備時は2-4-1のようになれるようにはこれからの練習次第ですね。

あと8カ月すると、埼玉県サッカー協会主催のU11公式戦(埼玉県第4種新人戦)がスタートします。
いろいろチームとしての試行錯誤と個々のレベルアップをしながら、まずは最初の公式戦をターゲットに日々練習していきましょう!!



さて、今後の試合、イベント予定です。なにも書いて無い日は東鷲宮小学校グラウンドで練習です。体験入団も募集中ですよー。

5月01日(日曜日) トップチーム 埼玉県第4種リーグ戦前期第4節
5月08日(日曜日) 全学年 スポーツテスト 鷲宮小学校
5月14日(土曜日) 5年生練習試合(宮代東、森下ドリームス、北本サッカー)
5月21日(土曜日) 5年生 幸手さくらSSS 招待大会
5月28日(土曜日) 5年生練習中止
6月05日(日曜日) トップチーム 埼玉県第4種リーグ戦下期開幕
6月11日(土曜日) 5年生北彩リーグ2016年度開幕
6月12日(日曜日) トップチーム 埼玉県第4種リーグ戦下期第2節

あっという間に梅雨が来て、そして夏となります。
小学生がグイグイっと伸びる季節です。

楽しみに、いい夏を迎えましょう!!

新トップチーム、久喜市U12春季大会優勝!!そして埼玉県サッカー協会4種リーグ東部北地区大会開幕です!!

桜が散り、時折初夏を感じる季節になりました。
初夏と言えば私の青春時代のアイドルの一人、浜田省吾の「初夏の頃」という瑞々しい歌があったのを思い出します(私だけ?)。
毎日の通勤電車でも、真新しい制服やスーツに身を包んだ、‟まさに瑞々しい”若者の姿を見る機会が増えた気がします。

「顔を背け何も信じなかった昨日までのことがまるで夢のように遠い♪」
というのはその浜田省吾の「初夏の頃」の歌詞の一節。

東鷲宮FCも、3月の卒団式でキャプテンマークを引き継いだ新6年生を中心とする2016年度トップチームが、瑞々しく活動を開始しました。
ジュニア世代のトップチームは、いわゆる公式戦と呼ばれる、JFA&埼玉県サッカー協会(SFA)が主管となる4種リーグ戦(全日本少年サッカー大会の予選を兼ねます)と埼玉県スポーツ少年団大会、そして様々な地区のカップ戦を中心に年間の活動スケジュールがたてられていきます。
本気の…かなり強度の高い試合が、数多く組まれていくわけです。

5年生の終業式から6年生…たった数日の違いですが、あきらかに6年生の顔つき、チームに対するキモチは変わってきたような気がします。
浜田省吾の初夏の頃の歌詞のように「顔を背け何も信じなかった」わけではないでしょうが(笑)、いろいろ“人のいうことを聞かない”こともあった5年生時代から、トップチームとしての自覚と共にサッカーへの取り組みやココロザシの変化が練習グラウンドや試合会場、ピッチ上でのアティチュード(態度)に表れてきたんだと思います。

今現在、東鷲宮FCの6年生は11名、5年生は11名となります。
とりあえず第一四半期は5年生を3-4名加えた14-15名程度をトップチームとして、公式戦を闘っていきたいと思います。
「スタメンに選ばれた選手はピッチ上でのいいパフォーマンスと試合後の全てを出し切った満足を、サブのメンバーはスタメンを、そして残って練習する5年生は試合に帯同している5年生よりも絶対に上手くなることを目指して頑張ること!!」
4月に入ってすぐに子どもたちにはそう伝えさせていただきました。

また楽しい一年が始まりますよー!!



2016年4月3日、まずは新トップチームの最初の大会として、桜咲く久喜総合市民グラウンドにて開かれた、久喜市のサッカー少年団のトップを決める久喜市サッカー部会春季大会に出場しました。

IMGP9179.jpg DSC_0261.jpg

試合前のアップや試合中の声など6年生の気合と比較して、緊張感からか5年生帯同メンバーの元気の無さは若干気になりましたね。
それでも全選手が試合に出場し、今の段階での持てる力の70%ぐらいは出せたのではないでしょうか。

DSC_0388.jpg DSC_0566.jpg

予選リーグでは栗橋ジュニアFCに5-0で勝利、江面ファーストSCに2-0で勝利し、決勝リーグに進出。
そして決勝リーグは最近勝てていなかった2チームとの対戦でしたが、久喜東FCに2-0で勝利し、砂原SCに1-0で勝利。
5年生も大事なところでのアシストやゴールなど決めましたよー!!

DSC_0723.jpg DSC_0890.jpg

2016年度東鷲宮FCトップチーム最初の大会で見事…無失点での全勝優勝を勝ち取ることができました!!
この代での大会での優勝は、実は1年ぶりですね。
みんないい顔してます!!

DSC_0932.jpg IMGP9237.jpg

この勢いで、次週から始まる4種リーグ第一節へ向かうぞ!!
打ち上げは4種リーグで県大会出場を決めてからだ!!

そんな楽しいキャプテンの言葉で、この日は締めくくられたのでした。。。



そして2016年度のトップチームの活動の中心となる、埼玉県サッカー協会4種リーグ戦・埼玉県東部北地区の闘いが開幕しました!!!

4月7日、サッカー日和の気持ちいい気候の下で、北川辺渡良瀬グラウンドのクレーコートにて、東鷲宮FCが入るBブロックの闘いはスタートしました。

4syu2016.jpg

新トップチームにとってはあまり経験のない20分ハーフ(ロスタイムあり、8人制、自由交代可能)の試合。
まずは前期7試合、後期7試合の14試合が7月までに行われ、各ブロック1位は県大会へ。ブロック2-4位は県大会をかけたプレーオフへと進出することになります。
他のブロック、特にクラブチームの動向を考慮すると、抽選でスポーツ少年団のみで構成されるBブロックにはいった東鷲宮FCは、厳しい戦いとなりそうなプレーオフを避けて、ぜひとも1位で県大会を目指したいところです。

久喜春季大会優勝の勢いのまま、行けるかどうか・・・それがポイントでした。

IMGP9312.jpg IMGP9313.jpg

1試合目の加須大桑FCさんとの試合は4-0で勝利。
ただし、緊張感や試合の強度の高さからか、普段に比べてあまりボールが回せていなかったのが気になりました。

そして2試合目の行田星河SSS戦。
上背で勝る選手の多い星河SSSに後ろでボールを回され、そしてドリブルでペナルティエリア内へ抜けだした相手への勢い余ってのファールでPKによる先取点を献上してしまいました。
先取点を取られて気持ちはカラ回りし、焦れば焦るほどゴールは遠くなり、前掛かりになったところをカウンターで攻められてしまい試合終了間際に追加点を献上。
0-2で悔しく、厳しい敗戦でした。

まだリーグ戦は始まったばかり。
しかもホーム&アウェイ方式なのでこの借りは後期に返すことができます。

もっともっと練習して、次は勝とう。

4種リーグ戦、Bブロックの第二節は4月17日、花崎多目的グラウンドでキックオフです。

こんな感じで今年度もスタートしました。
1年間、よろしくお願い致します!!!

2015年度卒団式!ぼくらの前にはドアがある。いろんなドアがいつもある!!

「人生はマラソンなんだから、100メートルで一等をもらったってしょうがない。」

IMG_2672.jpg

ずらりと並んだトロフィー。確かにそれは優勝ではなく、2位や3位が多かったのも事実ですが、それでもこんなにトロフィーがずらりと並んだ卒団式を見たのは、この10年ほど指導者として卒団式に臨席させていただいている僕にとっても初めてのことでした。

冒頭の言葉はかつての経団連会長、石坂泰三氏の名言です。
そう。まだまだ小学校の卒業、サッカーのくくりで言えば4種からの卒業は人生で言えば42.195キロ中の100メートルみたいなもんかもしれません。

サッカーで一番大切なことは、チームの仲間と一緒にプレイしてるってことを認識することだと思います。

勝敗は時の運も大いにあります。特にサッカーのような点数が入りにくいスポーツの場合は。
優勝を誇るより、仲間と共に闘った試合の数、そして頑張った結果としてチーム全員で獲得したトロフィーの数をあらためて誇りに思っているような、卒団生と保護者の皆様の笑顔(ちょっぴり涙も)溢れる本当にいい卒団式でした。

IMG_2673.jpg IMG_2674.jpg

卒団生ひとりひとりからの言葉、お母さんお父さんへの花束の贈呈などの後、トップチームのキャプテンマークの引継ぎが、6年生キャプテン、副キャプテンから、5年生のキャプテン、副キャプテンに行われました。

IMG_2676.jpg IMG_2677.jpg

なんだかピリリと5年生の顔が引き締まった気がしました。
東鷲宮FCを代表する、トップチームをまとめていくことの重さを、こういったセレモニーを通じて、少し感じてくれたみたいです。
最近では新6年生達の練習時の声の出し方や集中の仕方が、少し変わってきた気がします。

IMG_2678.jpg

残る団員全員…1年生から5年生が作るトンネルを通って、6年生は立派に卒団していきました。

試合や練習でも、サッカーはよく転ぶスポーツです。
これからの青春という名前の人生で、また彼らはたくさん転ぶことでしょう。
でも、東鷲宮FCでやってきた様々な経験は、必ず自分で立ちあがれる力を付けてくれているはずです。
それでも、すごく辛いときこそ、ぜひこのグラウンドに顔を出して下さい。

僕たちはいつでも、喜んで受け入れます。
一緒に楽しくボールを蹴りましょう!!

現6年生の皆さん、保護者の皆様、卒団、本当におめでとうございました!!



さてさて、2016年度の東鷲宮FCトップチームは、4種リーグ戦を中心に活動していくことになります。
埼玉県東部北地区のBブロックに入った東鷲宮FC.
まずは前期7試合の日程と対戦相手が発表されました。

IMG_2730.jpg

強化練習の一環で、2月27日には強豪のFC加須さん、FC宮代東さん、越谷PCキッカーズさんとの練習試合を行いました。

IMGP8833.jpg IMGP8871.jpg

全体的な動きは悪くなかったものの、一瞬の局面での動き、攻撃と守備の切り替え、ディフェンス面に課題を残しましたね。

4種リーグ戦は4月10日から始まります。
2月の強化練習試合や3月の午後も含めた強化練習で培ったサッカーをすべて出し切れれば、決して勝てない試合はないと思っています。
強度の高い本気の試合は、さらに選手たちを成長させていくことと思います。
とりあえず前期7試合は、新6年生11人に新5年生3人を加えた14名のベンチメンバーで、その強度の高い試合に臨んでいきたいと思っています。

新6年生はとにかく味方を信じて全てを出し切ろう。
帯同する新5年生3人は、絶対に6年生を食ってやる、レギュラーを目指す気持ちで試合に参加しよう。
さらに帯同せずに練習となる新5年生8人は、その練習期間をチャンスだと思って、帯同している3人よりも上手くなる!!っていう強い気持ちで練習してほしい。

それぞれの春が始まります。
目標は県大会で一回勝つこと。
応援よろしくお願いします。


3月の最初の日曜日、4年生は久喜市内の新人戦に参加しました。

IMGP8945.jpg IMGP8964.jpg

5年生とのミニゲームなどの練習ではかなりボールを回せるようになった4年生ですが、少し強いチームとの試合では、どうもうまくいきません。
4位で敢闘賞のトロフィーはいただいたものの…
試合の本気度が上がっていくと、役割分担がはっきりしやすい3-3-1のシステムでは、どうしても前と後ろや左右の間隔が伸びてしまい、セントラルミッドフィルダーの選手が大きなスペースで右往左往となってしまう…という場面が多発してしまいます。
こうなってくると、同システムの強い相手にはなかなか勝つことができなくなってしまいます。

どうしてもまだまだ現時点の東鷲宮FC4年生は、個人のレベルにおいて差があるためチームの連動感が欠けてしまうところは否めません。
このような場合、試合中にどのように声をかけたらいいのか・・・。
それは結構悩んだりもします。

grass-275986_640.jpg grass-275986_640-5.jpg

なかなか3-3-1だけでは、練習で行っているポゼッションサッカーが出し切れない試合も増えていくと思います。
8人制のサッカーでは、チームの選手の能力によって適切なフォーメーションを取ることも重要…ということがよく言われます。

上記図のような2-4-1(パスで支配していくタイプ)や3-2-2(運動量豊富なサイドの選手のオーバーラップに期待するタイプ)などを試してみてもいいかなーと、担当コーチ間では話し合っています。
いろいろ試しながら、選手、コーチ一体のチームでレベルアップしていき、12月の4種新人戦をターゲットに頑張って行きたいと思います。
来年度は5年生になります。

「ぼくらの前にはドアがある
いろんなドアが いつもある
ドアを 大きく 開け放そう」

少し成長して、少し「広い世界」を目指しますよぉー。みなさん、乞うご期待!ですよ。


最後になりますが、3月20日には、幸手市サッカー協会が柏レイソルのジュニアコーチを招いて開催された、柏レイソルサッカースクールに参加してきました。
1対1の練習を中心とした、非常に楽しいサッカースクールでした。

IMG_2686.jpg IMG_2687.jpg
IMG_2688.jpg IMG_2692.jpg

それでは今後の試合の予定を記しておきます。

3月27日(日曜)…トップチーム強化練習試合(川里SSS)
4月03日(日曜)…トップチーム久喜春季大会
4種リーグ戦前期は4月10日(日曜)、17日(日曜)、29日(金祝日)、5月1日(日曜)
※いまのところ、4月5月は新5年生の試合の予定はありませんが、練習試合が入る可能性はありますのでご了承ください。

それでは今回も長文にお付き合い、ありがとうございました!

Appendix

プロフィール

washinomiya

Author:washinomiya
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

占い

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる